長編『大江戸恋唄』29アップしました

29話目です。
まだ長崎に着いていないとかいう突っ込みは甘んじて受け止めます。
あと何話くらいか…。
長くてすみません。
無駄なうんちくすみません。
大江戸に慣れない方が親しんでくれればいいなと思っているだけです。
うっとおしかったら読み飛ばしてください。
…でも読んでくれると苦労が報われます(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: たまちさま

コメントありがとうございます。
坊ちゃま持ち上げ…たまちさまに言われて私も思い出して吹き出しました。脳内は琴子と坊ちゃま変換でwアニメでもちょうどありましたからね。持ち上げられてわたわたする坊ちゃままで浮かびましたよ。

直樹の道中記はもっと長々書こうかとも思いましたが、あまりにも蛇足かとかなり削りました。ちなみに私も小学生くらいの頃には100ワット使いましたよw今は言いませんよねぇ。
文はきっとそれほど長くないと思われます。ちょこっと書いて送るのがせいぜいな気もします。
夕飯の味付けはともかく、とりあえず花嫁修業中のお琴です。なのできっと直樹が帰ってきた頃には何とかお腹を壊さない程度の飯が作れるようになるのだと思います、多分。
奉公人のみならず、噂を聞きつけた町人もお琴大明神とか言って、その背中に手を合わせてるんですよ、きっと。商売繁盛間違いなし!
でも、お琴が泣いたら察知して文が届いたらホラーですよね(笑)。
今回もコメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 水玉さま

コメントありがとうございます。
あちらが終わって一息ついたところでしょうに、こんなところにまでおいでいただいてもったいない(笑)。
江戸情報は、入れようかどうしようか毎回悩むのですが、当たり前のように話を進めてしまうと、江戸なんかただでさえわからないのに、ますます読む気なくなるよなあという気持ちもあって、結局うんちくよろしく入れてしまいます。それでも江戸に詳しい方が読んだら鼻で笑われるだろうと思いますが。
お琴ちゃん、きっと文なんて届いたら大事だろうな~と。
神戸編では文明の利器、留守番電話がありましたが、江戸にはないので苦労します。
そして、背後から迫る直樹…怖すぎです!何ですかそのホラーw
お琴が泣くとどこからワープしてくるんだという突っ込みも入りそうな直樹。もしくは泣かせた人の夢の中に出てくる悪夢とか?
こわっ!お琴大明神ならぬ直樹天満宮(あたかも大宰府に流された菅原道真のように)並です。
早く長崎から帰ってもらいたいものです。
私の中の予定では、夏には終了の予定だったのに、さすがいい加減な執筆計画と自分を罵っております。
とりあえず少しでも早く終わるように励みます。
プロフィール

ソウ

Author:ソウ
いまだ創作に入れ込むオタナース主婦。イタKissの二次創作なんかをやっています。イタイやつですが、興味がありましたらどうぞ。
普通の日記はリンクから飛んでください。そちらは別の意味でオタク臭満々。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード