創作更新日記

主にサイトの更新状況を載せています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPイタKiss広場 ≫ 長編『大江戸恋唄』43upandサイトweb拍手更新

長編『大江戸恋唄』43upandサイトweb拍手更新

子どもが背後にいると集中できません…。
腹減っただのとうるさいです。

そんな中、ようやく43をアップできました。
そうですね、中身は「センサー発動中」ということで。
初対面なのにお互い不穏なものを感じる野性的勘と方向音痴のくせして猪突猛進です。
続きには、43話目に出てきた小道具の説明を少し書いておくことにします。

坊ちゃまは34話目です。
季節真逆ですが。
坊ちゃま、諦めろ…。
腹壊さないように特訓中。

おまけはその3で。

それぞれお楽しみいただければ幸いです。




作中に出てきた木製の聴診器ですが、こんな感じです。
以下はwikipediaで見られる写真をお借りしました。

edo-tyousinki.jpg

これは象牙製のようですが、私が知っているのは木製です。
というのも、実はこれと同じようなものを学生時代に産科の実習中に使ったことがあるのです。もっと簡素なものですが。
面の大きい丸い方をお腹(産科では当然のことながらお腹です)や胸に当てて、耳をもう一方に付け、音を聴くのです。
胎児の心音なども聞こえます。
今はゴムでつながれた聴診器が普通ですね。
子どもさんの診療ではお母さんに子どもさんの胸に耳をつけて胸の呼吸音を聴くようにすることを勧めることもあります。主に喘息のお子さんの管理のためです。
今の診療所では、看護師も医師の診察前に胸の音を聴いたり触ったりと診るようにしています。時々はそれで早く診療を回さなければならない患者さんもいたりするので見逃すと大変です。
もしかしたら検査機器などない昔の医師は、今の医師よりも聴いたり触ったりする診療は優れていたかもしれませんね。
よもやま話でした。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年07月24日(Fri) 00:01
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年07月24日(Fri) 17:03
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年07月24日(Fri) 20:56
Re: マロンさま
編集
お子さまのいる夏休みは皆様もいろいろ忙しいようですが、皆様来てくださるので私も本当にうれしいです。
大江戸の天候良好に風待ちもないくらいにすいすい航行してくれるのは若干ご都合主義かもしれませんが、お琴ならきっとそれくらいの強運もあるだろうと思っております。
直樹の回復も本当はもう一話引き延ばそうかどうしようか迷いましたが、どうしても大蛇森出したくなりまして(笑)。
お琴の野生の勘センサー発揮してくれることを私も期待しております。
坊ちゃまは、気持ちだけで済ませるような琴子だったら、今までの多大なる犠牲者はいなかったかと…w
坊ちゃまと琴子の将来…うーん、いつになったら書けるのやら。
おまけ話は、あのあたりも私は大変面白いと思うのですが、エピソードとしてはあっという間ですよね。
時々皆さんが青い入江を書いているのを見ると、私もうまく書けたらなーと思います。断然結婚後の方が書くこと多いですから。
コメントありがとうございました。
2015年07月26日(Sun) 18:09
Re: たまちさま
編集
私の知識のなさもありますが、船での移動もあの時代大変だったと思うのですが、その辺はそれとなく無事に済ませてしまいました。奉公人はきっとお琴と旅したことも楽しい思い出としてくれると思います。
実際お琴と旅をしたら楽しそうですよね。
直樹の方は、いつまで病を引っ張るかも問題でしたが、私の脳内計算ではそろそろ回復してもいいだろう、と。(あくまで脳内計算)
でも心の張りは大事だと私も思います。病は気から、とも言いますし。
病の床では誰しも気が弱くなるんですよ、ということにしておきます。
病気の時って、うつったら困るけど、一人も嫌ですもんね。
フフフ、ここは大蛇森先生においでいただかねばと私の創作意欲がわきましたよ。←余計なことを
そうです、あの聴診器忘れはわざと、です。
そしてお琴はその貞操(?)の危機を察知。でもちょっと方向が違うけども。
人知を超えたパワー…確かにそんなものを持っていそうなお琴ですね。
正直、どの時点でばれたのか、ばれていないのか、全く今までも書いていないので、そこは皆様のご想像次第で。
お琴の直樹センサーが正しく働いたかどうかは、次回までのお楽しみです。
直樹のお琴センサーは…病気で鈍っているということで。
また近いうちに更新できますように。
コメントありがとうございました。
2015年07月26日(Sun) 18:21
Re: 紀子ママさま
編集
楽しみに待っていてくださってうれしいです。ありがとうございます。
紀子ママさまが嫌がるだろうと思いつつ、大蛇森出しちゃいました。すみませんノリノリですw
二人の対峙は今回は何だこいつは気に入らない、程度でしょうが、今後どうなることやら。
きっと直樹の病気だけでなく、よからぬものの存在を感じて速攻長崎行きを決めたのではと。
その野生の勘が発揮されることを私も祈ります(笑)。
いざ突撃!です。
コメントありがとうございました。
2015年07月26日(Sun) 18:25












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL