2014_05
25
(Sun)18:10

長編『大江戸恋唄』21アップしました

こんにちは、毎日爆睡していた管理人です。
一週間何もせずに放置しました。
正確には十日ですが、前回アップして三日くらいは早く次を出そうとがんばっていたのですよ、これでも。
まあ、そんな言い訳は置いておいて、いよいよ雨に突入です。
ご都合主義は置いておいてください!(にこっ
こまけーことは気にすんな。←お前が言うな

さて、続き続きと書き始めて、おーまいが!お嬢を出してしまった!
やはり避けて通れないか…。
そのうち出てきます。お覚悟ください。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/26 (Mon) 21:26 | # | | 編集 | 返信

Re: たまちさま

コメントありがとうございます。
雨のシーン過ぎればお嬢大丈夫でしょうか。でもやはり警報は出すことにします。お嬢が出たー!と。
縁談が進みかけているところにお琴はわざわざ来るだろうかとしばらく悩みましたが、それでもお琴の性格からするとお礼は言いに行くだろうなと話を進めることにしました。
お紀もいろいろ妨害したかったとは思うのですが、本人がお琴を振って見合い進めるというので、いたしかたなくといったところでしょう。 原作もそのあたり読み込んだのですが、会社のこととかも考えると難しいのかなと。もどかしいですよね、このあたりは。
西垣氏は茶屋とかのんびりくつろいでいそうですよね。きれいどころ侍らせて。
そして、あのシーンをあんなふうにしてみました、という感じです。金ちゃん、ここで振られて、みたいな(笑)。
そしてなぜお琴のところに現れたのか。うん、きっとお琴センサーでもついていたんだよ。ハッ、もしかしてストーカーか?!

2014/05/27 (Tue) 15:47 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック