大江戸の途中を書き直していたら、最初の三倍書いてしまいました。
それに伴いさらに書き直して、前に書いていたところに着地するのはいつだろう…という具合に。
ストックはあるのにないという状況が。
でも、多分最初に書いたのより面白くなってるはず、と自分を図々しく励まして突き進むことにします。
10巻あたりとか言っておきながら、啓太が出てくる時点で違うじゃんと思われた方、すみません。
確かに10巻あたりを踏破しつつ、結婚後エピソードも詰め込んでいくという荒業をしております…。
一応原作ありきなんですよ~。

ふう、言い訳も終わったところで続きからはサイト拍手にいただいたコメントへの返信です。
1月28日
たまちさま
渡辺さんは25歳設定です。
若すぎるので、入江パパには別の秘書兼執事がついていると思われます。
でも25で本家の留守を任されるあたり、優秀なのだと思われます。
そしてその渡辺さんをライバル視する坊ちゃま。
坊ちゃまはきっと急いで帰ってくることでしょう(笑)。
次をお楽しみにお待ちくださいませ。
コメントありがとうございました!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2014/01/29 23:15】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
大江戸恋唄5をアップしました。
だんだんまんざらでもなくなってきた直樹の過去が明らかに…。
という煽りでもつけておきましょうか。
お楽しみいただければ幸いです。

この後の展開に少しばかり書き直しを入れております。
クラッシュから戻ってきたのを読んだら、自分が考えていたよりも伏線が多かったのです。
回収すべく練り直しです。
新作の更新が遅れるかもしれませんが、拍手倉庫の再掲などを交えつつサイトの更新をしていこうと思っております。
お待ちいただけるとありがたいです。

サイトの拍手は坊ちゃま続きを出しておきました。
こちらものんびり真夏を満喫中です(笑)。

【2014/01/27 18:34】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
黒歴史、出しておきました。
やはりこれがないと直樹のひねくれ性格は説明つかないかと。それに昔は無事育つように女装させるのは結構ありましたしね。
そういえば明治に入るころまで写真なかったっけ?とか思いながら、ここはやはり姿絵しかないですよね。

どうやったらこの短期間に直樹がお琴にめろめろになるのか考えつつ書いていたら、どうやらお琴ばかり見ていたようです(笑)。
原作のようにはいきませんが、わたくしはお琴ちゃんがかわいいと思いつつ書いております。
今回もコメントありがとうございました!

Re: 千夜夢さま
ソウ@管理人
妄想垂れ流し煩悩の塊の私の夢話をついお伝えに走ってしまいましたが、本当に読んでにやにやしているところで夢が途切れたので悔しかったのですよw
もしも少しでもネタになるのなら、あんなもので大放出です。どうぞ~~~~と差し上げますとも。
素敵な詩集(爆)が出来上がりそうです!

今回の江戸もの読んでくださってるんですね。
江戸ものであることを意識して、普段はイリコトで使わないようなセリフや言い回しが多くなっております。
読みにくいかなとちょっと不安でしたが、千夜夢さまのお言葉でほっとしました。
時々くどいかなと思うときもあるので…。
誰もついてこれなかったらどうしようと思いつつ、しつこく書くつもりですので、また読んでくださるとうれしいです。
わざわざお返事もコメントもありがとうございました!


コメントを閉じる▲
放ってあった拍手倉庫をただいま残らず放出すべく整理中であります。
うん、もうUSBとかHDDとかのクラッシュでなくすことだけは避けたいしね。

今回は『Angel Qest』の最終章です。
拍手で長い間連載されておりましたので、途中で飽きちゃった人もいるかも?
この話はもう少し気軽に読めるコミカルな話のはずでしたが、途中から重苦しい雰囲気に。
最後は絶対ハッピーエンドと決めながらも(基本私の話はハッピーエンドしかないはずですが)、二通りの選択肢に分かれてから最後も一緒にするつもりでした。
…いや、王子の心情に違いがありすぎて無理でした。
それぞれ違う最後をお楽しみいただければいいなと思っております。

【2014/01/25 13:09】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |
さあ、ライバル登場です。
もちろんライバルになり損ねるのは明白なのですが、どこまで直樹をいらいらさせることができるのか。
わーい、ザマアミロとつい思ってしまうのですよ。
いや、一応入江くんファンなんですけれども。

年末年始スペシャルは今月中に撤去いたします。
また小話を書きためて拍手にこっそり上げられるといいなと思っております。
それよりも坊ちゃまの続き出せですよね。
ええ、もう書いてあるんですが、スペシャル企画中のをどかさないと上げられないのですが、かなり面倒な作業なので今しばらくお待ちくださいませ。

【2014/01/22 19:39】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
ライバルは通常よりも早いお出ましです。ええ、いろいろと都合が…(笑)。
入江くんの感情はまだお子さま状態なので、素直に好きだと気づかないし、気になる子には意地悪するし(小学生男子ですよね…。その過程を通っていないんだから仕方がないかといつも思います)。
啓太の件は長引きます。引きずっていただかないと、いろいろと都合…(ry

坊ちゃま、書いてはあるのですが、拍手画面変えるのも手間で(笑)。ただそれだけです。
もう少しお待ちください。

コメントありがとうございました!

コメントを閉じる▲
すっかり忘れておりましたが、USBに入れておいたままクラッシュで再掲していなかったものです。
いやー、懐かしいな。
web拍手の片隅に入れておいたやつです。
見逃していた方、よろしければご賞味ください。

思い出した頃にガールズトークは復活します(笑)。
多分噂シリーズと変わらないレベルですが、一応ガールズトークなんです。
え?ガールじゃない人も混じっているって?
まあまあ、そこは性別を間違って生まれたらしいので許してあげてください。
熱血男は基本的に積極的に参加しているわけではないようですし。

【2014/01/20 11:27】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
最近ガールズトークには縁がなくなってきた私ですが(職場は女ばかりなのに)、どうしても際どい話になりがちですよね。
気持ちは女子な方々のほうがきっと本当に女らしさを気をつけているのでしょう。女に胡坐かいていてはいけませんね。
入江くんは琴子の魅力をあれこれ語るようなことは多分しないだろうなと思いましてああいう話になりました。
気づかないならこれ幸い。気づいたなら褒めてつかわそう、みたいな。でも牽制はするかも。
中身が大事なので、クマさんパンツごときに今更萎えるなんてありえませんよね。そんなの想定済みでしょうし。
夜ひらくというと、歌を思い出しますね。ああ、でもこの言葉だけだと怪しさ満載です(笑)。
過去作品にまでコメントありがとうございました!


コメントを閉じる▲
3です。
今回もまだまだツンツン直樹ですが、今回から少しずつお紀の術中にはまっていくという(笑)。
題して付文騒動。
原作とリンクさせつつ、ちょっとはずれたりしながらパロディを書くのは実は楽しいです。しかも前作よりずっと書きやすいです。当たり前か。
前回蝉時雨を書いたときには、このあたりを先に書けばよかったのですが、どうしても大江戸捜査○みたいなものを書きたかったのです。ただの趣味なんですが、死して屍拾うものなしという感じで。もしくは飾り職人の云々みたいな。

王子様だの坊ちゃまだの、最近まともに書いていなかった反動が期間イベントだったのかも。
あ、そちらも再掲しなくては。
時間のあるときにやります。

パロディ続きますが、よろしければお楽しみいただけると幸いです。

【2014/01/18 09:04】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
いつもコメントありがとうございます!
お紀さんは、本当に娘がほしかったんでしょうね。大事なのは跡取りなのに(笑)。
金ちゃんとの小学生じみたやり取りで何だかよくわからない独占欲が発揮された模様です。
このあたりは自覚がないので、何で厄介払いしないのか自分で自分にwhyですよね~。
西垣様は、少しだけいい男に。
いつもかわいそうな役柄ばかりなので、大江戸ではふらふら三男坊であってもちょっとだけできる人(あれ、普段もできる人だっけ…失敬)に。私は自分で気に入っております。

大江戸捜査○、好きでしたか!
私も時代劇の中ではとっても好きで、あのナレーションが頭にこびりついております。多分再放送なんでしょうが、時代劇にかぶりつく小学生も何だかねぇw
ちなみに私の中のベスト3は、暴れん坊将軍(すみません、上様、白馬、お忍びと三拍子がたまりません。ちなみに東海ではただいま再放送中)、捜査網(陰で働くなんて何てステキ、みたいな)、 仕掛け人(すいません、多分ただひたすら京様が好きでした)でした。
流れる音楽もよかったです。
時代劇にそっぽ向かれる時代ですが、昔の時代劇は良作が多くて再放送見ても楽しめます。
すみません、うれしくて語りすぎました。

コメントを閉じる▲
さあ、2話目です。
とりあえず書いてあるところまではさっさとアップしていこうと思っています。
まだ再掲していないやつとかも見つけたので、それも徐々に。

大江戸シリーズは、いつもと言葉遣いも違うし、琴子の「入江くん」呼びができなくて、ちょっとしたストレス(笑)。
時代背景に合わせて町人だから姓をつけていないのです。
あれこれパロディに合わせて設定を変えていますが、違和感あるものがありましたらすみません。

【2014/01/15 19:46】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
コメントありがとうございます。
姓のある者もいるようですが、武家でなければほとんどないんですよね。
入江くんが武家というのは似合いそうですが、できれば若い頃(若だんな時代)はちょんまげで、医師になって年いったら総髪でというのをイメージしております。

親の言うなり結婚でも、入江くんが素直にうんと言うわけはないなと思っていますので、親としては大変でしょうね。
何だかんだと琴子ちゃんから目が離せなくなるといいよと思っています。
多分いろいろあって笑わないんだろうなとということで。そのうち出てきます。
まだまだ続きますので楽しんでくださるといいなと思っています。

コメントを閉じる▲
皆様少しは楽しんでいただけましたでしょうか。
今回は年末以上に拍手が集中的に多くてびっくりしました。
なんだか、あんなもので申し訳ない気が…。
ドラマを知らない方には少しわからないネタかもしれませんが、そう突っ込んだネタは使っておりませんので、興味があれば軽く検索するだけで内容はわかるかと思います。
私の個人的趣味で書かせていただきました。

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。
1月13日
たまちさま
一つ一つコメントありがとうございます!
一つ目
年末でチャラですか。そう言っていただけると松の内にも間に合わなかった罪悪感が少し減ります。あ、いやいや反省していないわけではございませんが。
坊ちゃまの何年か後には眉間にしわが…(笑)。
アンドロイド仕様の坊ちゃまは怖いですよね、うん。
そうです、きっと渡辺さんにはいってきますの言葉がうれしかったんでしょう。
私も応えてくれる誰かがいるのは贅沢なことだと思います。
二つ目
()の突っ込みは、ナレーション全部書き起こすのが面倒になったせいもあるのですが、著作権!とはたと気づいてやめました。いや、誰も気にしていなくても一応。
あの御意って言葉、今時誰が言うんだよという感じですよね~。
むっつりドクターXの名がつくのも遠くないかも(笑)。
三つ目
一応『入江・医師紹介所』となっております。え?琴子ちゃんは医師じゃないって?付属品だからいいんです。
手術代、きっと所長から手渡される請求書はえげつない料金でありましょう。
あのメロン、いくらくらいのかな~とコストが気になります。
そのうち西垣先生もフリーランスになったりして?
四つ目
あー、メロン二つにするべきだったか、と後で思いましたが、それは後ほど二つくれと院長に言わせたいですね。
ふふふ、倍返し、とりあえず使っておきました。
これで2013年の流行語は制覇した!と一人自己満足です。
でも入江くんの場合は百倍返しが基本ですよね、きっと。

コメント読ませていただいて私のほうが楽しかったです。ありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2014/01/14 22:07】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
やるやる詐欺寸前だった2014年年始スペシャルを拍手に入れておきました。
拍手最初のページにご案内をつけましたので、目的のページまでポチポチしていただければよろしいかと。


ついでに坊ちゃまシリーズも更新してあります。

年始スペシャル編は、こりゃもう土下座ものかも。
あまりにも取り付くしまのない御仁にどう動かしたらいいのか(笑)。
あれこれ書き直して何とかお見せできる状態になりました。
ご期待に沿えず申し訳ありませんw



【2014/01/12 22:36】 | サイトからのお知らせ トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 水玉さま
ソウ@管理人
こちらにもコメントありがとうございます。
年末に書き始めてから、ちょっと間が空いてしまって、何だか自分の想像とは違うものは出来上がりました。
お、面白かったですか。水玉さまにそうおっしゃっていただけて、ほっとしました。
書きますと豪語しておきながらやばいぞ私、という気分でしたから。

冒頭のナレーションは少しだけ変えましたが、一応それらしい雰囲気に。
結構録画したやつと首っ引きで夜中に何やってんだ状態で(笑)。
御意を言わせるのに、西垣先生ではちょっと違和感があったので、船津君に。御意が似合いそうだなとか。
でもって琴子ちゃんもフリーランスです。ええ、セットでw
入江くんの行くところどこへでも。
広報に載せるのはプライベートなことなので、本来「いたしません」なんですが、そこはお金次第で何とでも。
どんな契約交わしているのか。

つ、続きはネタがたまったらということで。
でもこういうネタは結構私も好きです。
お待ちくださっていた言葉を励みにがんばりました。
ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
年始に更新すると言いながら既に10日も過ぎ…。
申し訳ありません。諸事情でPCに向かえなかったもので。

誰も待っていないけれど、私だけが自己満足な大江戸シリーズです。
ですが、今回は設定はともかくコミック10巻辺りがベースですので、江戸物に興味のない方にもできれば読んでほしいです。
お琴と直樹の出会い編とでも申しましょうか。
長編予定ですが、半分くらいは書き進めているのでいつもよりは早く更新できるかもしれません(うん、暇さえあれば、です)。

【2014/01/12 22:31】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: 水玉さま
ソウ@管理人
2014年、今年もよろしくお願いします。
江戸もの、待ってくださっていましたか。ええ、業者に復活していただいたうちの一つです。
復活していなかったら、細かい簪云々部分とかもう再現不可能だったと思いますので、よかったです。

10巻ベースはお察しの通りお嬢が出てきます。
水玉さまを見習って波乱万丈を目指します。←まだ波乱の部分くらいまでしか書けておりませんが。
読むと辛いんですね。もう、あれほど自作では琴子ちゃんをこれでもかとお泣かせになるくせに(笑)。
私は水玉さまのお話を読むたびにいつも琴子ちゃんの涙シーンでやきもきしますが、その後のハッピーエンドを信じて我慢しておりますので、ハッピーエンド確定を信じて読んでくださるとありがたいです。
タイトルは江戸期に流行していた長唄や三味線を意識しております。そうすると現代風の歌ではなく、唄かな、と。
どちらにしてもまだ導入部ですので、最後まで書けるように私もがんばります。

Re: たまちさま
ソウ@管理人
時代物、お好きなんですか。よかったです!
蝉時雨はどうかなと思いながらも書きたい衝動で突っ走りましたが、思ったよりも続きを読んでもいいというお言葉をいただけたのでシリーズ化しております(笑)。
10巻辺り、楽しんでいただけるとうれしいです。

そう書き始めは年末に出そうと思っていたので師走なんですよ…。うーん、そのうち季節ずれてしまいそうです。
地震は難しかったので、江戸では火事でしょとばかりに福吉は壊されることにしました。
当然江戸でも見つめるお琴ちゃんです。
あの時代の宝飾品までいろいろ調べたりして、簪もいろいろだなとか知ることは楽しいです。
はたしてこの先もうまくまとめられるか…。がんばります。

コメントを閉じる▲
年明けて、あまりろくな夢を見ていません。
初夢は何故か堂上教官に堂上教官お手製おせちの自慢をされたことでした。
いわく、郁はこれが好きだの、この味付けは苦労しただの諸々…。
えーと、あなた、小説の中の人ですよね。
二次創作の読みすぎですか。(年末にオフ本をずっと読んでいた)
もちろん堂上教官の顔はぼけてどんな顔だったか覚えておりませんが、そんな台詞だけ延々と続いたのを覚えています。
堂上教官に萌えるのを通り越して、気分は「ああ、はいはい」という感じでした。
ちなみに私の立ち位置もどんなものだったのか覚えていません。夢だから。
何で堂上教官と知り合いだったのかとかそういう細かい設定話でいきなりそれしか覚えていないので、こんなことあるんだなぁと起きてから思ったものでした。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。
12月31日
水玉さま
年末にちゃんと来てくださってありがとうございました。
関東では放送していたのですね。
今度はパート4ですか。雪のちらつく中でのシュミレーションがすごく頭の中に残っていて、今は寒い時期だし、書いてしまおうと思って書いてみました。
琴子ちゃんもちゃんと見守っていいますが、そんな遠くから見なくても…と思いましたが、そうか、近寄っちゃいけないんですね、きっと。
船津君も西垣先生も腕はいいのに、何故か入江くんの下扱いです(笑)。
年始スペシャルが、年始といわれている松の内に更新したいと思っております。
今年もよろしくお願いします。


追記を閉じる▲

【2014/01/02 18:06】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
皆様、2014年明けましておめでとうございます。
年末にご挨拶する間もなく年が明けまして、年頭の挨拶にさせていただきました。
じゃにで今年もカウントダウンでしたが、すっかりこちらのブログのほうに書き込むのを忘れておりました。あはは~。

年末スペシャルは少しでも楽しんでいただけましたでしょうか。
年始スペシャルは少しお待ちください。
家族がいてお客様もあって落ち着いてPCに向かえません。
あともうちょっとなんですが。

続きから、サイト拍手にいただいたコメントへの返信です。
12月30日
たまちさま
一つ目
坊ちゃまは…夏です。はい、夏妄想でお願いします。
イギリスと清里に離れ離れですが、イギリスに連れて行くという発想はなかったのでしょうかね。あったのかもしれませんが、きっと今回は見送りだったのでしょう。あ、パスポート間に合わないか。
拗ねるところがかわいいですよね。一応五歳児なので。
坊ちゃま、気に入ってくださったならうれしいです。
二つ目
チーム・イリエのメンバー活動は、ただ後をついて歩く、だったりして。
そうそう、何故かモトちゃんはコンシーラー係。
意外に後をついて歩いても怒らないですね。ただ、黙って歩かないので怒られるんですが。
ついて歩くだけなので会議に出席できるわけではありません。持ち場にそれぞれ帰って行きます(笑)。
三つ目
チーム船津が復活できる日は来るのでしょうかね~。
ちなみにチームは…多分勝手に作れないとは思いますが、きっと斗南病院の人々には関係ないのだと思います。
半裸シュミレーションを影で見守る琴子は、いい加減近くで見ればいいのにと私などは思ったのですが、遠くから見守ることに意義があるのかもしれませんw
四つ目
ふふ、掃除、終わりましたか。私は掃除もせずにこれをやっていて怒られましたわwなのでアップするのが真夜中過ぎでしたとさ。
そうそう、コンシーラーで隠すのなら痕つけなきゃいいのにと私も思いましたよ。
きっとそのときはそんなことあまり考えずにつけまくっちゃうんだろうなとか。
もしくはわざわざコンシーラーで隠させることに恥じらう琴子ちゃんを見たいとか。←変態だ
患者に気を使わせるとは、何て医者だ、入江直樹!とか何とか西垣先生あたりなら思っていることでしょうよ。
それでも尊敬されるところがまた悔しかったり?
ははは、流行語、つい書いてしまいました。
倍返しも書くべきでしたでしょうか(笑)。
お忙しい中、コメントありがとうございました。




追記を閉じる▲

【2014/01/02 17:51】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |