企画中、サイトのほうも放置しておりましたが、そろそろサイトのほうも更新しようと思っております。
あまりぱっとしないかもしれませんが、私なりにぼちぼち更新していくことが多分この先も続けられるコツだと思っているので、のらりくらりといつの間にか更新されてる~という感じでいきます。勝手で申し訳ないです。

でもこのたびの異色な作に異を唱えることなく我慢強く読んでくださった全ての方に感謝をしております。
途中から面白くないと思われた方もいらっしゃるだろうし、こんなのイリコトじゃないと思われた方もいらっしゃるでしょうが、たくさんみなさんが押してくださった拍手のひとつひとつを本当にありがたく思っております。
これからも気に入らない話も中にはあると思いますが、よろしくお願いいたします。

続きから、企画ページにいただいた拍手コメントへの返信です。
9月20日
chan-BBさま
一つ目
コメントに遅いも早いもないですよ!むしろわざわざコメントをいただけて恐縮です。
話だけ妙に長くなりましたが、他の話を一切書けなかったのが心残りです。うーん、しまったなぁ。
確かにイタkissのようでイタkissじゃない話かもしれません。
あまりに異色過ぎて、違和感をもった方も多かろうと思いますが、ちょっとお試しにこんな話はどうだろうと書いてみたかったのでした。
ツン入江をどうやって琴子ちゃんに萌えてもらうか苦労しました。
私的にもここはかばってもらわないと、などと思っておりました(笑)。
サルは、琴子ならサルを頭に乗っけるだろうと思って迷わず乗せました!いや、自分の勝手なイメージです。
話はどうだろうな展開になってしまいましたが、とりあえず書き終わったのでほっとしました。
紀子ママが出てくる展開は…直前までどうしようかと思いましたが、皆さんに驚いてもらえてよかったです。
二つ目
ドクターNは、まさかあの人が?でしたか。
みんながドクターNの所業にもうどうしようもない人だなと書いているので、そんなどうしようもない人に書いてしまった私は笑うしかないです。
絶対婚活なんかしなさそうだなと最後の最後で気がつきました(遅っ)。
そんなにインパクト大であったなら、書いた私も本望でございますw
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。私も自分のペースでしかできないので、焦ることはありますが、ぼちぼち続けさせていただこうと考えております。

さくやさま
最終的には横溝どこ?状態でしたが、呆れずに読んでくださりありがとうございます。
イリコト湖に落ちるシーンは、私も琴子ならこんなふうに落ちるだろうと思いながら書いておりました。
九州でも琴子ただ一人だけじいちゃんに会っていることを考えると、琴子だからかなと思います。
今回の話もそんなところから考えたのでありました。
遊佐さんは、私は結構好きなタイプだったんですが、あまりにも押しが弱くて、田舎者だと自分でも気弱になっているところがいまいち存在感としては希薄だったかなと反省しております。そこがどっちつかずな感じを与えたかもしれません。どうせならもっと儚げに書いてしまえばよかったかも。
コメントまめにくださって、本当にありがとうございます。読んで下さっていることがわかり、ありがたかったです。

水玉さま
お祭り、楽しんでくださってよかったです。
いろんな方が参加してくださりありがたかったです(いつか参加してくださいませ!!)。
遊佐さんはちょっと気弱でしたよね。お嬢さんとの話も中途半端だったのがいけないと反省しております。
入江くんのあの態度は、嫉妬です(本人自覚なし、と思っております)。
それも曖昧すぎたかな…と。
うーん、書いてみてわかる反省点。次回もっとがんばります。
ドクターNは、何で今頃あの人!でしたよね。正直自分の数ある話の中ではあの方のその後を書くつもりは全くなかったのですが、ドクターNには手の届かない、しかも入江くんに関係のある人と思ったら、あの人しかいないという結論に至りました。
しかも何で病院に通っているのか考えたら、そうかそうかと一人で納得したのでありました(いや、他の方が納得していないくても…)。
サイトを開設してもう7年。その間にたくさんのサイトさまの楽しい話を読ませていただいて、本当に楽しい日々です。
またこれからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
9月20日
chan-BBさま
一つ目
コメントに遅いも早いもないですよ!むしろわざわざコメントをいただけて恐縮です。
話だけ妙に長くなりましたが、他の話を一切書けなかったのが心残りです。うーん、しまったなぁ。
確かにイタkissのようでイタkissじゃない話かもしれません。
あまりに異色過ぎて、違和感をもった方も多かろうと思いますが、ちょっとお試しにこんな話はどうだろうと書いてみたかったのでした。
ツン入江をどうやって琴子ちゃんに萌えてもらうか苦労しました。
私的にもここはかばってもらわないと、などと思っておりました(笑)。
サルは、琴子ならサルを頭に乗っけるだろうと思って迷わず乗せました!いや、自分の勝手なイメージです。
話はどうだろうな展開になってしまいましたが、とりあえず書き終わったのでほっとしました。
紀子ママが出てくる展開は…直前までどうしようかと思いましたが、皆さんに驚いてもらえてよかったです。
二つ目
ドクターNは、まさかあの人が?でしたか。
みんながドクターNの所業にもうどうしようもない人だなと書いているので、そんなどうしようもない人に書いてしまった私は笑うしかないです。
絶対婚活なんかしなさそうだなと最後の最後で気がつきました(遅っ)。
そんなにインパクト大であったなら、書いた私も本望でございますw
最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。私も自分のペースでしかできないので、焦ることはありますが、ぼちぼち続けさせていただこうと考えております。

さくやさま
最終的には横溝どこ?状態でしたが、呆れずに読んでくださりありがとうございます。
イリコト湖に落ちるシーンは、私も琴子ならこんなふうに落ちるだろうと思いながら書いておりました。
九州でも琴子ただ一人だけじいちゃんに会っていることを考えると、琴子だからかなと思います。
今回の話もそんなところから考えたのでありました。
遊佐さんは、私は結構好きなタイプだったんですが、あまりにも押しが弱くて、田舎者だと自分でも気弱になっているところがいまいち存在感としては希薄だったかなと反省しております。そこがどっちつかずな感じを与えたかもしれません。どうせならもっと儚げに書いてしまえばよかったかも。
コメントまめにくださって、本当にありがとうございます。読んで下さっていることがわかり、ありがたかったです。

水玉さま
お祭り、楽しんでくださってよかったです。
いろんな方が参加してくださりありがたかったです(いつか参加してくださいませ!!)。
遊佐さんはちょっと気弱でしたよね。お嬢さんとの話も中途半端だったのがいけないと反省しております。
入江くんのあの態度は、嫉妬です(本人自覚なし、と思っております)。
それも曖昧すぎたかな…と。
うーん、書いてみてわかる反省点。次回もっとがんばります。
ドクターNは、何で今頃あの人!でしたよね。正直自分の数ある話の中ではあの方のその後を書くつもりは全くなかったのですが、ドクターNには手の届かない、しかも入江くんに関係のある人と思ったら、あの人しかいないという結論に至りました。
しかも何で病院に通っているのか考えたら、そうかそうかと一人で納得したのでありました(いや、他の方が納得していないくても…)。
サイトを開設してもう7年。その間にたくさんのサイトさまの楽しい話を読ませていただいて、本当に楽しい日々です。
またこれからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

スポンサーサイト

【2011/09/23 12:06】 | イタkiss納涼祭り2011拍手返信 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック