FC2ブログ
主にサイトの更新状況を載せています。
またもやご無沙汰しております。毎度ですみません。
ようやく大江戸の51話目をアップすることができました。
とあるお方が出てきたら、なんとなく気が重くて書く気が失せまして…。
でも、ようやく、ようやく書き終えたのでほっとしております。
次からはもう少し軽快に書けるかと思っております。

坊ちゃまは44話目になりました。
一応実習も終わりのはず。

おまけは第11弾を投下。
やっとそこかい、というツッコミをご堪能ください。

『わたしのマーガレット展を見に行こう、名古屋オフの会』は、そろそろ締め切りいたします。
駆け込みでお申し込みの方は近日中にご連絡ください。
詳細はメールにてお伝えします。
スポンサーサイト

【2016/04/25 14:44】 | イタKiss広場
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
大道芸が役にたつ日が来るとは、と私も思いながら書いておりました。でもきっと実家でも話題になってたと思うのですが、あまりにも当たり前になりすぎてスルーされていたか、心配性な父に止められていたのかもしれません。
あのまま終わりにするにはすっきりしなかったので、無理に出しました、あのお方。
お琴だと知ってわざわざ見に来たわけではありませんが、お琴がそうだと知ってなるほどと思ったと思います。
賢い方なのでわかってくれたのだと思います。
さあ、いよいよ次はお江戸です。張り切って書きます!
コメントありがとうございました。

Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸は、みなさん大道芸を褒めてくださいます(笑)。
店もきっとはらはらしながらだったと思いますが、慣れてくるとこれもいい話題だと割り切っていたと思います。
あの方との対峙は、どうかこうかと気が重くて、江戸に帰るまでには決着をつけたくて頑張りました。
大江戸の直樹はいつもの私の作よりも多分かなり甘くて優しいと思います。いつもツンツンばかり書いてますしね。
原作も新婚二人暮らしとかちょっと見たかったな~(いや、同居だからこその面白さだとわかってはいるのですが)。

坊ちゃまは、坊ちゃまが考えてることはさっぱりわからないまま琴子だけが右往左往です。
とあるXデーまできっと訳が分からないまま過ごすのだと思います。
そこまで我慢してくださいませ。

おまけは周りは勝手な憶測ばかりですが、正確に把握している人はいない模様。
怖くて本人にも直接聞けませんしね。
松本姉はきっと付き合えたらラッキーな人だろうけど、現実問題としてやはりお嬢様の松本姉と付き合っていくのは大変だろうなと思います。それこそ須藤先輩みたいに空気よめない系の人ならともかく。
だから庶民派な琴子の方がもてる気がするんですけどね。

コメントありがとうございました。

Re: 紀子ママさま
ソウ@管理人
今回の地震、御身辺大丈夫と他の方からお聞きして安心しました。他ではまだまだ大変そうですが、お一人でも無事だとわかってよかったです。

直樹一人にすると勝手に決めてどこかへ行っちゃいそうなところがどうもな~と思っていたので、自分の創作の中ではとことんお琴に優しい直樹を目指しているのかもしれません。
確かに自分の将来は人に決めてもらうものではないけれど、一応夫婦ですしね。私も神戸の時は何だこいつ、もう先に決めちゃってんじゃないかと思っておりました(もちろん本人も悩んだことは重々承知ですが)。怒りポイントが一緒でおお!という感じです。
江戸においては通信手段もあまりなくて、火事の時ですらはぐれたら子どもなんて一生会えなくなる可能性もあるわけで、ましてや離れてしまったら生きてるのか死んでるのか、人の噂と文くらいでしかわからないですし、現代よりもはるかに離れがたいと思うのです。病気とかの危険度も違いますしね。
そしてあの方はちゃんと一応出してから終わりたいと思っておりましたので、中途半端ですが私は満足です。
まさに住む世界が違う、のだと思います。
医者としての尊敬とか、許婚がいるからと操を立てるストイックなところに余計にひかれたんじゃないかなと思います。
長崎から帰るとなると、そりゃあの方が黙っていませんよねぇ。
次回お楽しみにw
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/25(Mon) 17:48 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/25(Mon) 20:00 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/27(Wed) 07:16 |   |  #[ 編集]
Re: たまちさま
大道芸が役にたつ日が来るとは、と私も思いながら書いておりました。でもきっと実家でも話題になってたと思うのですが、あまりにも当たり前になりすぎてスルーされていたか、心配性な父に止められていたのかもしれません。
あのまま終わりにするにはすっきりしなかったので、無理に出しました、あのお方。
お琴だと知ってわざわざ見に来たわけではありませんが、お琴がそうだと知ってなるほどと思ったと思います。
賢い方なのでわかってくれたのだと思います。
さあ、いよいよ次はお江戸です。張り切って書きます!
コメントありがとうございました。
2016/04/28(Thu) 07:38 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
Re: マロンさま
大江戸は、みなさん大道芸を褒めてくださいます(笑)。
店もきっとはらはらしながらだったと思いますが、慣れてくるとこれもいい話題だと割り切っていたと思います。
あの方との対峙は、どうかこうかと気が重くて、江戸に帰るまでには決着をつけたくて頑張りました。
大江戸の直樹はいつもの私の作よりも多分かなり甘くて優しいと思います。いつもツンツンばかり書いてますしね。
原作も新婚二人暮らしとかちょっと見たかったな~(いや、同居だからこその面白さだとわかってはいるのですが)。

坊ちゃまは、坊ちゃまが考えてることはさっぱりわからないまま琴子だけが右往左往です。
とあるXデーまできっと訳が分からないまま過ごすのだと思います。
そこまで我慢してくださいませ。

おまけは周りは勝手な憶測ばかりですが、正確に把握している人はいない模様。
怖くて本人にも直接聞けませんしね。
松本姉はきっと付き合えたらラッキーな人だろうけど、現実問題としてやはりお嬢様の松本姉と付き合っていくのは大変だろうなと思います。それこそ須藤先輩みたいに空気よめない系の人ならともかく。
だから庶民派な琴子の方がもてる気がするんですけどね。

コメントありがとうございました。
2016/04/28(Thu) 07:47 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
Re: 紀子ママさま
今回の地震、御身辺大丈夫と他の方からお聞きして安心しました。他ではまだまだ大変そうですが、お一人でも無事だとわかってよかったです。

直樹一人にすると勝手に決めてどこかへ行っちゃいそうなところがどうもな~と思っていたので、自分の創作の中ではとことんお琴に優しい直樹を目指しているのかもしれません。
確かに自分の将来は人に決めてもらうものではないけれど、一応夫婦ですしね。私も神戸の時は何だこいつ、もう先に決めちゃってんじゃないかと思っておりました(もちろん本人も悩んだことは重々承知ですが)。怒りポイントが一緒でおお!という感じです。
江戸においては通信手段もあまりなくて、火事の時ですらはぐれたら子どもなんて一生会えなくなる可能性もあるわけで、ましてや離れてしまったら生きてるのか死んでるのか、人の噂と文くらいでしかわからないですし、現代よりもはるかに離れがたいと思うのです。病気とかの危険度も違いますしね。
そしてあの方はちゃんと一応出してから終わりたいと思っておりましたので、中途半端ですが私は満足です。
まさに住む世界が違う、のだと思います。
医者としての尊敬とか、許婚がいるからと操を立てるストイックなところに余計にひかれたんじゃないかなと思います。
長崎から帰るとなると、そりゃあの方が黙っていませんよねぇ。
次回お楽しみにw
コメントありがとうございました。
2016/04/28(Thu) 08:01 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック