2015_06
02
(Tue)19:26

長編『大江戸恋唄』41アップandサイトweb拍手更新

ようやく41を書き上げることができました。
今回は単に私の中ではつなぎの話だったせいか、うまく書けなくて進みませんでした。
茶屋娘は名前出ていませんが、彼女です。
坂巻さんは結局あんな感じになってしまいました。
これでも途中までやめさせる気満々だったのです。
書いていくうちに気が変わった例でした。

坊ちゃまは31話目。
あらもう?という感じです。
今後にご注目。

おまけは、突然思いついてノリで書いてしまい、現在4話分書き溜めました。
順番に出していきます。
もうバカ話ばかりですが、よろしければちょっとしたお暇つぶしに。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/02 (Tue) 22:21 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/03 (Wed) 00:34 | # | | 編集 | 返信

Re: たまちさま

結局買ってしまったらしいです。というか、かなり最初の伏線回収ですね。
どうやって渡すのかは後でのお楽しみで。
さあて、今後の展開にもちょいと私は悩みどころなのですが、何とか頑張って進めます。
啓太と茶屋娘とおもととこれでちょっとした知り合いに。髪結の彼女はすでに佐賀屋には出入りしているのですが、出してあげられなくて。
あんなひねくれ青年の愛情を普通の人はわかりませんし、普通の人はもっとストレートですよw
でも啓太は応援できないw
それから、結局坂巻の心を変えたのもお琴かもしれませんね。
私も坂巻は動かしやすかったので、まだ引っ込めるのは惜しいと思っております、はい。
コメントありがとうございました。

2015/06/05 (Fri) 20:37 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: マロンさま

買ったものはそのうち出てまいりますが、最初の方の伏線ですので覚えている方は気づかれたかと。
京者からの文はまた届くかどうかといったところですね。ろくでもない報告ですな。
坂巻の再出発、お琴によってまたちょっと人生変わったのかもしれませんね。

坊ちゃまは、結局ばれましたので、今後坊ちゃまがどう出るか。
果たして二人の思い出がちゃんとかち合うのかといったところですね。
もう少しお待ちくださいませ。

おまけ話は、あんな会話あったんじゃないかという妄想です。あったら楽しいかなとか。
確かに気が付くのかなり遅かったですし、鈍いのか男としてどうなの、それという感じですね。
感情が乏しいゆえですかね~。
次回のトークをお待ちいただけるなら、出しますとも。

コメントありがとうございました。

2015/06/05 (Fri) 20:45 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック