2014_01
02
(Thu)18:06

ブログ拍手コメントありがとうございました85

年明けて、あまりろくな夢を見ていません。
初夢は何故か堂上教官に堂上教官お手製おせちの自慢をされたことでした。
いわく、郁はこれが好きだの、この味付けは苦労しただの諸々…。
えーと、あなた、小説の中の人ですよね。
二次創作の読みすぎですか。(年末にオフ本をずっと読んでいた)
もちろん堂上教官の顔はぼけてどんな顔だったか覚えておりませんが、そんな台詞だけ延々と続いたのを覚えています。
堂上教官に萌えるのを通り越して、気分は「ああ、はいはい」という感じでした。
ちなみに私の立ち位置もどんなものだったのか覚えていません。夢だから。
何で堂上教官と知り合いだったのかとかそういう細かい設定話でいきなりそれしか覚えていないので、こんなことあるんだなぁと起きてから思ったものでした。

続きから、ブログ拍手にいただいたコメントへの返信です。
12月31日
水玉さま
年末にちゃんと来てくださってありがとうございました。
関東では放送していたのですね。
今度はパート4ですか。雪のちらつく中でのシュミレーションがすごく頭の中に残っていて、今は寒い時期だし、書いてしまおうと思って書いてみました。
琴子ちゃんもちゃんと見守っていいますが、そんな遠くから見なくても…と思いましたが、そうか、近寄っちゃいけないんですね、きっと。
船津君も西垣先生も腕はいいのに、何故か入江くんの下扱いです(笑)。
年始スペシャルが、年始といわれている松の内に更新したいと思っております。
今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック