長編『大江戸恋唄』19アップしました

19話目です。
結構長くなりましたね。
今回はお琴編で、次回は直樹編の予定。
なので、ほとんど直樹は出てきません。
でもここのところ私はコミックと首っ引きで書いております。大江戸になると少し設定や言葉を変えないといけない部分があり、修正しつつ進んでおりますが、後になって時々こっそり手直ししたりもしております。
気を付けてはおりますが、誤字脱字がありましたら教えてくださるとありがたいです。

追記
その1、拍手更新はもう少しお待ちください。
その2、そろそろ同好会更新したいなとも思っております。
スポンサーサイト
イタKiss広場 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/05/08 15:11
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ぴくもんさま
こちらこそお久しぶりでございます。
最近よそさまへの出没率減っていますもので。
今回もお読みいただきありがとうございます。
ぴくもんさまのマーキングで大受けです!!
そうですよね、匂いつけて、自分のもの状態ですよね。
いや、ちょっと思いついていなかったです。そうかーマーキングだ。
お裕との話の部分は、書きながら会話したことなかったはずなのに、何くだけまくってるんだとちょっと思いましたが、なんとなく直樹をはさんでの敵対心からそうなったのだということでご納得いただけるとありがたいです(笑)。
次…うまく書けるかどうか、がんばります。
なんだかみなさんコメント順番に下さるので、ありがたいやら申し訳ないやら。
コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 水玉さま
二人のラブ…はあと2話くらいお待ちいただければ、多分。書き直して増えない限り、多分…。←いい加減
お裕さんをいい人にしたかったのは、私の趣味です。松本姉は、なんだかんだと琴子を認めていたお人なので、結構正々堂々としていたし、大江戸でも出してみたいなと思っていたのでした。予想外に活躍してますが。
お香の調合具合は実はよくわかっていないのです(笑)。水玉さまもお香が出てきますが、どんな感じかな~と想像するのみです。
お香自体は茶道をやっていた時にいくつかご指導いただいたのですが、よくわからないまま過ぎてしまいました。家にあるお香をたくと、線香だと言って嫌がられるんです(笑)。情緒もない…。
ああ、そうです。一番最初に出てきたあれ、ちゃんと出てくる予定ですが、そこに至るまでまだもう少しです。皆さん憶えているかな~。
私も頭の中にはお琴ちゃんだの烏帽子の東宮様などいろいろ浮かぶのですが、画力はないので想像するのみです。医師の入江くん、歳をとったらできれば総髪でいてほしいなぁ、とか。
江戸の頃って、やぶと名医の差は大きいですよね。金持ち専門とか武家のお抱えとか、御典医とか、小石川養成所とかいろいろ調べていると面白いです。

すみません、磐音のイケメン度は知りません(笑)。そんなことはどこにも書いてません。おこんさんは小町なみに美人ですが。なんとなく人並みに少し武士としてそれなりのお顔ではないかと思われますが、きっと剣を振っているときはかっこいいのでしょう。ドラマも結局見ていないので(NHKのやつです)、あまりイメージは固まっていないです。でも普段はぬぼーっとしてそうですよね。
そろそろ磐音シリーズも最新刊に到達なので、佐伯さんの他のシリーズをこれから読もうと思っています。
あ、お勧めありがとうございます。そろそろ他の方のも読みたいと思っていたところでした。平岩さん、読んでみます。
コメントいろいろありがとうございました。

管理者のみに表示