2014_12
20
(Sat)18:24

企画『良薬は口に苦し』アップ

このままだとマジでクリスマス終了すらも危うい感じです。
もう終われよと思っている方々、すみません…。

そしてドクターN、最後を書くつもりでいますが、まだ書けてません。
お待ちください。←こればっかり

続きから『り』話です。

『り』は、風邪ひき時の大蛇森で。
ひどい風邪をひいていた割には回復が早いじゃないかという裏設定。
大蛇森が思わず吹き出すほどの苦い薬とは…。
いやいや、普通の漢方に入江ミックスと呼ばれる特別な調合薬を加えたものだったり。
調合方法は秘密さ。
薬局でこんな会話あったり。

「出たわよ、入江ミックス」
「入江ミックス入りました!」
「入江ミックス…。今度の犠牲者は誰かしら」
「大蛇森先生だって」
「ああ、大蛇森先生かぁ。最近おとなしいと思ったら風邪ひいていたのね」
「よりによって入江先生に頼むなんて」
「でも、結構効くらしいわよ、これ」
「中身は入江先生しか知らないのよね」
「いつの間にか補充されてるし」
「ああそれね、家族が風邪をひく頃になるとちゃんと補充されてるの。でも、家族用と他人用と分けられてるのは何故かしらね」
「どうだろう、苦さが違ったり?」
「…ああ、なるほど」
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/20 (Sat) 21:48 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/20 (Sat) 21:50 | # | | 編集 | 返信

Re: たまちさま

先日の雪では名古屋の方の実家は、まさに積もりすぎてやばいと言っておりました。
こちら居住地では、そこそこ。でも、車を出そうかどうしようかかなり迷ったくらいです。
幸い仕事に行く時間前までには道路の雪も解けてきておりましたので、大事には至らずに済みました。

大蛇森先生の風邪っぴき話でしたが、大蛇森ウイルスの蔓延の原因がここにw
確かに入江くんは大蛇森のために病棟に来たわけではなく、あくまで仕事上のため、琴子センサーのため?
でも、意外に大蛇森の入江センサーの正確さに私がガクブルですよ。
渾身の文章は、書きかけてはっとして、力いっぱい削りました(笑)。いや誰も読みたくないだろうと思って。
まさに無駄な描写の数々です。
そして入江ミックス。いったいどんなレシピなのか、医療関係者の私でもわかりません。
でも、苦くても本当に治るなら処方してほしいです。
でもちゃんと苦手な大蛇森先生にも処方したところは、入江くんを褒めてやってくださいませ。まあ、真相はその風邪っぴきでうろうろして琴子に風邪をうつされてはたまらないといったところでしょうが。
コメントありがとうございました。

2014/12/21 (Sun) 22:56 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: ねーさんさま

えー、あの皆が躊躇するげろげろ文章を読みたいと?!
すでにBLの世界に突入するんじゃないかと思うくらいの文章を書きかけてはっとしたくらいなんですが(笑)。

入江ミックス、どんな風にして保管してあるのかとか、結構細かい設定具合まで考えてしまいました。ええ、大学病院の調剤部も以前はうろうろした覚えがありますもので。
専門外の先生でも、受け持ち患者が風邪をひいたら風邪薬は出さないといけませんからね。でも、難しい症例になってくると専門科にお任せしてしまうので、自分の専門外はどんなに簡単な症例でもあまり診ませんよ。
町医者の方がよほどオールマイティだと思います。私もほぼ全科を相手にします。
入江ミックスは、そのうちまた出てくるかもしれません。
さて私の話が読み返すほど価値があるかと言われればないと思いますが、お暇つぶしにはなると思われますw
コメントありがとうございました。

2014/12/21 (Sun) 23:03 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック