創作更新日記

主にサイトの更新状況を載せています。
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月

長編『大江戸恋唄』26アップandサイトweb拍手更新

26話目です。
今回は長崎に行く前のちょっとしたイチャイチャが書ければいいなと思い実践してみましたが、うまくいきましたかどうか。
えー本当はいろいろ書こうかと思いましたが、連日忙しくて何も思い浮かばなかったのでこれで。

それからサイトのweb拍手も更新しておきました。
うん、どうってことない内容ですが、とりあえず次へのつなぎとして。
おまけも今回は入れておきました。
よろしければポチポチしてやってくださいませ。
スポンサーサイト

長編『大江戸恋唄』25アップしました

25話目です。
私が書いた中では最長の話になりつつあります。
もともと一話一話はたいしたボリュームでもありませんが、今回の恋唄の中では文字数が一番多いようです。
切りどころがわからず、詰め込むしかなかったのですよ。

ちなみに、『夫婦』は(めおと)と読んでくださればありがたいです。どちらで読もうと大筋は関係ありませんが、お江戸風に変換するとそれっぽくなるかもという私めの姑息な狙いです。過去に戻って振り仮名つけるのを忘れましたが、もう今気力が足りなくて最初の出所を探せません。そのうち手すきになったらちゃんとやりますから。

長編『大江戸恋唄』24アップしました

24話目はお嬢警報発令です。
飛ばして読んでも差し支えはありませんが、できれば読んでください(笑)。

現在私は長崎編を前に脳みその勉強が足りないことをひしひしと感じております。
ぶっちゃけなんちゃって大江戸なので、そこまで悩む必要はなかろうかとも思いますが、とりあえずなけなしの脳みそに喝入れてがんばります。

ちなみに大江戸の参考資料はこのシリーズが一番多いです。趣味で買ったのが役にたつのでありました。
あ、熱帯につながっていますが、気にせずに。
歴史REAL大江戸暮らし入門 (洋泉社MOOK)歴史REAL大江戸暮らし入門 (洋泉社MOOK)
(2013/01/10)
不明

商品詳細を見る

サイトweb拍手コメントありがとうございました73

今日は久々に職場の食事会で、いい気分で帰ってきました。
たまにおいしいもの食べると幸せ~です。
皆と話していて、なぜか途中から漫画の話に。
…うん、私が一番オタクだったよ、ははは。
でもサイトのことは秘密さw

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

長編『大江戸恋唄』23アップandサイトweb拍手更新しました

23話目です。
今回は前回からするとちょっとつまらないかも。
まだお嬢は出てきませんのその点は安心してください。
でも、すでにお琴とくっついている状態なので、もう安心~とおっしゃる方もいるとは思いますが、出ると身構える方のために予告はしておこうと思います。

キスの日とやらがあったにもかかわらず、タイトルにキスが入る二次創作やっておきながら全くのスルー(笑)。
いやー、いろんな日があるんですねぇ。
しかも後で巡回してみれば、二次創作界ではそういう日にちなんでの創作も多かったです。
私はイタkissメインですが、実はいろいろな薄い本も持っています。
もちろん十二国記も好きですが(一番最初にはまったのでこれが一番多い)、つい最近はまった図書戦も。
だいたい一ジャンルで一つのサイトさまに執心するたちなので(たいてい絵と文が好みというドンピシャは一サイトどまりなためかも)、それほど数多く回るわけではありません。そんな時間もないので。時間さえあれば廃人かも。
うん、おたくだなー(笑)。
他ジャンルをやるつもりは今のところないです。
今いるジャンルで手いっぱい。
どれ書いてもなんとなくイリコトになりそうで。つまりそういう似たようなカップリングが好きなんだな。
男がみんな一見愛想がない。でも面倒見がよくて意中の子にだけ優しくてやきもちやきで執心。いつの間にか俺のもの。女の子がかわいくて初心。
うーむ、見事なパターンだ。
実は夢見る乙女かもしれない管理人に愛の手を。

ブログ拍手コメントありがとうございました87

時々自省するためにも無理矢理以前の文を読んでみることがあります。何で無理矢理かというと、読みたくないから(笑)。
でもって、読んでみて、ひーーーー、こんな文よくもまあ平気で書いて出してるな、おい、と思うこともしばしば…。
読んでくださっている皆様に大変失礼な物言いですが、その時はそれでいいと思っていたんですよ。
いや、もちろん、今でも書くたびに大丈夫かな、これ、と思うときもあります。特にコメディ調なんて最たるものですな。
でも、逆もあります。
今となってはこんな文書けないなーとか。勢いとか大事です。
今後も精進いたします。
ちなみに私が書く話は、ほとんど結婚後。結婚前は数えるほどしかないと思われます。
なぜなら、自分の文の傾向としてついいらぬ方向に向かうからです。
実際、高校生大学生男子があんなストイックでいいはずがない(笑)。
同級生女子と同居してありえないだろうと思っているからで、本当は青年誌向けくらい邪な考えいっぱいのほうが自然じゃないかと。少女漫画で、入江くんなのであれですが。
健全じゃない私に健全高校生、書けねー!というわけです。
すみません、つまり、本当はイタすぎる高校生入江直樹も書いてみたいのでありました。(その願望の一部が実は同好会拍手に…ああ、なるほどと思ってくださった方、ありがとう、理解者です)

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。

長編『大江戸恋唄』22アップしました

昨日、35度という急上昇した気温にちょっとした体調不良であっさり室内で熱中症になった私。
頭痛に嘔吐に半日ぶっ倒れ状態という体たらく。
皆様、熱中症、気を付けましょうね…。いえ、その前に体調管理も重要です。

で、今朝は気分爽快で起きることができましたので、昨日アップするはずだった大江戸恋唄の22話目を。
雨の続きです。
皆様が納得できるような話は無理かもしれませんが、大江戸編の私なりのコミックス10巻ということで読んでいただけたらなと思います。
ちなみに、この後もまだ終わりません。
そうです、前振りを覚えていらっしゃる方もいるとは思いますが、まだ医師への道が残っております。
もう少し大江戸編にお付き合いくださいませ。