わたしのマーガレット展名古屋オフ報告

更新じゃないのかと思われるかもしれませんが、一応ここで呼びかけた手前、報告だけはしておこうかなと。
きっと他の方のところでもお読みになったかもしれませんが、管理人視点の報告をお暇があればご覧くださいませ。

長いと思うので続きからどうぞ。
以前のブログでもお伝えした通り、参加者は五名様。管理人に近隣在住で誰も申し出がなかったら誘う気満々だったサイトマスターNさま(ばればれ)、いつもコメントしてくださるTさま、Mさま、同じく地元在住案内人Aさま(Tさまとは顔見知り)。
当日、乗る予定だった電車を階段で転んで逃し(長いスカートのすそ踏んづけた。地味に痛かった…)、一本遅いギリギリ電車で名古屋登場。
待ち合わせ場所にこの人だったかも、というNさま…の隣に見知らぬ方(当たり前だ)が二人いたので自信がなく、その集団の少し後ろで一応電話してみる。すると、やはり電話を取り出したのが目を付けたNさまだったので、そのまましゃべりながら声をかける私。
自己紹介しつつ、Mさまも到着したので(何となくわかった)、皆ですぐにマーガレット展に移動することになりました。
お喋りしながら地下鉄移動。初対面ながら結構テンション高かったです。

マーガレット展は思ったより人が少なく、結構じっくり見れました。
ロープが張ってあり、そこより前には出るなというお達しの展示に身を乗り出そうかどうしようか迷いつつ、一応おとなしく鑑賞。
『アタックNo.1』とかさ、目がきらっきらで、『エースをねらえ!』とか、ちょっと古いスポ根ものから始まって、ギャグとか、ジャンルによって分かれていて、当然イタkissは恋愛のコーナーに。
『愛してナイト』から多田さんのコーナーが始まって、「オレ以外の…」とか、結婚式のザマーミロとか、本当にあたしでいいのとか、琴子が好きなのは俺なんだぜとか、の原稿が展示してありました。
私の別マ時代は、イタkissの時もそうですが、『恋愛カタログ』とか『先生!』とかががっつり読んでいた時代です。あの訃報の記事がショックでしばらく読まなくなった時期もあります。
あとは借りたり、コミックスで読んだりが多いので、花より…とかは知ってるけど別マでは読んでいないといったところです。
最後の方に等身大オスカルアンドレ像がありまして、旗持って写真コーナーとなっておりました。むしろここでしか写真は許可されなかったです。
お土産は図録と付箋を買いました。マグカップは売り切れ…。
図録は悩んで、後で再び訪れて買ったのですが(昼食の予約時間が迫っていたため)、作家のインタビューも少し載っております。買って良かったです。
そして、皆それぞれやってみた運試し缶バッジガチャ。

…よりによってこれかい!

バッジ

昼食についてはきっと誰かが詳しくレポしてくださるだろうということで、そこで話していたことだけを少し。
その場にいたサイトマスターが管理人とNさまだけだったので、自分の作品の話をするのはこっぱずかしいのです。でもコメントいただく方と会えたので、今後コメント読みながらにやにやしてしまいそうです。
次に書く予定の話とか他の方の作品の話とかも出ました。
あとは少しプライベートな話だったり、話題はいろいろ。
あ、ちなみに食事の場所がアリスの世界をモチーフにしているので、食事を給仕してくれる店のお姉さん方が「女王様、こちらは○○です」と持ってきてくれるのですが、女、女王様か~と思っていたり。服がアリス仕様でかわいかったですよ。
二時間くらいそこで過ごしました。帰るときは「女王様、お帰りでございます~」でした。
お客が来ると、「女王様、アリスのお茶会へようこそ~」と言っておりましたよ。(帰る頃はランチ終わりでお茶の時間になっていたので)

皆でプリクラも撮りました。ここは写真なぞ普段撮らない年齢ではありますが、記念、記念!
2フレーム選べて、600円。
「青空エール」と「俺物語」(←またしても/笑)で、五人いっぺんに写るのはなかなか無理があったようで、Tさま顔半分切れてるし。
ちょうど五枚に分かれるタイプを選んだので、それぞれわけわけ。なぜかハサミを持っていたTさま。用意がいいです(笑)。
さすがにそれはお見せできませんが、楽しい思い出となりました。
その後は地下鉄駅まで歩きつつ、特徴的な何かはないかと見渡し、ほら、あれがテレビ塔だ!撮影するがよい!とばかりにTさまに写真を撮らせました。栄辺りは何もないんですよ…。名古屋城はさらに地下鉄駅を乗らないと行けません。
再び名古屋駅に戻り、お土産を物色。
見栄っ張り名古屋人のおすすめは、ゆかり(えびせんです)金のパッケージ。いや、中身のゆかり自体は一緒ですが、家庭用ではなく、贈答用に缶が金ぴか仕様なのです。
私は家族用にいつも買う手羽先を買おうとうろうろ。
それをゲットしてふと見たら、TさまとかNさまも買っておりました。あら、つられました?
厳密に言えば、いつも食べる手羽先よりはマイルド。山ちゃんもあったのですが、うちは風来坊派なので(名古屋地区の人以外はどうでもいいこだわりですね)、全く別の鳥専門店の手羽先を買うのです。
ゲットした後は、解散。
ちょっと早めの解散で名残惜しかったのですが、私には家からわんさかメールが…。
そして一晩たって私にもたらしたものは、なぜか筋肉痛。
え、何で?慣れない靴のせい?緊張してた?
肩とか背中とか足とか、なぜかバリバリに。
今日は湿布貼って寝ることにしますw

どうでもいい報告だったかもしれませんが、読んでいただきありがとうございました。
大変楽しゅうございました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/05/09 23:30
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: マロンさま
こちらまで来ていただき本当にありがとうございました。
来るというメールをいただいてから、ものすごく楽しみでした。
いただいたお土産は速攻で食べてしまいました。ちなみに名古屋にあろうと滅多に買いませんので、家でうふふと笑いながら食べて気味悪がられました。
マロンさまがとても控えめだったので、大丈夫かしら、楽しんでるかしらと心配でしたが、 楽しんでいただけたならよかったです。
私も最後は白泉社系に行ってしまったので(今もその傾向)、マーガレットの最近のものはあまり知りません。
「ひとみ(秋田書店)」→「なかよし(講談社)」→「りぼん(集英社)」「別冊マーガレット(集英社)」→「花とゆめ(白泉社)」→「LaLa(白泉社)」といった感じでしょうか。あとはもうプリンセス系だのofficeYOUとか手当たり次第です。
プリクラは、私が一番大きいのもらったので、お顔がはっきり写っていて、思い出すたび楽しいです。
あれこれ良い思い出になりました。
あとあと、もう少しゆっくりすればよかった…と後悔しきりです。
また機会がありましたら、今度こそ名古屋観光いたしましょう!
コメントありがとうございました。
Re: たまちさま
既に見た方ばかりの中、かなりじっくり見ることができましたので、感謝です。
今どきの原稿もきれいでしたが、昔の原稿の繊細さは何か違いますね。最近はデジタル派の方も多くなってきていますし。生原稿廃れちゃうんじゃないかとちょっと残念です。
アリスの店員さん、かわいい方多かったですね。
一人お姉さんの服がほつれているのを見つけてしまって、縫って~!縫ってあげるから!と心密かに叫んでおりました。
いつか創作のネタにしようと、店員さんを凝視して、セリフを頭のメモに書いていたので、時々ぼーっとしていたのはそのせいです(笑)。
ハサミ、あってよかったです!助かりました。結構プリクラの周りにはハサミくくりつけてあるところもあるんですけどね。
手羽先は、あれは少し甘めです。次男坊が辛いのダメなのですが、あれは大丈夫ということで気に入って買っているので、おいしかったならよかったです。
転んだところは青あざに、そしてあちこち筋肉痛の私は、どれだけ体力ないんだと…orz
あまりにもおチビすぎる私でありましたが、それでもあのプリクラは膝曲げ必須でしたよ!何十秒も持ちませんって。
たまちさまはなんとなく想像通りの方で(コメントそのままという感じでした)、とてもうれしかったです。
コメントありがとうございました。
Re: のののさま
筋肉痛、ようやく癒えてきました。
いったいどんな苦行をと家族に訝られながら(笑)。いえいえ苦行ではなく、久々にはしゃぎすぎだったんだと思います。しかも転んだし(笑)。
あら、アリスの店員さんイラスト、楽しみにしてますから!
コース料理ももっと量が多いかともいましたが、程々の量でしたので、もう一度お茶行けばよかったかもと反省いたしました。
あの手羽先は甘めですよね。子どもにはちょうど良くて、塩コショウに慣れてる大人は少し物足りないといった感じです。
ピリ辛とセットで買えばよかったとか思いました。
今度は皆で名古屋観光行きましょう。
コメントありがとうございました。

管理者のみに表示