2010_11
22
(Mon)01:15

企画期間終了について

現在時刻で、若干アップが遅くなりましたが、一応10のお題のほうは全てアップさせていただきました。
スケジュール的に間が空いたり、更新にばらつきはありましたが、楽しんでいただけたでしょうか。
アップが遅くなったのもありまして、企画期間は終了しましたが、公開期間を延長し、11月30日までこのままトップに置いておくことにします。
そして、公開日終了後は、整理してからサイトのイタkiss創作の場に移動する予定としております。
慌てずお時間のあるときに見ていただければ幸いです。
スポンサーサイト
2010_11
22
(Mon)01:06

企画『10、声にならない声』をアップしました

さて、お題の最後です。
これは途中から最後は大人向けにしようとひそかに考え、それに向かってがんばってみました。
というわけで、既にこのブログ記事よりも先に入っちゃってる方もいるかもしれませんが入り口が少しだけ面倒になっております。ごめんなさい。

では続きから、読んだ人のためのあとがきです。18歳以上であることを望みます。

続きを読む »

2010_11
22
(Mon)00:56

企画『9、空っぽの席』をアップしました

ちょっと現在時間がずれ込んでおりますが、一応21日中に書き上げましたので、急いでアップ作業をしているところでございます。
24時間で3本書きましたから!←いばるな

それでは、続きからは読んだ人のためのあとがきです。

続きを読む »

2010_11
17
(Wed)13:29

企画『8、気付かないほど』をアップしました

21日に終了する予定の企画なんですが、企画終了まであと5日程度しかないのに、今日の1話を除けばまだあと2話残っております。
やばいです。間に合わないかもしれません。でも最後まではアップしますからっ。
そして、ドクターN、どこまで続くんだ…orz

それでは、『8、気付かないほど』をアップしましたので、よろしければお読みくださいませ。


続きから、読んだ人のためのあとがきでございます。

続きを読む »

2010_11
11
(Thu)09:48

企画『7、好きだから』をアップしました(追記しました)

企画ページの『7、好きだから』をアップさせていただきました。
どんどん更新の間が開いてる気がしないでもないですが、とりあえず努力はします。ご容赦ください。

それでは、続きから、読み終えた人のためのあとがきで

続きを読む »

2010_11
01
(Mon)11:12

企画『6、傷つけても』をアップしました

更新遅くてすみませぬ。
企画ページ『6、傷つけても』をようやくアップできることになりました。
どこで切ったらいいのか、どこを切ったらいいのか、大いに悩んで迷走しておりますが、少しでも読んでよかったと思えるような話になっていたらいいなと思っております。ほんと、かなりぶった切ったり、ここも全部削ってしまおうか、とか、いろいろああ、苦労したのね、というつくりになっております(笑)。

では、続きからは、読み終えた人のためのあとがきです。

続きを読む »

2010_10
24
(Sun)03:08

企画『5.何度でもキスを』アップしました

イタkiss期間2010、ようやく更新することができました。
お題5、何度でもキスを、です。

実は一つ全く同じテーマで別のシーンの話を書いたのですが、あまり気に入らなくて、また別の話を一から書いていたのでした。もう一つは…お蔵入りかな。何も書けなくて切羽詰ったらボツネタとして出すかもしれませんが、とりあえずやめておきます。

あ、拍手に置いたあれは…押した人がなんだこりゃと思ってくれたならそれでオッケーです。
長すぎたので続いております。短編でまとめられなくてごめんなさい。

では続きから、読んだ人のためのあとがきを。

続きを読む »

2010_10
15
(Fri)13:42

企画[『4、雷雨の中で』をアップしました

イタkiss期間2010、イタkissで10題『4、雷雨の中で』をアップしました。
毎度あの雨の話を書くのもなんなので、少し変えてみました。
ラブラブとかを求めている方にはごめんなさい。
今回のこの10題、どうにも違う方向に突き進んでいる気がしますが、何か私の中でネガティブなんだろうか…。
そして、一部若干嘘っこ表現が混じってますが、地元人の人も笑って見逃してください…。

続きから、読み終わった方のためのあとがきで。

続きを読む »

2010_10
08
(Fri)11:11

『3、ずっとそばに』アップしました

『イタkiss期間2010』、お題三つ目「3、ずっとそばに」をアップしました。

琴子ちゃんはいつも入江くんのそばにいることを願っていますが、今回は入江くんも家に戻ってきた後です。
入江くんの気持ちは既に清里で琴子に向いていることを示していますが、琴子は全く気付いていない。
琴子のことは好きだけど、だから今すぐどうこうしようとは思っていない入江くん。
お互いがこのままずっと変わらず過ぎていくものだと思っていたのだと思います。
どこかで決着はつけるとしても、まだ入江くんも勉強中でそれどころじゃない。
琴子も将来がはっきりしていない時期で(実際他の大学生は既に就職活動始めている時期だと思うのですが、バブリーな頃だったから違うのかな…)、どっちつかずの毎日だったはずです。
それが入江パパの病気で一転します。
入江パパは助かりましたが、もしも亡くなっていたらまさに事態は急転直下。
会社は危ない、入江くんは選択の余地なし、という感じです。
琴子が言うように、入江くんが医者なら琴子は看護婦(もちろん実際そうなりましたが)。
入江くんが会社社長なら、どんな手段でも会社に潜り込みそうです。パンダイ社員として採用されなくても、派遣とかもしくは出入りの取引先、清掃員として、それこそ弁当屋とか(もちろん琴子が作るわけではないけど)で出入りするとか。
そんな想像さえもしてしまうのです。
2010_10
03
(Sun)00:37

『2、ただの同居人』アップしました

のんびり更新ですが、企画ページの更新をしました。

お題2番目、『2、ただの同居人』をアップしましたので、よろしかったらどうぞ。

今回は、大学1回生時の大学祭です。
本当はその先の話にしようと思ったんですが、どういう状況でそういう答えになるのかと想像したときに、ふと浮かんだシーンでした。
琴子ちゃんをメインにしようと思っていた当初の予定とは違い、なぜか入江くん。
この時の入江くんは、結局松本姉の誘いを振り切って後片付けをする琴子の元へ戻ってくるわけですが、無自覚の行為と好意ですよね。
爆発時には離れていたにもかかわらずなぜか琴子をかばってるし。
この行為が好意と言わずして何を好意と言えばいいのか。
↑別にしゃれているわけではないんですが(笑)。
この爆発後の話も入れようかどうしようかでこの二日間悩んでおりました。
するとかなり長くなるし、正直入江くんはこのとき無自覚であるが故に何にも考えていないという結論になったので、すっぱり削りました。
ただの同居人のためだけにわざわざ手伝いに戻るかよ!と自分の作品ながらつい突っ込みを入れてしまうのでありました。


しかし、原作をこの企画のためにまた最初から読み直しているのですが、面白いなぁ…。