いよいよ30話目です。
間が空きましたが、予告していた通り、夏休み中追い込みだったためなかなか時間が取れず…。
現在書いている辺りはなかなか自分的には難しくて、早く長崎から帰ってこ~いという感じなんですが。

変にぐずぐず長くて申し訳ありません。できれば冬までには終えようかと。←あれ、延びてる



web拍手も更新しました。
いい加減こちらも季節が追い付いてきた気がします(笑)。やばい。
スポンサーサイト

【2014/08/31 18:50】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
コメントありがとうございます。
ようやく夏休みが終わってほっとしております。でも、私自身も夏休みの宿題を残したような気分で、31日に急いで更新してしまいました(笑)。
啓太は直樹と違って一部分しか見ていなかったので、今までお琴がどんな女なのかよくわかっていなかったのだと思います。
でも人間って、好意がある人の他のプライベートな部分を垣間見ると、ついくらっとするもんですよね。それがちょっとどじっこみたいな属性だとなおさらちょっと気になったりなんかするもんではとか思っています。
一応この大江戸では、西垣さんは結構男前に書いているつもりです(笑)。いや、男前なんでしょうが、二次の中では残念な面が目立つお方なので…。
あちこちふらふらしているので、便利に使わせていただいております。
原作と違って直樹は長崎だし、私、書ききれるかしら…。
佐賀屋の面々は呪われる~状態で敬遠しているくらいのお琴困らせなのに、怖いもの知らずの啓太の行く先をご期待くださいませ。(え、もうわかってるって?ごもっともです)

コメントを閉じる▲
大江戸はまだ続き書いている最中ですので、そろそろ拍手倉庫も整理せねばと『坊ちゃまとあたし』を再掲しました。
この『坊ちゃまとあたし』は、通常の設定とは異なっておりますので、初めて読まれる方は最初の注意書きを読んで、これはダメだと思われたら読むのをやめてください。
いまだweb拍手で連載続いておりますが、今回の1には1~5話までが収録されております。
見逃した方がいましたらどうぞ。

もうすぐ夏休みも終わりで、ちょっとおバカ息子たちの宿題(自由研究)の手伝いに追われております。←ダメダメ
web拍手も変えるつもりで書き上げたのですが、ちょっと時間が足りないので、もう少しお待ちください。

【2014/08/23 07:52】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |
29話目です。
まだ長崎に着いていないとかいう突っ込みは甘んじて受け止めます。
あと何話くらいか…。
長くてすみません。
無駄なうんちくすみません。
大江戸に慣れない方が親しんでくれればいいなと思っているだけです。
うっとおしかったら読み飛ばしてください。
…でも読んでくれると苦労が報われます(笑)。

【2014/08/16 12:31】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
コメントありがとうございます。
坊ちゃま持ち上げ…たまちさまに言われて私も思い出して吹き出しました。脳内は琴子と坊ちゃま変換でwアニメでもちょうどありましたからね。持ち上げられてわたわたする坊ちゃままで浮かびましたよ。

直樹の道中記はもっと長々書こうかとも思いましたが、あまりにも蛇足かとかなり削りました。ちなみに私も小学生くらいの頃には100ワット使いましたよw今は言いませんよねぇ。
文はきっとそれほど長くないと思われます。ちょこっと書いて送るのがせいぜいな気もします。
夕飯の味付けはともかく、とりあえず花嫁修業中のお琴です。なのできっと直樹が帰ってきた頃には何とかお腹を壊さない程度の飯が作れるようになるのだと思います、多分。
奉公人のみならず、噂を聞きつけた町人もお琴大明神とか言って、その背中に手を合わせてるんですよ、きっと。商売繁盛間違いなし!
でも、お琴が泣いたら察知して文が届いたらホラーですよね(笑)。
今回もコメントありがとうございました。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: 水玉さま
ソウ@管理人
コメントありがとうございます。
あちらが終わって一息ついたところでしょうに、こんなところにまでおいでいただいてもったいない(笑)。
江戸情報は、入れようかどうしようか毎回悩むのですが、当たり前のように話を進めてしまうと、江戸なんかただでさえわからないのに、ますます読む気なくなるよなあという気持ちもあって、結局うんちくよろしく入れてしまいます。それでも江戸に詳しい方が読んだら鼻で笑われるだろうと思いますが。
お琴ちゃん、きっと文なんて届いたら大事だろうな~と。
神戸編では文明の利器、留守番電話がありましたが、江戸にはないので苦労します。
そして、背後から迫る直樹…怖すぎです!何ですかそのホラーw
お琴が泣くとどこからワープしてくるんだという突っ込みも入りそうな直樹。もしくは泣かせた人の夢の中に出てくる悪夢とか?
こわっ!お琴大明神ならぬ直樹天満宮(あたかも大宰府に流された菅原道真のように)並です。
早く長崎から帰ってもらいたいものです。
私の中の予定では、夏には終了の予定だったのに、さすがいい加減な執筆計画と自分を罵っております。
とりあえず少しでも早く終わるように励みます。


コメントを閉じる▲
文章をあれこれいじっていると、そのうちこれは本当にこれでいいんだろうかと思い始め、そうなるともうなんだか気になって先に進まなくなったりします。
江戸ものを書いていると、なるべくカタカナ言葉を使わないようにと思うせいか、何かうまい表現はないものかとそこでストップしたり。小物を出すにあたって、この時代にこれはありだったろうかと調べ始めると、調べる方に夢中になってそのままその日は放置とか。
いろいろ本末転倒なことをやっております。
できれば早く終わりまでたどり着きたいものです。
ここまで長いものをくのは初めてですので、いろいろやらかしているかもしれませんが、あともう少しお付き合い願えればと思います。

続きから、web拍手にいただいたコメントへの返信です。
8月3日
たまちさま
こちらにもコメントありがとうございます。
坊ちゃまに先にばれる予定ではなかったんですが、予定変更してみました。
五歳児が精一杯胸を張って琴子を見上げているのを想像したら、なんとなく可愛くないですか。私はそんな坊ちゃまをかわいいと思いながら書いております。
五歳児だからぺいっと動かせばそれで済むのに、それができない琴子にひそかに萌えです。
持ち上げたら…怒るでしょうねぇ。


追記を閉じる▲

【2014/08/05 22:58】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
更新遅くなりました。
やっと28話目です。のんびりですみません。
私自身も忘れかけていた過去を思い出してようやく書くことができました。
ええ、もし思い出さなかったらどうなったんだあの人、状態でした。

そして、サイトのweb拍手も更新しました。
前回からすれば早めですが、いつも更新お待たせしていますので、こういう時くらいと思い、がんばりました。
少しでも楽しんでいただければ幸いです。

現在の私は、『月刊少女野崎くん』にはまって大笑いして過ごしております。うん、癒されるよ(笑)。

【2014/08/02 22:25】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
コメントありがとうございます。暑中お見舞い申し上げます。
野崎くん、最近人気のようなので知っている方がいらっしゃるかと思いましたが、たまちさまも知っていらっしゃったんですね。やはり千代ちゃん応援してしまいますが、鹿島くんと先輩も気になります。

きっと了安堂ではお琴が慣れるより弟子たちの方がよほど大変だったと私も思います(笑)。
実はおきよさん出すの忘れてて…w
おもとも出してないと今書いている話の途中で気づきまして、修正するのに時間かかりました。その後も修正する羽目になったので、余計に更新遅く…。
ええ、だからいつも書いてすぐに出せないんです。誤字脱字も結構多くて、ノリのいい時には一気に書いて後で読み返すとひどいのなんの…。

あまり他の場所知らないのですが、少なくともかつて夏休みに兵庫の田舎の祖母宅にいた頃は、クーラーなしで十分過ごせた気がします。いや、そもそもクーラーついてなかったです。
東海と限らず今では日本全国暑いですよね。37度って、結構頻繁にありますからね~。たまちさまの住居地はもう少し涼しいんでしょうか。
どちらにしてもまだまだ暑さ続きますのでお互い気を付けましょうね。

コメントを閉じる▲