スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画『フ』アップしました

『フ』は入江くん、医学部にうつった後で。
正直、原作を読んだ時は、琴子の言葉がきっかけなんて思わなかったです。
後から思えばなるほどなと思うのですが、あのときのあの言葉で入江くんがまさか医師を目指すとは琴子だって思わなかったでしょう。
頭がいいとはいえ、医学の道はちょっとやそっとでは習得できない。何にしても膨大な知識が必要で、さすがにそこまで詳しくは知識として持っていなかったであろう分野。
医学書は山のようにあるし、論文発表は毎月のようにあるし、どんどん今まではわからなかった疾患も見つかっています。
私事ですが、私が看護学校に通っていた時は、まだC型肝炎が発見されて間もない頃で、non-Anon-B肝炎と言われていました。つまり、AでもなくBでもない肝炎、ということですね。それが今ではCどころかEとかも発見されていて、今ではC型も治療法が確立されつつある時代。それもこの10年余りの間にです。
新しい機械はどんどん開発され、器械はどんどんコンパクトになったり、今まで常識とされていた治療法が古くて否定されたりもしています。それを覚えなければならないのも結構大変ですが。
そんな風に新しい発見のある分野は、入江くんにとって新鮮であったのだろうと思います。
外科手術はその時々で技法も変わります。
今まで何でもできてわかると思っていた狭い世界を抜け、どんどんのめりこんだのだろうなと。
それを思えば、そんな世界があると示してくれた琴子は、特別になるでしょう。
あー、すみません、医学を語りすぎました…。

今回は本当は最後の最後まで不治の病、というテーマで書いていたのですが、結局変更しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ソウ

Author:ソウ
いまだ創作に入れ込むオタナース主婦。イタKissの二次創作なんかをやっています。イタイやつですが、興味がありましたらどうぞ。
普通の日記はリンクから飛んでください。そちらは別の意味でオタク臭満々。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。