連休中に更新するかもと期待を持たせておいて裏切った管理人です。
…仕上がりませんでした。
というわけで少し遅れましたが、更新です。

大江戸の40話目。
もう40話ですって。ちょっと長すぎますね。でもあと少しがんばります。

サイトのweb拍手は坊ちゃまの30話目。
こちらも長いですね…。坊ちゃま成長するのいつだろう。

そして、今回の目玉。←誇張
以前拍手倉庫におさめたものの続編?のようなものを。
これ書いてるうちに楽しくなってきて、連休中ずっとこれ書いていたら、大江戸書けませんでした…。
何食わぬ顔でこれだけ更新しようかと思いましたが、一応思いとどまりましたw

楽しんでいただけると幸いです。
スポンサーサイト

【2015/05/08 21:35】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
私もPC向かいながら寝落ちあります(笑)。
でもまだ風邪をひく季節ですので、お気を付けくださいませ。コメントも慌てずにどうぞ。

多分ちらほら亡くなっている方もいたのでしょうが、そこまで出すのは大変なので省略しております。
了安堂は割と浜の方から遠いとは思うのですが、一度感染が広がればそれどころじゃないでしょうし、腕のいい先生ですから大変だったと思います。
おもともお紀も確かにお琴が心配でしたが、二人は佐賀屋にとってもなくてはならない人たちですので、お琴のためと言えど安易について行けなかったのだと思います。
皆から一斉に文が届いて、どれもこれもお琴をかばうかのような文では、そりゃいたたまれないでしょう。
ずっとそばにいた坂巻にさえ嫉妬する直樹も楽しいかなと。
最初に書いていた設定では、京者死ぬところでした(笑)。ま、やめたんですが。
太夫はどうでしょうね。
あまりにも簡単に袖にしたのでプライドがあるのではないでしょうか。もしくはやはり直樹に惚れちゃったとか?
でもそうやって気を持たせるのも花魁の手法ですしね。
うまくかわして江戸へ早く帰ってこい~ですよ。
コメントありがとうございました。



Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸は出来すぎというくらい皆無事を目指しました。
いえ、本当は京者亡くなる予定だったんですが(笑)。
二人は遠距離もいいところですし、文もなかなか届かないし、もどかしいだろうなと思います。
いつもお琴ばかりが心配するのではなく、たまには直樹も心配してみろという私の思いが詰まった40話でした。
お店に関しては次回まで持ち越しです。お待ちください。

坊ちゃまは、寂しいのは自分だけではないんだと思ってくれたならいいかなと。
いつも元気いっぱいに見える琴子だってそういう部分はあるんだよとわかってもらうシーンでした。
むしろそういう部分も知っているからこそ、琴子は元気にふるまうんだってことわかってもらえたらなと思ったのでした。
おまけの話は、TLジャンルのコミックは、私もさすがに電子コミックでしか買ったことがありません。あれ本屋で買うとなったら勇気いりますよ~。
電子コミックのサイトだと、ただで読めるものもありますから、気になったら眺め読みしてみるとうわ~こんなのかとわかるかもしれません。もうタイトルだけでツッコミできるくらいですよ。
私は琴子のいつまでも少女のような感じは嫌いではないので、毎回そんな感じの話を書いてしまいます。
野獣入江くんも二次の醍醐味だと思って開き直ります。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/09(Sat) 06:35 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/09(Sat) 17:30 |   |  #[ 編集]
Re: たまちさま
私もPC向かいながら寝落ちあります(笑)。
でもまだ風邪をひく季節ですので、お気を付けくださいませ。コメントも慌てずにどうぞ。

多分ちらほら亡くなっている方もいたのでしょうが、そこまで出すのは大変なので省略しております。
了安堂は割と浜の方から遠いとは思うのですが、一度感染が広がればそれどころじゃないでしょうし、腕のいい先生ですから大変だったと思います。
おもともお紀も確かにお琴が心配でしたが、二人は佐賀屋にとってもなくてはならない人たちですので、お琴のためと言えど安易について行けなかったのだと思います。
皆から一斉に文が届いて、どれもこれもお琴をかばうかのような文では、そりゃいたたまれないでしょう。
ずっとそばにいた坂巻にさえ嫉妬する直樹も楽しいかなと。
最初に書いていた設定では、京者死ぬところでした(笑)。ま、やめたんですが。
太夫はどうでしょうね。
あまりにも簡単に袖にしたのでプライドがあるのではないでしょうか。もしくはやはり直樹に惚れちゃったとか?
でもそうやって気を持たせるのも花魁の手法ですしね。
うまくかわして江戸へ早く帰ってこい~ですよ。
コメントありがとうございました。

2015/05/11(Mon) 13:18 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
Re: マロンさま
大江戸は出来すぎというくらい皆無事を目指しました。
いえ、本当は京者亡くなる予定だったんですが(笑)。
二人は遠距離もいいところですし、文もなかなか届かないし、もどかしいだろうなと思います。
いつもお琴ばかりが心配するのではなく、たまには直樹も心配してみろという私の思いが詰まった40話でした。
お店に関しては次回まで持ち越しです。お待ちください。

坊ちゃまは、寂しいのは自分だけではないんだと思ってくれたならいいかなと。
いつも元気いっぱいに見える琴子だってそういう部分はあるんだよとわかってもらうシーンでした。
むしろそういう部分も知っているからこそ、琴子は元気にふるまうんだってことわかってもらえたらなと思ったのでした。
おまけの話は、TLジャンルのコミックは、私もさすがに電子コミックでしか買ったことがありません。あれ本屋で買うとなったら勇気いりますよ~。
電子コミックのサイトだと、ただで読めるものもありますから、気になったら眺め読みしてみるとうわ~こんなのかとわかるかもしれません。もうタイトルだけでツッコミできるくらいですよ。
私は琴子のいつまでも少女のような感じは嫌いではないので、毎回そんな感じの話を書いてしまいます。
野獣入江くんも二次の醍醐味だと思って開き直ります。
コメントありがとうございました。
2015/05/11(Mon) 13:51 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック