2014_07
21
(Mon)12:35

長編『大江戸恋唄』27アップandweb拍手更新

27話目です。
直樹は長崎へ。一方残るお琴はお江戸で直樹のいない生活になりますが、早速雲行きが…といったところです。
ちょっとお時間いただきましたが、私自身の時間がとりにくいこととPCの争奪戦に負けていまして(マイダーリンが仕事で使用)、今後もちょっとペース落ちるかもしれません。
今のうちにと私はただいま江戸の資料とにらめっこしてできるだけ長崎編をうまく乗り切ろうと画策中です。
あれこれリアリティには欠けるかもしれませんが、そこはおひとつ見て見ぬふりというスキルを駆使していただければ有難く存じます。

web拍手も更新いたしました。
あれれという内容かもしれませんが、とりあえずそこを乗り切ってから次行こうかと。
拍手SSの内容にそう言えばと思ってくださった方、もしも原作のどこかにそんな記述がありましたら間抜けな私めにご教授くださいませ。読み込んでいるつもりですが、見落としも多々ありますので。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/22 (Tue) 07:25 | # | | 編集 | 返信

Re: たまちさま

夏休み突入で、既に弁当と学童送りに早くも疲れが…。←早すぎ

感想コメントありがとうございます。
長崎、今でも十分遠いのに、昔は交通機関もいまいちで大変だったでしょうね。
そう、問題は神戸編のように気軽にお琴が行けないところです。女が出られるのは伊勢参りか湯治くらいですものね。
しかもちょっと調べただけでも川をどんだけ渡らないといけないんだという。船から人足までそりゃ大変だぁと私は感心しているところです。←調べた成果
実はお琴の懐に入れるものを考えるだけで一週間ほど費やしました。懐に入れてもおかしくないものって何ー?!と。
九州への道筋調べたりと下調べだけで時間かけて(そんなにシーンとしては使わないのに)、そんなこんなを繰り返して更新遅くなっているわけですが(笑)。
ようやく出てきましたよ、啓太。
危うく忘れるところでしたw
もともと啓太は勘違いさんなのでいいんです。この先の泥沼を渡っていただきましょう。ちょっと楽しい私でした。

2014/07/23 (Wed) 18:59 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック