桜もほぼ満開近く、一気に春めいておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
眠いです。
もう盛大に眠くてかゆくてどうにもならん…とこの頃ぶり返している慢性蕁麻疹と花粉症を抑えるためにアレルギー剤飲みまくっている管理人です。
春はただでさえ眠いのに~。

そんな毎日ですが、ぼちぼち書いております。
そろそろ同好会も出さねば…。

続きからはサイトのweb拍手にいただいたコメントへの返信です。
3月28日
たまちさま
クッキングウエポン…なかなか良いネーミングですね(笑)。
最終兵器っていう感じですよね。
シェフがそのうち病んでしまわないか、心配なところです。
サルにも…ではないですが、ぶきっちょさんシリーズというのは見たことあります。
腕のない人に限って何気に難しいものから作ろうとしたり(自覚ないからか…)、大事な工程を素っ飛ばしたりするのでは。…という琴子の失敗想像です。
大きくなる頃には、きっと坊ちゃまの胃は鋼鉄の胃とかなんとか言われるようになるんですよ。どんなものでも消化できる、どんなものでもお腹を壊さないとか。もう人間じゃない…w
御両親とはきっといろいろあるんですよ、いろいろと…。
続き、がんばります。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2015/03/31 22:08】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
大江戸恋唄の37をアップしました。
ようやく少しキャラが動くようになって、思いのほか早く仕上がりました。
38も早く上がりそうです。ま、その前に私の都合がね…。

啓太はもともと不評ですが、こういう役をやらせる羽目になり、更に不評に(笑)。
そして、直樹はまだ帰ってきませんが別の男が帰ってきました。
またもやオリジナルですが、少し活躍させる予定ですので、ダメな方はスルーでお願いします。

そして、サイトのweb拍手は坊ちゃまの27話目です。
えーと、またもや28話までちょいと続きます。
短いですが、すぐに続き書きますので、お待ちを…。

【2015/03/28 17:35】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
啓太の暴走に困ったお琴ですが、おじんもおさともそんなお琴に気付いたようで気づいていない(笑)。
お琴の口から直樹の名前が出てもなお諦めの悪い啓太の前に、邪魔者を出してみました。
吉と出るか凶と出るか。
坂巻は完全オリジナルですが、活躍していただくために無駄に詳しくお家事情を語らせました。
楽しんでくださるといいなと思いながら書いております。
これで江戸と長崎の通信係ができましたよ。京者も大坂者も大喜び。…だと面白いかなとか。
でも早く帰ってきてほしいと切実に作者の私が思っております。
もうしばらくは我慢です。
コメントありがとうございました。

Re: マロンさま
ソウ@管理人
web拍手はうまくうまく送れませんでしたか。すみません。それでもこちらにコメントいただけてうれしいです。
啓太はやはり少しくらい強引になってもらわねば話が動かないもので、原作通り押してもらいました。
でも原作と違うのは、その場に直樹がいないということです。
そう言えば持参した文、まだお披露目しておりませんでしたね。そのうち書きます。

坊ちゃまシリーズでももちろん琴子の最恐料理披露です。それでも諦めない琴子がすごいと素直に思います。いつかは…と思っているんでしょうかね。そもそもなんでそうなるのかよくわかりませんが、何か恐ろしい工程を経ているのでしょう。
十歳差は大きいのかどうなのか。
今後の二人を楽しみにしてくださるとうれしいです。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
え、何で普通の更新じゃないかって?
うん、今そう言えば去年は更新していないって思い出したんだよ。
書きかけてあと数行で終わりってところで放置してあったものを書き、続きをまた書いているわけですが。

今回は友の会ですから、お間違えの無いよう。

そりゃもうマイナーな会でございますれば、もう誰も読んでいないかもな場所でございますが、とりあえず私は最後まで仕上げる主義ですので、ちゃんと完結させねばとは思っております。
毎年受験シーズンと卒業シーズンが来るとそう思うんですよね(それは話がそこで止まっているから)。

友の会とは何ぞや、という方は、このブログの友の会で多分説明文が出てくると思いますが、一般女子にはお勧めしていないので、それはちょっとという方は何も言わずに画面を閉じてくださいませ。なんなら波線にしてもよくってよ。
ちなみにマイナー過ぎて誰も寄り付かないので、こちらは興味のある方のみ常時会員募集はしております。ええ、でも年に一人あるかないかですけどねw
入会希望の方は応募要項を熟読の上、からかい半分での入会はご遠慮ください。管理人、石投げられるかも、なので。

【2015/03/21 13:24】 | 友の会 トラックバック(0) |
暖かくなってきましたが、同時に花粉も飛びまくっていますね。
絶賛花粉症中の管理人です。

おまけの話を読むために皆さまがせっせと拍手を押してくださったことがわかり、私は大変ありがたいと同時に申し訳ない気分でいっぱいです。すみません、あんなのがおまけで、という感じで。
次回は坊ちゃま頑張ります。早く十年後にならないかな~とか書いてる私が思ってますw

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

3月15日
たまちさま
もしもシリーズ、久々でした。
どんな仕事をしても完璧な入江くん、というのを書いてみたくて始めました(笑)。
そうです、琴子が何故卒業できたのか、それは今のところ不明です。そもそもピアノ弾けるのかしらとか、いろいろ疑問が…。いや、まあ、しばらく目をつぶっていてください。
もしも入江くんみたいな先生がいたら、絶対チェックですね。目の保養~とか言って見ます。
あ、でもPTA役員は、どちらかというと園長先生とばかり打ち合わせでしたから、微妙かもしれませんよ?
ありがとうございます、気が向いたら地道に書いていきます。
コメントありがとうございました。


3月16日
ねーさんさま
一つ目
気に入ってくださりましたか。
かなり適当な話なので、細かいところは全く考えておりませんが、続きが書けるようならぼちぼち書いていこうかと思っております。
うっかりハプニングとか、あれこれ楽しそうなネタはこれから仕込んでいこうかと思います。
でも、かなり手ごわい直樹先生です。
二つ目
坊ちゃまは、十年後は当然結構完成型のかっこよさ、だと思われますが、その前にいくつか試練が…多分。
渡辺さんも手を出すに出せず、でしょうね。そちらも十歳離れてはいるんですが。
琴子ちゃんの将来はもうあの親子に約束されたも同然、ですよねぇ(笑)。
楽しんで書いているので、お待ちいただければ続き頑張ります!
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2015/03/18 16:05】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
大江戸の36をアップしました。

どうやら啓太『不毛への道』を突き進むようです。
誰か止めてあげて~と書きながら思ったり。

そして、おまけの拍手SSを更新です。
坊ちゃまじゃないです。すみません。
おまけなので読んでも読まなくてもいいです。拍手押すの面倒でしょうし(笑)。
今回はあり得ないもしもシリーズです。
続くかどうかは不明。

【2015/03/15 14:21】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
おさととおじんは、知らずうちに一役買ってるんですよね。でも本人たちは知らないのかも。原作でも知ってるのかどうなのか。後であたしたちのお陰よくらいは言ってるかも?
おもとさんの用事というのはやや不自然でしたよね。書きながら、ここまで計画に?とか一人ツッコミしてました。
原作ではバンド活動していたナラサキくんでしたが、江戸になると芝居ということでご容赦くださいませ。ちなみに名前は適当です。
啓太って、熱すぎて回り見えてないですよね~。原作ではあのまま突っ走ると不倫ですから。
早く直樹帰ってこ~いと実は私も思っております。両方書くのはなかなか辛いわとか思っています。
ひろみGO…ぷぷぷ。私も歌詞忘れていたので検索かけてしまいましたよ。
坂巻さんは帰っていただくことにしました。これはまた次のお楽しみで。
コメントありがとうございました。

Re: 紀子ママさま
ソウ@管理人
金ちゃんと熱血具合は同じでも、なんとなくどこか違う気がするのは、やはり結婚してから琴子の気持ちを無視して奪おうとするところ、なんでしょうかね。
金ちゃんなら、とりあえず離婚しないように助言してそれでもだめなら奪ってやる、かもしれないですよね。
もちろん大江戸の啓太も勝手にアプローチはじめました。遅いよ、みたいな。直樹がいる間にアプローチすればよかったのに。…ああ、気づかなかったんだっけ。
結局お琴の元気な顔が見たい、ということなんでしょうね。
不毛街道ましぐらです。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
ちょいと風邪をひきまして…。うう…。
花粉症とのダブルで、咳は出るし、鼻はきかないし…。
でもまだ仕事が週末までびっちりと…。
とりあえずコメント返信だけでもして寝たいと思います。

続きからコメントへの返信です。
3月3日
たまちさま
そうそう、坊ちゃまの好きなもの一つ抜けてますよね。と言いつつ、琴子は気づいていないんですが。
何で料理下手なのに料理にこだわるんだか。やはり料理上手とかに憧れるんでしょうね。
坊ちゃま、あんな幼少の頃から鍛えるのね…(笑)。
果たして十二年後、どうなっているのか。ふふふ。
コメントありがとうございました。

マロンさま
はじめまして!
前から来ていただいていたのですね、ありがとうございます。
台キスは、1シーズン目のものは持っております。
他の作家さんのところも私も出没しておりますが、こっそり読んでいるところも多々ありますw
今度またチャットする機会がありましたら、どうぞ思い切って参加してくださいませ。あのチャットで今までお話する機会のなかった方ともお話しできて、皆がどんなふうに思っているのか知ることでができてとても楽しかったので、ぜひ!
大江戸も坊ちゃまも、まだ少し先がありますが、更新遅いながらも続けていきたいとは思っておりますので、お待ちいただければ嬉しいです。
思い切ってのコメント、ありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2015/03/05 22:12】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
長らくお待たせしました。
ようやく大江戸の35話目をアップすることができました。
何をそんなに時間がかかったのかって、何と言っても廓であり、丸山であり、廓詞ですよ。
長崎弁だのなんだのをいろいろ研究してはみましたが、所詮地元人じゃないのでお手上げ。
もうなんちゃってなんだから、そこまでこだわるの止めようという結論に至るまで長かったです…。あほなこだわりですみません。
それでもって忙しい時期でもあり、お時間をいただきました。
次はもう少し物語動いているといいなと思っておりますが、何よりも更新遅すぎなのがいけないですよね。年末に終わらせるつもりでいたのに…。
最後を目指して頑張るのみです。
気長にお付き合いくださるとうれしいです。

サイトweb拍手も更新しておきました。
誕生日編です。
新春スペシャル、たくさんの方に読んでいただきありがとうございました。取り下げさせていただきました。いずれ再掲させていただきます。

【2015/03/03 00:27】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
そうなんです。時代物はどこまで考証して、どこからなんちゃってにするか、悩みどころではあるんですが、どうせ商業作家のようにはいかないとわかっているので、今回も適当なところで手を打ちました(笑)。

啓太はやはりイライラ要因としては欠かせません。今回の件をきっかけに後にまで嫌味を言われ続けるという…(大江戸蝉時雨参照)。
太夫に言い寄られてもそでにする男、直樹。不能か童○wかと思われているかも。ま、ある意味正しいのかもしれませんが。
ようやく文が届きました。
何にせよ、すぐに反応できないのは大江戸の辛いところであり、面白いところなのかもしれませんが、とりあえず一人で悶々としていればいいよと私も思ってしまうのでした。
コメントありがとうございました。

Re: 紀子ママさま
ソウ@管理人
花魁も形無しの直樹の無視ぶりですが、それこそ花魁に興味ないなんてもしやなんて思われてそうです。
禿は幼い頃から辛い境遇ではありますが、自分が売られることによって家族が助かるとか思ったりするのでしょうね。
原作の中でも琴子は男友達との距離も結構近いですよね。だからこそ多大なる勘違い男を生み出してしまうのかもしれませんが。
それがわかっている直樹ですが、いいところだと思いつつやはり面白くなかったりするのが読み手にとっては面白いところなんですが。
更新遅くて、どれだけ時間かけているんだと思われるでしょうが、ちゃんと完結だけはしますので!
お待ちくださればありがたいです。
コメントありがとうございました。

Re: sanaさま
ソウ@管理人
更新お待ちいただけるそのお心だけでもうれしいです!
ほんわか、しますかね。あまり殺伐とした話は好みじゃないのは確かですが、波瀾万丈も難しいですよね。
皆さんの二次を読みつつ私もあれこれ考えながら書いている次第です。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲