長編『大江戸恋唄』35アップandサイトweb拍手更新

長らくお待たせしました。
ようやく大江戸の35話目をアップすることができました。
何をそんなに時間がかかったのかって、何と言っても廓であり、丸山であり、廓詞ですよ。
長崎弁だのなんだのをいろいろ研究してはみましたが、所詮地元人じゃないのでお手上げ。
もうなんちゃってなんだから、そこまでこだわるの止めようという結論に至るまで長かったです…。あほなこだわりですみません。
それでもって忙しい時期でもあり、お時間をいただきました。
次はもう少し物語動いているといいなと思っておりますが、何よりも更新遅すぎなのがいけないですよね。年末に終わらせるつもりでいたのに…。
最後を目指して頑張るのみです。
気長にお付き合いくださるとうれしいです。

サイトweb拍手も更新しておきました。
誕生日編です。
新春スペシャル、たくさんの方に読んでいただきありがとうございました。取り下げさせていただきました。いずれ再掲させていただきます。
スポンサーサイト
イタKiss広場 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/03/03 00:27
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: たまちさま
そうなんです。時代物はどこまで考証して、どこからなんちゃってにするか、悩みどころではあるんですが、どうせ商業作家のようにはいかないとわかっているので、今回も適当なところで手を打ちました(笑)。

啓太はやはりイライラ要因としては欠かせません。今回の件をきっかけに後にまで嫌味を言われ続けるという…(大江戸蝉時雨参照)。
太夫に言い寄られてもそでにする男、直樹。不能か童○wかと思われているかも。ま、ある意味正しいのかもしれませんが。
ようやく文が届きました。
何にせよ、すぐに反応できないのは大江戸の辛いところであり、面白いところなのかもしれませんが、とりあえず一人で悶々としていればいいよと私も思ってしまうのでした。
コメントありがとうございました。
Re: 紀子ママさま
花魁も形無しの直樹の無視ぶりですが、それこそ花魁に興味ないなんてもしやなんて思われてそうです。
禿は幼い頃から辛い境遇ではありますが、自分が売られることによって家族が助かるとか思ったりするのでしょうね。
原作の中でも琴子は男友達との距離も結構近いですよね。だからこそ多大なる勘違い男を生み出してしまうのかもしれませんが。
それがわかっている直樹ですが、いいところだと思いつつやはり面白くなかったりするのが読み手にとっては面白いところなんですが。
更新遅くて、どれだけ時間かけているんだと思われるでしょうが、ちゃんと完結だけはしますので!
お待ちくださればありがたいです。
コメントありがとうございました。
Re: sanaさま
更新お待ちいただけるそのお心だけでもうれしいです!
ほんわか、しますかね。あまり殺伐とした話は好みじゃないのは確かですが、波瀾万丈も難しいですよね。
皆さんの二次を読みつつ私もあれこれ考えながら書いている次第です。
コメントありがとうございました。

管理者のみに表示