2015_09
05
(Sat)21:48

長編『大江戸恋唄』45upandweb拍手更新

大江戸の45話目です。
いよいよ長崎での生活、といきたいところですが、なかなかそうはうまくいきませんで。
旗本退屈男再びといったところです。

坊ちゃまは36話目。
坊ちゃまも難しいよ。
暇つぶしにお読みくださいませ。

おまけは第五弾。
えーと、あのノリは書けないと思っていたのですが、書いちゃいました、Mさま。
私も遅ればせながら登場させました、Nさま。
大した話じゃございませんが、A組連中の藁にも縋る思いを感じていただけたなら幸いですw
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 00:56 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/06 (Sun) 20:28 | # | | 編集 | 返信

こんばんは♪

更新ありがとうございます。

さすが大江戸、お琴は直樹の看病すると言い張りませんでしたね。
女子禁制の下宿に長居する訳にもいかず、泣く泣く宿へと言ったところでしょうか( *´艸`)
直樹の方が病の中、夢に出る位お琴に会いたかったんだから、離したくなかったでしょうね。
いくらなんでもお琴の料理は、今の直樹の弱った体にはパンチが利き過ぎです。
あっ、もしかしてお琴が来たと実感できるかも(笑)

あらあら、啓太はお琴を踏ん切れてなかったんですね。
お琴にフラれた金ちゃんが、啓太を諭すの図。
お琴が直樹と幸せいっぱいな所を見た訳じゃないから、納得は出来ないでしょうが見たら見たで、直樹+αがセットで付いて来るだろうから、それもお気の毒のような気がします(笑)

お琴恐るべし!
いなくなってわかるお琴の力ってか。
それにしても、お紀がまた何か企てるのでしょうか(笑)

西垣に慰められる啓太ってどうよ(笑)
しかも賭けの対象になっていたなんて、可哀相すぎる。
まあ元々お琴にロックオンした時点で、お先真っ暗だったんですが...

あははははっ!
坂巻も真っ青の太夫と遭遇ですか(笑)
そりゃ~直樹と何かあったわけではないとは言え、事の真相がばれたらお琴が凹むのは目に見えているし、直樹にさらに何をされるかわかりませんから(笑)
私はバレる事を期待しちゃいますが(笑)

2015/09/06 (Sun) 21:35 | たまち #- | URL | 編集 | 返信

Re: マロンさま

大江戸は、すぐに直樹とラブラブ展開…といきたかったのですが、私の中の何かが阻止を…(笑)。ガッキーの呪いですね、きっと。
せっかく出した花魁なので、もう少し出したかったのです。この後はどうなることやら…。
坊ちゃまは、賢すぎるのが難点という子ですw
A組とはいえ、所詮6~7歳なので、大変だろうなと思います。
おまけ話は、A組連中の中でも誰か一人くらいはきっと入江直樹の霊験あらたかな(勘で満点近くを出したという実績済み)お守りを狙うかもしれません。
夏休みは、小学生の時は楽しさでいっぱいでしたが、きっと自分の親も大変だったんだろうなと今は思います。手がかからなくてもいるだけで昼ごはんの用意しなくちゃいけなかったり。
宿題は昔は手伝ってもらうものなんてなかった気がしますが…。きっと手伝う方がバカ親なんでしょうね…と手伝いながら思います…。
無事に過ごせた夏休みに乾杯です。
コメントありがとうございました。

2015/09/09 (Wed) 18:06 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: のののさま

長崎での料理阻止、おもとさんを褒めてあげてください(笑)。
でも案外刺激で早く治ったりして…?とか考えたりして。
よそ様のお宅で危険な料理はさすがに佐賀屋の名誉にかかわるかも、なので阻止して正解かもしれません。
坊ちゃまは、普通の小学生にはなり得ませんが、一応小学校生活を味わっていただこうかと思っております。
琴子に癒されてくれるかな…?
おまけの呪いネタ、こんなところで使いました。
琴子は何か持ってるかもしれませんよね、確かに。何だかんだと超絶ラッキー人生ですもの。
そうか、二回目があれと考えると、結構大変ですね、入江くんは。いやーこちらも奇跡の男かもw
コメントありがとうございました。

2015/09/09 (Wed) 18:12 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: たまちさま

大江戸のお琴は結構聞き訳がいいですよね。
あまり直樹にわがまま言わないのかも。大江戸仕様ということで見逃してください。
お琴の料理を味わいたいと万が一にでも思っていたとしたら…。いや、ないか。うん、ないでしょうね。
いや、やっぱりチャレンジャー直樹を書くべきか(笑)。
金ちゃんに諭される啓太…。いやー、偉そうにどうしちゃったのとか思いましたが、振られた者には振られる者の気持ちもわかるだろうなとか思いまして。
今のうちに諦める方がいいのに、と思いながら書いております。
お紀の企ては、また次回をお楽しみに。
西垣は、退屈侍なので、退屈しのぎにちょっかいを出すのです。
そして、密かに怯えているらしい坂巻。
きっと直樹が全快になったら全部白状させられるのでしょう。
長崎編もあと少しがんばります。
コメントありがとうございました。

2015/09/09 (Wed) 18:20 | ソウ@管理人 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック