数少ない友の会の会員さま

禁断の開かずの間に続きを更新いたしました。
続きが気になっている方は、どうぞ友の会までお越しくださいませ。


友の会と同好会は違うものです。
今回は『友の会』ですのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

【2016/02/25 18:35】 | 友の会 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: ねーさんさま
ソウ@管理人
こちらこそ今は他人様のところに出没する機会を失っております。
あちらも楽しんでいただけて良かったです。
SSは、あのネタがどうしても浮かんでしまって、書かずにいられませんでした(笑)。
でもなかなか人さまのネタで書くのはやはり難しくて、おこがましいことを考えたものだと反省いたしましたよ。
あれは本当のゴルゴ好きでないと!
でも書くのは楽しかったので、また挑戦できたらいいなと思います。
大江戸は、ようやく本懐を遂げました。ええ、焦らした挙句あれ以上待たせると暴走しそうだったので、遂げさせることにしました。
坊ちゃまも一応どんどん進ませております。坊ちゃまを早く大きくさせたいのでw
こちらも長くなると思いますが、お付き合い願います。
おまけは続きも書いております。
結婚するまでぼちぼち続くと思います。

子育ても忙しいとは思いますが、またお暇な時にお立ち寄りくだされば幸いです。
受験戦争もひとまず落ち着きそうですし(合否はともかく)、仕事も少しずつ落ち着いてくる時期なので一息つけそうです。
またよろしければご連絡くださいませ。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
インフルエンザもまだまだ流行中ですが、花粉症も多くなってまいりました。
花粉症友の会会員の管理人です。
薬飲み忘れて時々マスクの中で鼻水垂らしてます。

続きから、サイトのweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

2月21日
たまちさま
一つ目
坊ちゃまは、琴子が実習の間ちゃんと耐えきってくれるのかと心配しておりますが、一方で冷静に見ていることを考えると、きっと琴子なら大丈夫だと思っているような気がします。
でもクラスのおもちゃ状態ですよね。ちょっと前途多難です。
啓太のフォローですが、この先どうなるか、私も書きながらふふふと笑ってしまうのです。
いやー、坊ちゃまが悔しがるかと思うと楽しくて。←性格悪い
真っ黒坊ちゃま、知らぬは琴子だけ、のような気がします。
二つ目
イリコトの噂は楽しいでしょうね。
素人で大学のテニス部入っちゃうと、そりゃ大変でしょう。
須藤さんは大人げない作戦で攻めておりますが、それすらも楽しそうです。
人の噂は責任ありませんから、皆は楽しいんでしょう。
書いている私も適当なので楽しいです(笑)。
コメント二つありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/25 18:33】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
割とここ最近更新まともだと思っている管理人ですが、いかがでしょうか。
あれですよ、あれ。
何となく試験前に机の周り片付け始めちゃうとか。
ええ、管理人は学生の頃、試験前にもかかわらず、創作活動してましたとも。
その頃からオタクだったんです。
でも今ほどオタク文化が盛んな頃ではなく、薄い本の購入にもまだ手を付けていない頃でした。
でもってその頃はオリジナルばかりでしたが、ノートに書いて一冊終わる頃に読みたいと言ってくれる心優しき本読み仲間に回覧しておりました。何人に回っていたのか憶えておりませんが、他のクラスを経由して戻ってくるころには隅っこに挿絵が書かれていたり、余ったページに感想書いてもらったりしておりました。懐かしい。なんだ、そのオタクっぷり、みたいな。

いやいや、そんな話は置いておいて。
そう、更新ですよ。
大江戸の49話目です。
本当は50話で終わろうと思っていたのですが。
終わ…らない、よ…orz
中途半端な数で終わりそうです。
今回は命かけて頑張るおもとを応援くださいませ。

坊ちゃまも更新です。42話目です。
実習話続きます。
イメージは、アニメ版イリコトで見たことあるような琴子の電話が気になってどす黒いオーラを垂れ流す坊ちゃま、ということで。

おまけもよろしく。
今回はテニス部話で終わってしまいました。

【2016/02/20 22:50】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸は皆様の期待を裏切って、すんなりと事が進まないように…思いついてしまったのでした。
いやー、すんなりいったらなんとなく面白くないというか(笑)。
新婚旅行だって邪魔入ったのに、とか。
ろくでもないことしか考えませんね、私。
ちょうど読んでいた本が蝋燭問屋が出てきて、それなら相手は油屋だと単純に。
おもとにはいつものように苦労していただいて。でも直樹さまのためならえんやこら、とか。
いろいろお琴に心配かけてるんだから、少しくらい直樹が苦労したっていいんですよ、という私の意地悪でございました。

坊ちゃまは、小学生相手なのでそこそこ琴子みたいな天真爛漫な先生は好かれるのではないかと思います。
ただ、最近の小学生はひねくれているので、逆にバカにされていじめられるという可能性もあるかもしれませんが。
小学校の先生は大変ですよ。
今でこそ書道や音楽、美術なんかは専門の先生もいますが、体育とかも見ないとだめですよね。私は体育音痴なので絶対無理ですね。
坊ちゃまは実習からもやもやしていたら、この先どうするんでしょうね~。
啓太にはせいぜいかき回してもらいましょう。

おまけは、やはりテニス部の連中もかなりの噂をしていたに違いない、という発想でテニス部限定トークです。
私は他の人視点が実は好きなので、余計なことばかり書いてしまいます。
本人たちのごたごたはともかく、周りはこんなふうに見ているというのも面白いなと思っているのです。

余談の話。
メールを出しますのでお待ちくださいませ。


Re: たまちさま
ソウ@管理人
おお、やはりここにも書いていた人が!
多分二次を書いたり読んだりしてる方は、少なからず学生時代にそういうことをやっている方が多いのではないかと思っております。
花粉症は…もちろん薬飲んでます。
黄砂とかPM何ちゃらとか、排気ガスとか重なるとひどくなるそうで…。
花粉症が増えるわけですよ。
最近は風邪の方に加えて花粉症の方も増えております。

さて本編は、やはりここは残念直樹を出さねばという使命に何故かかられた私が、さらに二日おあずけさせてみました。
実は私もあの琴子の内心の言葉、ついピンクレディを思い浮かべてしまった同類です。ええ、幼少時の記憶というのは恐ろしいものですね、ふふっ。
おもとは直樹と知り合った時から、不憫にさせられる運命なんですよ(笑)。
何だかんだと言いつつお琴にも直樹にも忠誠誓うおもとって、とても義理堅いいい人ですよね。
命かけなきゃならないのが何ですが…w
コメントありがとうございました。

Re: のののさま
ソウ@管理人
つい楽しくなって邪魔を入れてしまいました。
ええ、蝋燭問屋のお嬢は本編には何の関係もないんですが。
でもさすがにおもとに命かけられては、そこまでおあずけは出来ないので、一応めでたく…と相成りました。
何だかんだとおもとのお陰だと思います!

坊ちゃま、既に独占欲の塊に…なってもらいましょう!
楽しくなってきました(私が)。

おまけは、次は合宿編です。お待ちくださいませ。

おお、やはりここにも書いていた方が。
か、完成しなかったんですか…。
では、今こそ、きっちり書いていただいて、閲覧させてくださいませ。
お待ちしておりますよ。(にこ
コメントありがとうございました。

Re: shirokoさま
ソウ@管理人
琴子がそばにいるだけでデレてくれる直樹は書きやすいです。
弱っているときこそねらい目ですよね。
そこに無理矢理祝言ぶっこんでくるお紀さんはさすがだと思います。
でも祝言上げるまでは、の枷がなくなるからいいんじゃないでしょうか。
はい、私も本音では祝言上げたかったのだと思います。
そう言えばあの時代にはカメラもビデオもないので、どうやって記録していくのかと思っていましたが、きっと紙に書きとめているのでしょうね。
もう力こぶ入って琴子の全部もらう気満々だったと思います。そうでもしないとやってられないという気分だったんでしょうか。
見張りにつくであろうおもとを見越して、おもとに厳命したんだと思いますよ。
人を使うのが上手い直樹さんです。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
近いうちに大江戸更新できると思います。
ただいまファイル作成中ですのでもう少しお待ちくださいませ。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。

2月17日
はるなさま
うわあ、望外な褒め言葉をありがとうございます。とは言いつつ、感心されるほど知っているわけではない、というのが本当なので、今もせっせと調べたりするようにしております。
それらしく書けているなら良かった、と思っております。
また続きをお待ちいただけるように頑張ります。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/20 00:40】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
そもそも集中して書けば、多分一話程度はすぐに書けると思うんですよ。実際すぐに書けるときもあります。
少し書いてすぐにやめるのがいけないんだろうよ。ええ、早く書けよってなもんですよ。

それでも大江戸は、一応これでもなんちゃって設定にもかかわらず、あれこれと調べたりはします。
長屋出てくるときは、長屋の構造をじっくり観察してからイメージします。
大店の入江屋の構造も医学館の構造も、それぞれこんな感じかな、と。
食べ物、服装と想像だけでは補えないものを調べるのは面倒ですが、それはそれで楽しいです。
長崎街道をたどる道筋を調べて、日数だとかあれこれ考えてはいるのですが、その半分も実は文章に出てきません。生かせる文章が書けないだけですが。
あとは捏造!
なんちゃってだから、かなり捏造(笑)。
でも、江戸もの読まない人でも、ちょっと江戸もの風で、それでいてイリコトで、それでさらに楽しく読んでもらえたらいいなと思って書いております。

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。



2月13日
らいすさま
お越しいただきありがとうございます。
複合選抜は残るんですね~と書いた後で知りましたwすみません。
組み合わせが変わると、また考えるの面倒でいやだな~と真っ先に思いましたよ。
複合の恩恵を受けたとは!お若いです!いやー、私、古くてすいません!と真っ先に思いました。ふふふ。
でも次回変更の推薦と一般と同時に行うって、どういうことでしょうねぇ。
受験って、嫌ですね~。
でも、最終的に出身高校も出身大学も、ちゃんとご飯が食べられる仕事に就くかどうかは、本人次第、ですね。
努力したことは無駄じゃない、と言える世の中であってほしいなと思います。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/16 23:05】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
節分の日アップのSSは、本家とは似つかず、なんちゃって仕様でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか。
あれこれ掟破りをやらかしておりますが、暖かくコメントいただいてありがとうございました。

続きからは、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

2月4日
たまちさま
一つ目
琴子は緊張で挨拶すら危うくなってしまいましたが、それも愛嬌ということで。
はい、熱血君をはじめ、愉快な仲間たちを登場させてみました。
原作イリコトとは違う人生を歩んでいただきます。
女子を敵に回すと怖いですよね~。うまくやってほしいものです。
坊ちゃまの方が心配そうですが、この先はまたのお楽しみ、ということで。
二つ目
大学編を書いてみました。
そうなんですよ、A組って基本他の大学受けたりしてるんですよね。
せっかくストレートで行けるのに、そんな優秀な人材手放していいんでしょうかねとか思ったりします。
それともうちの学生はそういうところにも進学できるくらいレベル高いんですよアピールか。結構私立高校ってそういうところありますものね。
そしてその中で斗南に進学した貴重なA組の皆さん、他のクラスの皆さんからのトークを楽しんでいただけたらと思います(笑)。
コメント二つありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/08 00:57】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
一応節分なので、今日中にアップせねばと、実は書き上げてからうだうだ直しつつ見切りでアップします。
久々にショートで。
題名からこれは!と思った方、よろしければソウ版をお楽しみいただければ幸いです。
えーと、あの、はっきり言って物足りないかと思いますが、これでとりあえずご勘弁を!!
なんというか、真似は真似でしかないんだな、と痛感した次第です。

坊ちゃまもついでにがんばって更新しました!
41話目をよろしく。

おまけ。
出しましたよ!復活しましたよ!
ちょっとは喜んでくださるといいなと思います。

皆様に福が来ますように!!

【2016/02/03 21:37】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


公認って!!
水玉
こんにちは!
読んだのは更新されてすぐだったのですが、コメントを書く時間が取れなくて今頃になりました。すみません。
まさか書いて下さるなんて~!!うちでのあまりの不人気ぶりに「やっぱり…」と躊躇されて辞退されるかと思ってたのですがこんなに早くお目見えするなんて!
いや、タイトル見てすぐにピンと!まさかタイトルまでちゃんと受け継いで下さったなんて嬉しくてたまりません。

鬼になった後輩ってどんな話かと思ったら節分なんですね。イベントにからませるとはさすがです。
何気に現れる琴子ちゃん、もしかして実はソウさんのゴルゴ入江では琴子ちゃん、秘密を知っている設定なのか?いや、琴子ちゃんが知っているとうことに誰も気づいていない設定なのかと深く読みこんでしまいました。

それにしてもこちらのゴルゴ入江、まさか病院でM16アーマライトをぶっぱなすとは!いやいや、この名称まで使っていただけるなんて嬉しいですよ。
私も長年(?)書いてますが、院内で狙撃させたことはなかったような。いや、屋上から院内を狙わせたことはありますが、そうか、院内で使わせるのもありかと新しい発見でした。

それにしても自分で考えた設定ですが、大金払って座薬とかって、本当、もっとまともなお金の使い方しろよって突っ込んでしまいます。

そして透けるパジャマとかもう本当にテンコ盛り!爆笑!
そんでもってやっぱり一番受けたのは琴子ちゃんですね。
「さあ、鬼のようにあたしを愛して!」いや、そんな積極的な琴子ちゃん、大爆笑!うちより積極的!両手広げてゴルゴ入江にダイブする琴子ちゃんが浮かびました。
続く「ぶっちゅーっ」、この効果音!もう爆笑、爆笑!
そしてまだ続く、「愛の福は内!」「愛の恵方巻!」って!
もはや「愛の初場所」なんて足元にも及びません。

最後の最後に「一応公認」って!一応どころかもはやうちを超えてます。私に公認を与える資格などありません。

何度も読んでいるうちに、私もゴルゴ入江ネタが舞い降りてきました。いや、そのうち書いてみようかな。

小児病棟が舞台のせいか、ほんわかした雰囲気もあってハートフル(?)な気分も覚えました!
本当に楽しいお話、ありがとうございます!
またぜひとも後輩シリーズお待ちしております!


Re: マロンさま
ソウ@管理人
おっかなびっくりのゴルゴチャレンジでしたが、思い立ったが吉日という感じで正月明けから決まったネタにあーでもないこーでもないと書いておりましたので、披露することができてほっとしております。
ちょっとゴルゴ入江よりガッキーの受難の方がメインとなってしまいましたが。
愛の恵方巻は、一番最初に浮かんだので、そこまで書くぞ!を合言葉に頑張りました。ええ、ちょっと下ネタですが、それも私仕様でいいかなと思い、そのままに。
喜んでいただけて(喜んでない?)よかったです。

坊ちゃまは、そろそろ馴染みの連中を出さないと話が続かないわ~と思ったりしまして。
小学生女子にも大人気坊ちゃまと熱血君、相性悪そうですよね。
どう絡んでくるかはお楽しみで。

おまけは、なんとなく書いてみたら出来上がったので、大学編も行けるかもしれないと思っております。
多分結婚するくらいまで、でしょうが。
その後のはすでに噂シリーズで書いているので。
船津君、迷ったんですよ。
いったいいつから斗南大生なの、あなた、と思うほど目立っていなかったらしい船津君(笑)。
多分正解は作者の後づけのせいだとは思いますが。
他所から編入したことにしようかどうしようかと悩みましたが、普通に斗南に入学したことにしました。
上手く絡んでくれることを祈ります。
インフル、気を付けてくださいね。私も気をつけます。
コメントありがとうございました。

Re: たまちさま
ソウ@管理人
年末チャットの話の通り、出張させました。
させましたが、いかんせんクオリティはオリジナルには程遠いと思いますが、それはそれでまねっことして楽しんでいただければと思います。
もう頭の中は豆まきしか思い浮かばず、豆まきの日までにとフル回転でしたよ。
最後はもちろん先輩に残念になってもらい、琴子ちゃんで締めてもらいました。
鬼は誰だ?というところですね。
先輩残念シーンは書いていて楽しいのですが、他は難しかったです。
反省しつつ、またいつの日にかリベンジできるように精進いたします。
楽しんでいただけたならよかったです。
コメントありがとうございました。

Re: 紀子ママさま
ソウ@管理人
いえいえ、水玉さまに比べたら、ゴルゴ入江を生かしきれないことがよくわかりました。
先輩の残念っぷりはとても書きやすいのですが。
豆のトルネードの中で舞い踊っていただきました。
ミッション完了とともに現れる琴子ちゃんでしたが、とりあえずあのセリフは言っていただかないと~と思いまして。
院内はやめろといつも思いつつ、書くと楽しかったです。

坊ちゃん、熱血君と対決するのかどうかは、また後日~。
コメントありがとうございました。

Re: のののさま
ソウ@管理人
節分までと区切らないと書きあがらないだろうと頑張りましたとも。
そうです、ドクターNと共通項があって思ったより先輩は書きやすかったです。
今年は南南東でしたね。
いやー、南南東入れればよかったかな~。さすがのののさま、目の付け所が違う!
大丈夫、えろで合ってますよ(笑)!

坊ちゃまはあの面々をどこかで出さねばと思っていたのをするりと出てきて、ちょっとホッとしております。
ええ、教生お待ちしておりますので!
でもこの間クリスマスもの終わったところですし、ちうまでもお待ちしております。
いろいろ気がかりなこともございましょうし。

おまけは、大学編を書きましたが、皆様少しは喜んでくれるかなと思いまして。
実際の模試では松本姉も船津君もどれくらいの成績だったのかは明記されておりませんでしたが、とりあえずトップスリーということにしました。
医学部までどこにいたのか船津君、とか思いましたが、斗南に入学していたのか、実は編入してきたのか、そこのところが私も悩みましたが、斗南大生にしておきました。
あの二人は、他所から見たらただのじゃれ合いとしか見えないんじゃないかと思います。
また少しずつおまけも書いていこうかなと思っております。お待ちください。

えー、娘さんの学校から一人ですか?遠いからかな?F女子があるからかしらね?
さすがにうちは地元のせいか、多数の女子が受けたようです(一応人気ですよね)。
本命が受かればいいのですがね~。
良い春を迎えられますように。
コメントありがとうございました。

Re: 水玉さま
ソウ@管理人
いえいえ、読んでいただきありがとうございます。
お忙しそうだと思いつつ、承認取り付け前にフライングかましましてすみません。
私的には大人気のシリーズに手を出すことを許していただいただけでもうれしかったので、感謝しております。
思いついたネタがあれだったので、節分に間に合わせようと必死だったのです。
水玉さまの話の中でも琴子ちゃんって結構いいタイミングで現れるな~と思っていたので、 天然の勘で入江くんの元へ行ってもらいました。入江くんに呼ばれた気がして~とか入れればよかったですかね。
そうそう、病院内でぶっぱなすことにどうしようかと思ったのですが、 強行しました。
誰も見ていなければ万事オッケーと思いまして。
見てるのはせいぜい先輩くらいで。そして直接豆をぶっ放してもらいました。きっと特別仕様です。
ふふふ、大金払うことにこそ醍醐味があるんですよ。たとえそれが座薬でも!
このひと月、ずっと水玉さま版を読んでどうしようかと試行錯誤でしたが、やはり本家にはかないません。
狙撃の辺りはざっと終わらせたところがもうなんちゃってゴルゴです。
何よりも琴子ちゃんのあのセリフを言わせたいがために節分を選んだと言っても過言ではなく…。←大きな間違い
愛の初場所並にシャレの利いた言葉はないかと、もうそこからお題選択間違ってる気もしますが、お許しくださいませ。
えーと、最後の公認ですが、一応まねっこだけど水玉さまに書いてもいいっていうオッケーはもらったのよ~という免罪符だと思ってくださいませ。
書いてもいいなんていうんじゃなかったわ~と思われないように頑張りましたが、またいつの日かリベンジできるように精進しておきますので。
今度はもう少し本家本元ゴルゴ読み込んでおきます。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
大江戸書いたり、おまけを書いたり(次回は更新したいと思います!)、ゴルゴ書いたり、久々に友の会も…とあれこれ書いておりますので、そのうちご披露出来たらと思っておりますので、お待ちくださいませ。
忙しいときほど、書く暇ないのにネタが降ってくるという罠。
誰か口述筆記して~と思うことあります。

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

1月28日
のののさま
す、すみません、実習始まると見せかけてちょっと肩すかしでございましたね。
でも今度こそ!今度こそ始まると思いますので!
あと五年…どうでしょうかね。早すぎやしませんかね。いや、そんなの心配しなくてもいいか。
え?18禁つけなくちゃいけなくなる…かも?いやー、ははは。その時考えます。
コメントありがとうございました。


1月29日
たまちさま
書かなきゃダメだったかしらと思う場面を素っ飛ばしたので、琴子には走馬灯で回想していただきました。
小学校なのに大丈夫かしらという心配を一心に受けて、次回はいよいよ、ようやく授業にたどり着く…かも、です。←超いい加減
言われてみれば原作に比べるとほぼお屋敷内での話ばかりですね。なにぶん学校に入江くんがいないので…(笑)。
今度は学校生活の坊ちゃまを出さなければ、なので、小生意気な坊ちゃまを書けるかと今から心配しております。
坊ちゃま嬢ちゃまの中でうまく授業できるでしょうかね。
頑張って更新したいと思います。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/01 17:39】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
気温が下がってきて巷ではインフルエンザも出てきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は忙しい時期に入りましたので、更新やりかけで寝てしまうこともしばしばですが、ぼちぼち更新はしていくつもりですのでお願いします。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。

1月28日
はるなさま
再掲載も遅くてすみません。
でも再掲載なのに喜んでくれて、うれしいです!
坊ちゃまのかわいくて生意気なところを書いていきたいと思っていたので、原作よりはやや可愛げのあるツンデレを楽しんでいただけたらと思います。
続きもどんどん書いて成長させるのが今の目標でございます。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2016/02/01 17:23】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |