企画終了までには10題は全部アップするつもりですが、7題のほうは…間に合えばアップしたいです。正直自信ないんですが。
仕事はただいま怒涛の日々です。皆様も風邪をひいたりしていませんか?夜更かしで体調を崩さない程度にお付き合いください。

続きから、企画ページにいただいた拍手コメントへの返信です。
10月25日
吉キチさま
拍手のほうの話は、どうでしょうね。割と出たとこ勝負の話だったんですが、どう転ぶかは次をお待ちください。
N先生…やられっぱなし…確かにそうですよね。でも、私もそこが結構好きだったりします。
拍手、こっそり書いておいたやつももしかして見ましたか?
毎回たくさんコメントいただいているので、よかったら参加してみてくださいね。

「何度でもキスを」のほうにもコメントありがとうございます。
見せない好きって、周りや本人からしたら迷惑かもしれませんねぇ。
kissはやっぱりはずせませんよ。なんといってもkissから始まってますものね!
でも入江くんもkissを楽しんでますよね。そこが好きです。
コメント、楽しませてもらっています。ありがとうございます!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/10/27 22:38】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |
イタkissサーチを運営している管理人さまが、期間限定でチャット場を設営しております。
私も早速出没させていただき、勝手につぶやいております(いや、twitterじゃないから)。
お会いしましたら、よろしくお願いします。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。
10月24日
ぴくもんさま
あのエピソードは、二人が仲直りするまでは辛いんですが、仲直りした後がいいですよね。私も何度もあのシーンだけ見てしまいます。
二人の愛情表現が違いすぎて理解できてなかったのが原因ですよね。付き合った期間もないですし。
つたない話を読んでいただき、ありがとうございました。
また私も出来上がるのを楽しみにしております。


追記を閉じる▲

【2010/10/27 22:16】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
イタkiss期間2010、ようやく更新することができました。
お題5、何度でもキスを、です。

実は一つ全く同じテーマで別のシーンの話を書いたのですが、あまり気に入らなくて、また別の話を一から書いていたのでした。もう一つは…お蔵入りかな。何も書けなくて切羽詰ったらボツネタとして出すかもしれませんが、とりあえずやめておきます。

あ、拍手に置いたあれは…押した人がなんだこりゃと思ってくれたならそれでオッケーです。
長すぎたので続いております。短編でまとめられなくてごめんなさい。

では続きから、読んだ人のためのあとがきを。

現在未だ連載途中の『何度でも』と題がかぶってるためか、正直何も思いつかず、ほぼ一週間何も書かず状態でした。そんな中で書き出した話は気に入らなくてボツに。本当に背景だけつけたら公開状態だったんですが。

今回の話は、あの鴨狩嫉妬事件ですね。
何だかこのネタをどこかで書いた気がして、書き始めてからも書き終わってからも自分の書いた話を全部確認してみたのですが、一応なかったようです。他の方のところで読んだせいかな…。もしも本当にネタかぶりでサイトのどこかにあったら笑ってやってください。

琴子が自分で言っているように、入江くんは琴子のことが好きじゃないのに結婚したんじゃないか、という恐れはずっとあったんじゃないかと思います。そりゃそうだよね、今まで散々無視されたり意地悪されてた人と結婚したんだから(しかも勢いで)。
もちろん読者には入江くんなりに優しかったり、いろいろ琴子のことを気遣っていたりしているのはわかっているんですが、当事者の琴子としては正直結婚してもわりと冷たい感じの態度を見せる入江くんに不安を覚えても仕方がないかな、と。
おまけに入江くんの感情がはっきりしない。
鴨狩のことが気に入らないんだろうと思いつつ、何故琴子にまで冷たくするのかがわからない。
つまりは嫉妬そのものがわからなかったせい、というのは後にわかることで、琴子や周りの人間にとってはそんなこと知らねーよ!てなものでしょう。そもそも嫉妬がわからない人間が存在するとは思ってないでしょうし。
そんな入江くんとやっと仲直りして、ラブラブで終わるのですが、あのキスシーンは大好きです。あれほど綺麗なキスシーンはめったにお目にかかれるものじゃないと思うくらい。

というわけで、目標をそこに持っていくために急ぎ足、かつ捏造気味に書いてみました。
少しでもお気に召しましたならぽちっとしてやってください。


追記を閉じる▲

【2010/10/24 03:08】 | イタkiss期間2010 トラックバック(0) |
早いもので10月も半ばを過ぎました。
もう少しペースをあげないと終わりませんね…。
夜もほとんどすぐに寝てしまっているへっぽこですが、あと1ヶ月強、日参してもらえるようにがんばりまーす!
何かありましたら遠慮なくご意見くださいませ。

続きから、企画ページにいただいた拍手コメントへの返信です。
10月16日
chan-BBさま
あー、拍手、いきなりあんな画面で、なんだこりゃでしたよね~。それが狙いです。続き、もう少しお待ちください。Nは…Nです。ふふふ。
それはともかく、無謀なほうに手を出しました。イリコトじゃなくても良かったですか。
幸せになってほしい二人ですよね。私もそう思います。
あんなあとがきでも同意いただけたならうれしいです。いやー、今回しみじみとなんでいきなりプロポーズにまでいっちゃったかなと考えたら、どう考えても勢いしかないですものね、入江くん。会社の危機なのに、援助を断られてもいいやとはその時点で思っていなかったと思うのに。沙穂子さんもそれを知ってたはずなのに、それでも不利な条件の琴子を選ばれたら、プライド保つならひくしかないよなーと。本当はそのあたりを書くつもりだったのに、違ってきちゃいました。
背後に人影を感じつつ、コメントたくさんありがとうございました。

吉キチさま
あ、吉キチさまも拍手の不意打ち食らってくれましたね、ありがとうございますw
沙穂子さんと金ちゃん、私もわずかな望みにかけていた気がします。
沙穂子さん、金ちゃんより想っていた長さは短いかもしれませんが、それでも好きだったんだろうなと思います。
気に入ってくださったなら良かったです。こちらこそありがとうございます。
言葉って、難しいですよね。慣れなんですが、微妙な地域ですと混じりますよね。あちらも確かに関西系の方言の方が多かった気がします。岐阜もそうなんですよね(実父は岐阜)。自分が書いている言葉自体が標準語じゃないと時々思いますが、直せませんっ…。
長いコメントも気にせずください。読むのがとても楽しみです。

10月19日
rinaさま
こちらこそたいした企画じゃございませんが、読みにきてくださりありがとうございます。
期間終了までの間にいつもよりましに更新できるようにがんばりますので、よかったらまた読みにきてくださいね!
私も他の方のを読むのがとても楽しみです。


追記を閉じる▲

【2010/10/19 17:04】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |
こちらのブログ、サイトでもちゃんと宣伝していなかったため、今回初めて知りましたという方が結構いらったることが判明。
これは申し訳ない、ととりあえずこちらにあとがき書いた分は直で読めるようにサイト本文にリンクしてみました。もう一度戻るの面倒だと思うし(私は面倒)。あとがきも本文下にたくさん書くとうっとおしいですしね。
これからもできれば便利~を心がけます。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。
10月15日
ともはるさま
いつか沙穂子さんサイドを書こうと思っておりましたが、あまりにも聞き分けのいい沙穂子さんはやはり難問でありました。
沙穂子さんなりに本気だったのでしょうが、やはり琴子のことが気になって、のめりこんでいいのかどうか足踏み状態だったような気がします。もしかしたらそんなことは関係なく夢中だったのかもしれませんが、きっと消化できないだろうなぁと今でも思います。
でも、私もドロドロ好きなんです。泥沼に陥ってしまえと思いつつ書いたのがあれですからw
他のお題もがんばります!

さくやさま
開口一番、参られても…いいんですかあれで。
ふぐ吉で残された金ちゃんの「っきしょー」に心惹かれまして、沙穂子さんだけ終わらせるつもりだったんですがつい書いてしまいました。
金ちゃん自身はいい男ですよね。後で入江くんにアドバイスしたり、クリスとの話のときといい。
沙穂子さんもほかに多分お見合いの話きてると思うんですが、恋愛に免疫なさそうですし、自分でもうまく処理できなかったんじゃないかと。本当はもっと突っ込みたかったんですが、何だかあそこで終わってしまいました。
他のお題もちゃんと仕上げる予定ですので、「まーちょっと待っとりゃー」


追記を閉じる▲

【2010/10/19 16:36】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
イタkiss期間2010、イタkissで10題『4、雷雨の中で』をアップしました。
毎度あの雨の話を書くのもなんなので、少し変えてみました。
ラブラブとかを求めている方にはごめんなさい。
今回のこの10題、どうにも違う方向に突き進んでいる気がしますが、何か私の中でネガティブなんだろうか…。
そして、一部若干嘘っこ表現が混じってますが、地元人の人も笑って見逃してください…。

続きから、読み終わった方のためのあとがきで。
雨の中、ラブラブの二人はとりあえず置いておいて(←いや、一番置いていちゃいけない二人なんだけど)、その影で微妙な二人を出してみました。
何故彼女ではだめだったのか、何故彼ではだめだったのか。
もちろんお互い(琴子と入江くん)が、それぞれ二人以外考えられないほど一緒にいるのが当たり前になってしまったので、それ以外の組み合わせは多分無理ではあるのですが、なんだかんだと結局素直な二人なんですよね。
入江くんも冷静に考えればそこで琴子を選ぶのはありえないはずなんですが、会社そっちのけにしてしまうほどの直情的な面を見せてしまいます。だって、なんだかんだ言ったってあの紀子ママの息子ですよ?
だからこそ、沙穂子さんはあきらめたのだし、金之助はあきらめるしかなかったのだと思います。
でも、まだ二人がくっついたとは知らない雨の日の二人の心境はいかに、と思って書いてみたのでした。
沙穂子さんはお嬢様でいい人であるが故、みっともなく嫉妬してみせることもできず、どうやって入江くんに気持ちをぶつけていいのかわからなかったかもしれないと考えてみました。
金之助は、何とかして片思いで好きで好きで仕方がなかった琴子に自分のほうを向いてもらいたかった故に焦ってしまいます。本当はもう少しゆっくりと付き合っても良かったと思うのですが、そこは金之助なので我慢ができなかったのでしょう。
入江くんを好きなままの琴子では何故だめだったのか。
それは男としての自信のなさなのか、琴子の幸せを…と言いつつやはり自分の幸せを考えてしまったのか。あー、こう書くと金ちゃんひどいやつみたいだ。決してそんなつもりじゃないんですが。

まあ、そんなことを書きながら考えておりました。
もっとあの雨のハイライトシーンを期待していた方がおりましたら、申し訳ありません。
そして、関西弁はかなり怪しいです。うちの母はもともと関西人(兵庫と大阪に居住暦)なので、参考にしましたが、関西弁交じりの名古屋弁を使う人なんです。しかも男と女では若干違うし。方言全開にすると意味通じなくなるし。難しいですね。
ちなみに名古屋弁も文字で書くとものすごいことになります。あの発音は独特です。
ちなみに現在私の居住区は三河弁です。
私は関西弁交じりの名古屋弁に三河弁が混じりつつあります。
よく人にどこの出身??と不思議そうに聞かれます。…ええ、不思議の国です。
地方在住の方言の方、標準語って難しくないですか。
私は難しいです…。


追記を閉じる▲

【2010/10/15 13:42】 | イタkiss期間2010 トラックバック(0) |

No title
RuRu
沙穂子さんの心の声が凄く切ないですね。オリジナルを読んでいた時にも正直いくら育ちの良いお嬢様沙穂子さんでも相当辛かったはず。聞き分けの良い女性に描かれてますが、こちらの作品を拝見して「これ・まさに沙穂子さんの声だ」とPC前で叫んでました(汗)金ちゃんの声もジーンとしちゃいました。直樹&琴子の幸せの裏には悲しいお話もありますよね。素敵な作品ありがとうございました。

RuRuさまへ
ソウ@管理人
沙穂子さんの話、原作ではとても気丈にしかも綺麗に去っていってしまったので、どうなんだろうなと思って書きましたがRuRuさまのイメージに合っていたでしょうか。
金ちゃんもあの後どう過ごしたのか気になって書いてみました。すごく後悔しただろうなと思いましたが、そこまでうまく書けませんでした。
読んでいただき、コメントまでありがとうございました。


コメントを閉じる▲
10月10日
ほろほろさま
こんばんは、浮上してきましたね。お待ちしておりました。
またこの期間に黙って過ごせなくなり、企画勝手に立ち上げております。
本当はプライベートも忙しい時期なので、更新も怪しい時期なのに無謀ですが、何とかなるだろうという適当さ。
押し逃げ上等でございます。私もいつも押し逃げです…。
一つ一つ感想もありがとうございます。
「痛いほど好き」は、何故か終わりのほうには電話になってました。最初は独り言のつもりだったのに…。あれ?
「ただの同居人」は、微妙な関係の時期は好きですか、私も好きですw
「ずっとそばに」で、共感なんてしていただけましたか。うう、もったいないことです。
いつも丁寧な感想ありがとうございます。それに応える感想を書ければいいのですが、またそのうちお邪魔します。


追記を閉じる▲

【2010/10/14 21:54】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
ちょっと夜に時間が取れなくて更新遅れておりますが、ちゃんと水面下ではがんばっております。
チオビタ愛飲状態なので、もう少しお待ちください。

更新していないのに拍手ありがとうございます。
他の方々も更新始まったようなのに、まだ読む暇がなくて…うう…。

続きから10/10にいただいたコメントへの返信です。
10月10日
吉キチさま
琴子が抱きしめていたあの場面は、とても印象的ですよね。振り払わなかった入江くんの気持ち、どうなんでしょうね。琴子のモノローグだけですもんね。
吉キチさまの気持ち同様、私も琴子の気持ちが伝わっているといいなぁと思いながら書きました。
マウス文字にまで反応ありがとうございました。
マウス文字、書きにくくてこれで絵を描いてる方はやはり神だ~と思います。


追記を閉じる▲

【2010/10/14 21:38】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |
普通のコメント欄の返信は、コメントを付けてくださった記事に返信しております。
お手数ですが、記事をさかのぼってご確認くださいね。

続きから拍手にいただいたコメントへの返信です。
10月8日
さくやさま
企画、楽しんでいただいてうれしいです。
今までの生活が変わる予感をひしひしと感じるやり取りを読むたび、二人ともそんなつもりはなかったんだろうなと思います。イタkissは名作だと私も思います!

10月9日
吉キチさま
捕獲の件は、まさに裏でいろいろ…ふふふ。
今年は一人でやるつもりでしたが、うまい具合にお二人とお知り合いになりましたので、私としては超ラッキーです。
お二人のところも私はとっても楽しみです。


追記を閉じる▲

【2010/10/10 22:24】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
『イタkiss期間2010』、お題三つ目「3、ずっとそばに」をアップしました。

琴子ちゃんはいつも入江くんのそばにいることを願っていますが、今回は入江くんも家に戻ってきた後です。
入江くんの気持ちは既に清里で琴子に向いていることを示していますが、琴子は全く気付いていない。
琴子のことは好きだけど、だから今すぐどうこうしようとは思っていない入江くん。
お互いがこのままずっと変わらず過ぎていくものだと思っていたのだと思います。
どこかで決着はつけるとしても、まだ入江くんも勉強中でそれどころじゃない。
琴子も将来がはっきりしていない時期で(実際他の大学生は既に就職活動始めている時期だと思うのですが、バブリーな頃だったから違うのかな…)、どっちつかずの毎日だったはずです。
それが入江パパの病気で一転します。
入江パパは助かりましたが、もしも亡くなっていたらまさに事態は急転直下。
会社は危ない、入江くんは選択の余地なし、という感じです。
琴子が言うように、入江くんが医者なら琴子は看護婦(もちろん実際そうなりましたが)。
入江くんが会社社長なら、どんな手段でも会社に潜り込みそうです。パンダイ社員として採用されなくても、派遣とかもしくは出入りの取引先、清掃員として、それこそ弁当屋とか(もちろん琴子が作るわけではないけど)で出入りするとか。
そんな想像さえもしてしまうのです。

【2010/10/08 11:11】 | イタkiss期間2010 トラックバック(0) |
たいした企画でもないのに、皆様が拍手を押してくださって本当にうれしいです。
コメントを書くのはとても勇気がいると私事ながら思っております。私もよそ様では実はかなり押し逃げです。
なので、コメントがあってもなくても、拍手を押してくださったその気持ちはありがたくいただいております。
私の二次作品の良し悪しはともかく、皆イタkissが好きなんだなぁとこの季節になるとつくづく思います。

続きから、企画ページにいただいた拍手コメントへの返信です。
10月6日
吉キチさま
初コメントありがとうございます。
画像…あれですね。悪趣味ですみません(笑)。
コメント、どんなものでも大歓迎です。お待ちしております。

10月7日
吉キチさま
すぐにコメントいただきまして、ありがとうございます。
琴子の恋心はうらやましいくらいです。片思いだとわかっていながら同居って、結構きついはずなのに。
もちろん実際には入江くんって、ああいう微妙な態度なので期待もしてしまうのでしょうが。
そういう微妙な感じをいち早く感じていた松本姉のほうがやはり気の毒なのかも。
あの写真…ふざけて目玉をわざわざ作ってあんなことする鬼母なんですよ、私w


追記を閉じる▲

【2010/10/08 09:10】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |
この季節ならではですが、またご縁ができまして、イタkissサイトさまで「Swinging Heart」というブログを運営されているぴくもんさまとリンクをさせていただくことになりました。
ぴくもんさまも最初は某投稿サイトさまでお見かけしたと思います。
緻密で柔らかな文章が印象的でした。
これからもよろしくお願いいたします。

そして、ぴくもんさまも現在活動中であることに目をつけた私は、企画にお誘いしてしまいました。
chan-BBさまが参加してくださるというので、それならぴくもんさまも一緒に誘ってしまおうと引きずり込みました。
見事網に引っかかってくださったので捕獲しました。
期間中、バナーを貼って、何かアップしてくださるそうなので楽しみにお待ちしております。

【2010/10/05 17:25】 | サイトからのお知らせ トラックバック(0) |
皆様の拍手、ありがたく受け取っております。
本当にありがとうございます。
10月4日
しゃもじさま
入江くんの気持ち、自分でわかってるのかな~と思いつつ書いてみました。
楽しんで訪問していただけるように更新がんばりますね!
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2010/10/05 17:07】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |
返信いらないかも、のお方かもしれませんが、一言だけ。

10月3日
さま
「ただの同居人」読んでいただきありがとうございます。入江くんの気持ちがはっきりしない時期って私も結構好きです。
あちらは…じっくり読んでもよい代物かどうかはともかく、何かありましたらまた拍手メール等でコメントくださいませ。

10月4日
chan-BBさま
こちらこそリンクありがとうございました。
ツボ…多分このあたりは楽しんで書いていらっしゃるだろうな~(誰も面白いと言ってくれなくても自分は楽しい♪みたいな)とニヤニヤしてしまう箇所が…。
あっちの話も楽しいのですが、とりあえずここでストップしておきます。


追記を閉じる▲

【2010/10/05 17:02】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
イタkiss期間2010に伴い、ご縁ができまして、イタkissサイトさまで『碧の小瓶』というブログを運営されているchan-BBさまにリンクをお願いしたところ、快く相好リンクをしていただけることになりました!

あの投稿サイトさまでお名前を拝見しておりましたが、ブログを運営されるようになってこっそり通わせていただいておりました。
柔軟でコメディタッチのものからシリアスなものまで幅広くて、爆笑させていただいたり涙したり、とても楽しいサイトさまです。
その笑いのツボが似ているのか、読み直してもまた笑ってしまうくらい好きです。
いつものことですが、なかなか名乗ることって恥ずかしくて、他のサイトさまでも時々躊躇してしまうくらいなんですが、いつも拍手だけ押しておりましたが、ようやく機会を得ることができました。
これからよろしくお願いいたします。
今回イタkiss期間も一緒に楽しんでくださるようで、バナーまで貼っていただくことになりました。
本当にありがとうございます。

イタkiss期間ですが、便乗参加もオッケーです。ご一報くださいませ。

LINKページですが、閉鎖されたサイトさま、リンク切れのサイトさまをこの機に整理させていただきました。またいつか再開とかありましたら、馳せ参じたいと思います。

【2010/10/04 15:20】 | サイトからのお知らせ トラックバック(0) |
のんびり更新ですが、企画ページの更新をしました。

お題2番目、『2、ただの同居人』をアップしましたので、よろしかったらどうぞ。

今回は、大学1回生時の大学祭です。
本当はその先の話にしようと思ったんですが、どういう状況でそういう答えになるのかと想像したときに、ふと浮かんだシーンでした。
琴子ちゃんをメインにしようと思っていた当初の予定とは違い、なぜか入江くん。
この時の入江くんは、結局松本姉の誘いを振り切って後片付けをする琴子の元へ戻ってくるわけですが、無自覚の行為と好意ですよね。
爆発時には離れていたにもかかわらずなぜか琴子をかばってるし。
この行為が好意と言わずして何を好意と言えばいいのか。
↑別にしゃれているわけではないんですが(笑)。
この爆発後の話も入れようかどうしようかでこの二日間悩んでおりました。
するとかなり長くなるし、正直入江くんはこのとき無自覚であるが故に何にも考えていないという結論になったので、すっぱり削りました。
ただの同居人のためだけにわざわざ手伝いに戻るかよ!と自分の作品ながらつい突っ込みを入れてしまうのでありました。


しかし、原作をこの企画のためにまた最初から読み直しているのですが、面白いなぁ…。

【2010/10/03 00:37】 | イタkiss期間2010 トラックバック(0) |
通常更新も同時進行しますので、どちらも気長にお待ちくださいませ。

続きから企画ページにいただいた拍手コメントへの返信です。
10月1日
ぴくもんさま
はじめまして。訪問していただきありがとうございます。お名前を拝見すると、某サイトマスターさまでいらっしゃると思うのですが、いかがでしょうか。そうであるならばいつも拝読させていただいているのですが…。
とりあえずその話は別としまして…同人誌まで読んでいただいたんですね!ありがとうございます。
未熟な作品ですが、とても思い入れのあるものですので、本当にうれしいです。
コメントをいただけなくても、拍手だけでもありがたいことです。
今回は迷った挙句結局何かやらずにはいられなくて企画を立ち上げましたが、皆さんが少しでも楽しんでくださればと思っています。
まだまだ先があるので、お暇なときに読みに来てください。
同好会の購入者特典申請は期限がありませんので、いつでもどうぞ。お待ちしております。



追記を閉じる▲

【2010/10/03 00:25】 | イタkiss期間2010拍手返信 トラックバック(0) |