2014_06
29
(Sun)19:11

長編『大江戸恋唄』26アップandサイトweb拍手更新

26話目です。
今回は長崎に行く前のちょっとしたイチャイチャが書ければいいなと思い実践してみましたが、うまくいきましたかどうか。
えー本当はいろいろ書こうかと思いましたが、連日忙しくて何も思い浮かばなかったのでこれで。

それからサイトのweb拍手も更新しておきました。
うん、どうってことない内容ですが、とりあえず次へのつなぎとして。
おまけも今回は入れておきました。
よろしければポチポチしてやってくださいませ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/29 (Sun) 20:29 | # | | 編集 | 返信

Re: たまちさま

コメントありがとうございます。
大泉屋から断られたのは表向きなので、噂だけなら山ほどですよ。
お琴はお世話すればするほど正直いろいろと邪魔なはずですが、とりあえず怒鳴りつけるよりも貴重な時間を優先して好きにさせているんだと思います。
そう言えば昔の家なんて部屋の仕切りは襖だし、欄間あるし、声なんて筒抜けじゃ…と思ったのでありました。
タイミングよく現れるのは、そりゃもうお約束ですよね
そうです、ふんどしは、正直散々悩みました。
身につけるもの…身につけるもの…とか、お琴のように。
結局はああなりましたが、お琴が身に着けていた着物を大事な部分に巻くなんて、どんだけ拷問?!とか思ったら、自分でも笑えてきて、もうこれでいいやみたいな。お琴は絶対気が付いていないでしょうが。

しかし、10巻の後から強引に神戸エピにまで引っ張りました。結婚してませんが。
いっそ襲ってしまえと思わないでもなかったのですが、いくらなんでもいきなり裏突入はできませんでしたので、ここはひとつ我慢してもらおうかと。
この先どうなるか、また読みに来てもらえたらと思っております。

2014/06/30 (Mon) 18:47 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック