サイトweb拍手コメントありがとうございました76

文章をあれこれいじっていると、そのうちこれは本当にこれでいいんだろうかと思い始め、そうなるともうなんだか気になって先に進まなくなったりします。
江戸ものを書いていると、なるべくカタカナ言葉を使わないようにと思うせいか、何かうまい表現はないものかとそこでストップしたり。小物を出すにあたって、この時代にこれはありだったろうかと調べ始めると、調べる方に夢中になってそのままその日は放置とか。
いろいろ本末転倒なことをやっております。
できれば早く終わりまでたどり着きたいものです。
ここまで長いものをくのは初めてですので、いろいろやらかしているかもしれませんが、あともう少しお付き合い願えればと思います。

続きから、web拍手にいただいたコメントへの返信です。
8月3日
たまちさま
こちらにもコメントありがとうございます。
坊ちゃまに先にばれる予定ではなかったんですが、予定変更してみました。
五歳児が精一杯胸を張って琴子を見上げているのを想像したら、なんとなく可愛くないですか。私はそんな坊ちゃまをかわいいと思いながら書いております。
五歳児だからぺいっと動かせばそれで済むのに、それができない琴子にひそかに萌えです。
持ち上げたら…怒るでしょうねぇ。
スポンサーサイト
サイト拍手返信 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/05 22:58
コメント

管理者のみに表示