入江くんの誕生日だと知っていながら、華麗にスルーしていました。だめだめ管理人です、こんばんは。
祝う気持ちはありましたが、起きていられない今日この頃でありまして。
うーん、秋から冬にかけては仕事もちょっとハードになってくるので、昼間もなかなか時間がとれず、返事も遅いし、創作の時間も限られてくるし、申し訳ないです。

こんなサイト管理人に送ってくださる拍手、ありがたく受け取っております!
特にあとがきで書いたことに呆れずにご返答くださった方がいらっしゃいまして、私は本当に感謝しております。
琴子母はコミック柱の多田先生の返答では、病死設定のようです。コミックが手元にない今(文庫版のみ所有)、教えてくださり助かりました。さすがにその柱まで覚えておりませんでした。
病死設定に頭を切り替えます。今までも原因については二次小説の中では何も触れたことはなかったんですが、触れてなくてよかった~。
こういうこともありますので、どうぞ何かありましたらまた皆様遠慮なくご指摘くださいませ。

続きから、ブログにいただいた拍手コメントへの返信です。
11月11日
chan-BBさま
ありがとうございます。そうだろうと思ってました(笑)。
私もよそではいろいろやらかしております。
コメントしているときのテンションって、後で振り返るとうわーという感じですよね。興奮して何書いてんだ、私という感じです。
しかも一度送ってしまうと、メールとは違って読み返せないし。
でも十分お気持ちは伝わりましたので!またおいでくださいませ。

さくやさま
アニメでやってほしかったですよね。私もすごくそう思います。
真剣にお墓に向かって手を合わせている入江くんに胸きゅん(死語?)です。
琴子母がいたら、全く違う話になってしまいますもんね。
寝顔を静かに見ているときの入江くんの心中が知りたいです(自分で書いておきながら何ですが)。
今回も丁寧に読んでくださりありがとうございました。

11月12日
通りすがりさま
冒頭にも書きましたが、こんな私に教えてくださりありがとうございます。
ご指摘くださったのはあなたさまお一人です。感謝しております。
多分皆さん知ってて当たり前なのかもしれません。ファンのくせして文庫派で失礼いたしました。
また呆れずにお越しいただければ幸いです。

吉キチさま
お身内に秋田の方が!方言難しいですよね。
すごくがんばって調べて書いてみようとしましたが、一文で挫折しました。
その後もどうやって書いていいのかしばらく悩み…いやー、うまく誤魔化せてよかったです(笑)。
琴子と知り合ってから変わったことは、あれだけ親戚たちといろいろあっても呆れずに付き合える入江くんですよね!
好きな気持ちを汲み取ってくださり、ありがとうございました。


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
11月11日
chan-BBさま
ありがとうございます。そうだろうと思ってました(笑)。
私もよそではいろいろやらかしております。
コメントしているときのテンションって、後で振り返るとうわーという感じですよね。興奮して何書いてんだ、私という感じです。
しかも一度送ってしまうと、メールとは違って読み返せないし。
でも十分お気持ちは伝わりましたので!またおいでくださいませ。

さくやさま
アニメでやってほしかったですよね。私もすごくそう思います。
真剣にお墓に向かって手を合わせている入江くんに胸きゅん(死語?)です。
琴子母がいたら、全く違う話になってしまいますもんね。
寝顔を静かに見ているときの入江くんの心中が知りたいです(自分で書いておきながら何ですが)。
今回も丁寧に読んでくださりありがとうございました。

11月12日
通りすがりさま
冒頭にも書きましたが、こんな私に教えてくださりありがとうございます。
ご指摘くださったのはあなたさまお一人です。感謝しております。
多分皆さん知ってて当たり前なのかもしれません。ファンのくせして文庫派で失礼いたしました。
また呆れずにお越しいただければ幸いです。

吉キチさま
お身内に秋田の方が!方言難しいですよね。
すごくがんばって調べて書いてみようとしましたが、一文で挫折しました。
その後もどうやって書いていいのかしばらく悩み…いやー、うまく誤魔化せてよかったです(笑)。
琴子と知り合ってから変わったことは、あれだけ親戚たちといろいろあっても呆れずに付き合える入江くんですよね!
好きな気持ちを汲み取ってくださり、ありがとうございました。


スポンサーサイト

【2010/11/13 23:16】 | ブログ拍手返信(100以降はコメント欄に返信) トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック