2015_05
11
(Mon)13:08

サイトweb拍手コメントありがとうございました92

今回無駄に目玉!と誇張したお陰か、感想たくさんいただけて大変うれしゅうございました。
また思わず感想を書きたくなるような話を目指して頑張ります!
あくまで拍手の話はメインではないので、結構あれこれ書き散らしているので、また新シリーズ出てくるかもしれません。短いので書き終わるのが早いのです。
メインの話の方もちゃんと書いていきますよー。

では、続きから、5/9にサイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。
5月9日
たまちさま
一つ目
入江家のクリスマスはお屋敷ですし、外国人のお客様や親戚などたくさんの方が泊まって
たと思われるので、きっとプレゼントとかもツリーの下がスマートではないかと思いました。
名無しのプレゼント、バレバレですがね(笑)。
ぎゅっと抱きしめられちゃうところが六歳の坊ちゃまですよね。いつか逆になるといよw
二つ目
おまけですが、あの手の漫画は最近多いと思うんですよ。しかも刺激が強くて。
いえ、私いい大人なので平気で見られますが、あれは子どもにはちょっと…と思ってしまいます。そんな漫画を見せられた琴子はどんな感じだろうかと。
しかも似たようなことされてんじゃないの、みたいな。
そうそう、あんなシチュエーションでもあるあるだったら笑えると思って。
つい勢いで書いてしまいました。
コメント二つ、ありがとうございました。

ねーさんさま
一つ目
あら、読み逃げできなかったとは、何とうれしいお言葉。
私が楽しんで書いたので、同じく楽しんでいただけたならよかったです。
そうです、あのハーレクイン編の続編ってどうしましょうと思った時に思いついたので、あの祭りチャット時のリクエストと思っていただければ。
そしてあの感想は、常々思っていることでして…。
いたいけな女子高生やなんかが参考にしちゃだめよーみたいな展開多すぎとか思います。
まあ、漫画としては教室とかのシチュエーションとか普段ならげーっの組み合わせでも楽しめるんですが。
そんな敏感設定ばかりありえねーとか、そんな嫌よ嫌よもとか、設定上仕方がないんですが、それはそれで割り切って楽しむのがよかろうと思いつつ、ついどこかで親としての意識が…。
はい、涙目琴子ちゃんとかいつか裏にも使えそ―とアイデアは取っておくことにします。
二つ目
さかのぼっての感想ありがとうございます。
悦子さんが亡くなったの十二月設定見た時、これは相当かわいそうと思ったのです。
しかも悦子さん病気設定ですしね。
そう考えると琴子にとって十二月って、あれこれ思い出す季節だろうなと思いました。
そういうわけでいつもよりちょっと寂し気な琴子ちゃんを書いてしまいました。
三つ目
で、元気になったかというと、30話目で結果的には元気になったのではないかと思います。
雪合戦、他の人誘わないの?と私も書きながらツッコミましたが、琴子なので気づいてないんですよ。
果たしてこの年、東京に大雪降るんだろうかと思ったりして。
ま、あくまでお約束ですからいいんです。
私も坊ちゃまいい加減早く大きくならないかなとか思ったりします(笑)。
でも、小さい頃エピソードは一通り書きたいのでもう少しお待ちくださいませ。
そして、ねーさんさまの妄想、それやると何かの条例に引っかかりそうです(爆)。
三つのコメント、ありがとうございました。

のののさま
TLジャンル、最近電子コミックでは大流行りですよ。
そういう私もとてもあのタイトルと表紙では実際に買えませんので、電子コミックを利用です。
もうタイトルだけで結構笑えます。
今回ありそうなタイトルを少しひねってつけてみました。
女の子も当たり前のようにああいう話を読んでみたいんでしょうね。というか、もうああいう感じが普通になってるとか?ええ、それもちょっとどうかとは思いますがね。
でも私はいい大人なのでそういうシチュエーションも笑いながら参考にしてしまうのですが。
そうなんです、のののさまの話、期待しております。
二次の世界ではやりまくりみたいな野獣入江くんですが、それもまたTLと同じような思考かなとか。でも読者大人ばかりだし、そういうのを期待してると思うので気にしませんw
楽しく書いて読んだもの勝ちです。
コメント、ありがとうございました。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック