2009_07
30
(Thu)21:36

…届きました

今日の予定だとお伺いしておりましたので、ずっと朝からお待ち申し上げておりました。…が、届かない。
今日はなしか…と諦めかけた頃、夕食時分に帰ってきたマイダーリンが帰宅。
そ、その手に持っているのはっ!いつの間に?!いつ、いつ届いたんだ?!
「あ、届いていたよ」
「わ~~~~~!」
思わずバカみたいに大声を上げて奪いました。
「…何、それ」
「こ、こ、こ、これは本です」←怪しすぎ
「ふーん」←疑いの目
でもその場で開ける。
「もしかして著作権侵害もの?」
…う、バレバレです。
「その通りだっ」←開き直り
開けただけでもったいなくて読めない。というより、さすがにマイダーリンの目の前で読めない。
「あれ、イタKissじゃん。珍しい。見せて」
や、やめてくれっ。
「あの、私もまだ見てないんでご遠慮願いたいんですが」
「ちょっと表紙見るだけじゃん」
「折り目つけたくないのよっ」←マジ
必死の抵抗をするまでもなく、イタKissに興味のないマイダーリンは、表紙だけ眺めて満足したらしく、そのまま返してくれました…ほっ。

今、手元にあるんですが、怖くて開けない…。
何で一番前にあるんですか…orz
他の人のところだけ読みたいんです。
もったいなくて読めないです。
でも、早く読みたいです。
ああ、でもすぐに読んでしまうのはもったいなさすぎる。
どうしよう、こんなものひとさまに出したなんて何て恥知らず!
どうしたらいいんだ。

心の臓がどきどきで息苦しいです。過呼吸になりそうです(爆)。
感想は個別に後日また。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック