イ 稲光 up

『稲光』は、裕樹編です。
琴子が金ちゃんの手料理を食べに行ったあの雨の日、です。
入江くんは琴子を迎えに行ってますが、裕樹および家族はまだ誰も知らない時間です。
裕樹にしてみれば、明らかに兄である入江くんは無理をしている。
琴子は当然入江くんを好きなはずだし、何故二人が離れなければならないのか、子どもながらもどかしく思っていたはずです。
入江くんが琴子を好きだと知っているのは、あの時点では裕樹のみ。
私は読むたびにあの裕樹くんの表情が気になるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソウ

Author:ソウ
いまだ創作に入れ込むオタナース主婦。イタKissの二次創作なんかをやっています。イタイやつですが、興味がありましたらどうぞ。
普通の日記はリンクから飛んでください。そちらは別の意味でオタク臭満々。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード