短くて申し訳ないんですが(アップ準備したら自分でも予想外の短さでした)、とりあえず更新させていただきました。
次も今書いてますから!どんどん行く予定ですから(あくまで予定)。
拍手もがんばりますから!

拍手にいただいたコメントも順次返信させていただきますのでお待ちくださいませ。

続きから、読んで疑問に思った人のための必要のない解説を。

第1話でお気づきかと思いますが、ホラーサスペンス調で始まっております。
ただし、ここはイタkissの世界。
そんなまともにホラーサスペンスに進むわけもありませんし、多分怖くもありません。
コミカルに進んでいくと思いますので、その点でいけば納涼には程遠いかもしれません。

では、第1話で出てきた犬神さんの名前を聞いたときの直樹の反応ですが、あれはかの有名な(と私は思っている)『犬神家の一族』という横溝正史さん作の推理サスペンスを読んだことがある方ならなんとなくぴんと来たのではないかと思います。
でもそう素直に進むわけもなく。パロディを書くわけではないので。

第2話に出てきた老婆のセリフは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ作者の方の『八つ墓村』です。
もちろんこれも素直になぞるわけもなく。

こんな具合で一体どんな騒動が起こるのか、少しはわくわくしていただけますでしょうか。
もちろん本の内容を知らなくても全く支障なく進んでいくのでご心配なく。
何せ私自身がうろ覚えなので(笑)。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

第1話でお気づきかと思いますが、ホラーサスペンス調で始まっております。
ただし、ここはイタkissの世界。
そんなまともにホラーサスペンスに進むわけもありませんし、多分怖くもありません。
コミカルに進んでいくと思いますので、その点でいけば納涼には程遠いかもしれません。

では、第1話で出てきた犬神さんの名前を聞いたときの直樹の反応ですが、あれはかの有名な(と私は思っている)『犬神家の一族』という横溝正史さん作の推理サスペンスを読んだことがある方ならなんとなくぴんと来たのではないかと思います。
でもそう素直に進むわけもなく。パロディを書くわけではないので。

第2話に出てきた老婆のセリフは聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ作者の方の『八つ墓村』です。
もちろんこれも素直になぞるわけもなく。

こんな具合で一体どんな騒動が起こるのか、少しはわくわくしていただけますでしょうか。
もちろん本の内容を知らなくても全く支障なく進んでいくのでご心配なく。
何せ私自身がうろ覚えなので(笑)。
スポンサーサイト

【2011/07/18 10:22】 | イタkiss納涼祭り2011 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック