2015_04
09
(Thu)13:19

長編『大江戸恋唄』38andサイトweb拍手更新

珍しく、そりゃもう更新の遅い私にしたら珍しく筆が進んだので更新です。←いばるな

大江戸の38話目と拍手の坊ちゃまの28話目とおまけのもしも幼稚園編の2話目です。

まずは大江戸。
オリジナルが過ぎないかと思う回ですが、この前振りが必要なんですよ~という先が読めようが構わず突っ走ります。
このひと騒動を乗り越えてもらわないと。
うまく書ききれるかどうか、私も頑張ります。

坊ちゃま。
ごめん、クリスマスまだ終わらない。
前振りっつーことで。

おまけの幼稚園編。
こちらも前振り。
お約束な話を入れたかったんだ。
これは後のことを考えたら入れねばならない話でした。…という私の都合。

お気に召したならご一報ください。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 15:22 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/09 (Thu) 16:35 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/04/11 (Sat) 00:00 | # | | 編集 | 返信

Re: マロンさま

大江戸の坂巻も味方になってあれこれやってくれるなら、おもとの苦労も半減されるかなと思います。
次からの展開にやや頭を悩ませるところですが、実際にあの時代に流行した病は大変だったろうなと思います。調べれば調べるほど医学の進歩はすごいなとも改めて思うのです。

坊ちゃまは、普段離れているので、成長を感じるだろうなと思います。
二、三年前…それは後からのお楽しみということでw

幼稚園編、呆れずに読んでくださるならよかったです。
一人で直樹先生に喜んでいるのもなんだなと思っていましたので。
もう少し書こうという気になりましたのでお楽しみに。

三つともコメントありがとうございました。

2015/04/12 (Sun) 06:55 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: たまちさま

坂巻はすねかじりどころかかなり肩身の狭い立場ですよね。後から生まれたばっかりに。
佐賀屋で働くことができるのかとこれも少々悩みましたが、あまりそこまでこだわっていないという人物ににしましたので、いけるかなと。
きっと直樹も武士らしくないと思っていたのかもしれません。
ついお琴に惚れてしまうことのないように、きっと坂巻自身もおもとも二人して警戒しているだろうなと思います。長崎から呪い飛んできそうですしね。
でも逆にそうした煽りをして楽しむのありかなとか。あ、そこまで図々しくなさそうだし、せいぜい文送って報告するくらいかな。
西垣だったら、煽りまくって後でずったずたにされそうです。
さて、ころり。出しちゃいましたよ。どうなることやら。でも幕末で医師で、出してみたかったんです。あ、JINにもありましたね…。いや、パクリじゃないですっ。
コメントありがとうございました。

2015/04/12 (Sun) 07:03 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: 水玉さま

いや、こちらこそお久しぶりです。最近よそへのコメントさぼっておりますもので。
幼稚園編、そっちですか!←ちょっと意外だった
いや、あれを受け入れてくださるとは。
琴子が先生になるとなんとなく想像できるのですが、二人して先生だったらどうなるかと思って書き出したのです。どちらか一方が先生というのはいろいろあるので。
もしもなので、設定自体がすでに変わってきますが、一応少しずつ出していくつもりです。
問題は、私の更新が遅い、というだけで。
入江先生、そんなに口が悪くてよくやっていけますよねというところを書きたいのです。
そんな無愛想先生をご期待ください。
コメントありがとございました。

2015/04/12 (Sun) 07:08 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック