間開きましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この二週間の間に我が家ではちょっとした変化がありまして、それに振り回されておりました。

さて、ハッピーハロウィンです。
私としてはどうでもいいハロウィンなのですが、二次の世界ではおいしい行事です。
今年も乗っかってみました。
珍しくお題を更新です。
七番目の『視線で伝わる想い』です。
この話の時期は入江くん大学生一人暮らしの秋。つまり、夏の清里は過ぎているのです。
という設定を頭にお読みくださるとありがたいです。
ちなみに私は時系列があやふやになったので、何度か確認しつつ書いておりました。
特にサイトweb拍手のおまけ話がお泊り後の話だったせいで、あっちが先だったかこっちが先だったか、セリフはあっているのかなどコミックスを読み返したりしておりました。
楽しい作業ですが、読みすぎて書くの忘れるということも。
坊ちゃまも早く体育大会後を終わらせて次に行きたいです。
家族の目をかいくぐり、ちまちま書いていたのですが、ぎりぎり間に合ったと思う午前三時…。
とりあえず寝ます。
スポンサーサイト

【2016/10/31 03:08】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: たまちさま
ソウ@管理人
苦し紛れのお題シリーズでした(笑)。
イベント好きな入江ママにつられて、お祭り騒ぎの好きな琴子も乗っかりますね。
乗せられるってわかってるのに実家に帰る入江くんって、マゾよね~と思うのでありました。
結局琴子のことが気になるんでしょ、みたいな?
でも認めませんね。
この辺の入江くんは書いていて微妙に腹立ちますw
コメントありがとうございました。

Re: マロンさま
ソウ@管理人
ハロウィンは年々派手になっていきますね。
クリスマスも今では当日よりもイブの方が賑やかで。
なんでも取り入れる日本人気質、これはこれで楽しくていいのかもしれません。
ま、私は乗らないけどな!とか思ってます(笑)。

入江ママはイベントごとにいろいろやってみたかったのだと思いますが、あの息子たちではなかなか実現できなかったのを爆発させているのかなと思っております。冷めてますからね、息子たち。
でも無視しきれないところに私は笑ってしまうのですよ。入江ママのパワーおそるべし。
素直じゃない入江くん、ちょいと腹立ちませんか。原作ではよくわかっていなかった入江くんの気持ちですが(後に清里の話が出てくるまで煮え切らないですからね)、健康青年男子がそれでいいのかと。
でも平気じゃないときてから、そうか、ちゃんと健康な青年だったのねと思ったのでした。

坊ちゃまは、琴子は全く坊ちゃまの怒りにさっぱりピンと来ないうちは、二人がどうこうなるのは難しそうです。
そこからどうなるのか、私、書くの大変でございます(笑)。
ご褒美はいずれわかりますが、今は保留ですね。
啓太は残念ではあるでしょうけど、まさか坊ちゃまとくっつくとは思っていないので、チャンスはまだこれからと思っていそうです。
校長の言葉がマジックとなって寝た子を起こすことになるのかどうか、こうご期待。

おまけは、入江ママのあの行動はさすがに同情しますね。
琴子が怒らないのがこれまた不思議。
普通人にそんなことばらされたくないけれど、入江くんとのことなのでスルーなのかしらねとか思ったり。
手を出さなくてよかったですよね(爆)。
二次の世界ではおいしくいただく設定もありますが。ま、それはそれでw
コメントありがとうございました。

ねーさんさま
ソウ@管理人
期間中だと言うのにこの体たらくですが、ちょっとでも楽しんでいただけたならよかったです。
最初に仮装の話を書き始めた時は、入江ママはただの魔女扮装でした。そうだ、琴子の方を魔女にしようと思って、入江ママを女王様にしました。真ん中あたりで急にテレビで映画のアリスのDVD化の宣伝を見ましたら、いや、琴子はアリスだな、と。
そう思えば先ほど変更した入江ママの女王は必然だった!とハートの女王に脳内変換いたしました。
そう言えばオフ会ではアリスのところ行ったんだったと思い出し、その後がちゃんと書けたのでほっとしております。
ねーさんさまのお言葉に、9番目がないことに気が付きました!今更ですが。
直しておきますとも!ご指摘ありがとうございました。
なんでないことに気が付かなかったんだろう…。あほですみません。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/31(Mon) 06:37 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/31(Mon) 10:08 |   |  #[ 編集]
Re: たまちさま
苦し紛れのお題シリーズでした(笑)。
イベント好きな入江ママにつられて、お祭り騒ぎの好きな琴子も乗っかりますね。
乗せられるってわかってるのに実家に帰る入江くんって、マゾよね~と思うのでありました。
結局琴子のことが気になるんでしょ、みたいな?
でも認めませんね。
この辺の入江くんは書いていて微妙に腹立ちますw
コメントありがとうございました。
2016/11/03(Thu) 19:23 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
Re: マロンさま
ハロウィンは年々派手になっていきますね。
クリスマスも今では当日よりもイブの方が賑やかで。
なんでも取り入れる日本人気質、これはこれで楽しくていいのかもしれません。
ま、私は乗らないけどな!とか思ってます(笑)。

入江ママはイベントごとにいろいろやってみたかったのだと思いますが、あの息子たちではなかなか実現できなかったのを爆発させているのかなと思っております。冷めてますからね、息子たち。
でも無視しきれないところに私は笑ってしまうのですよ。入江ママのパワーおそるべし。
素直じゃない入江くん、ちょいと腹立ちませんか。原作ではよくわかっていなかった入江くんの気持ちですが(後に清里の話が出てくるまで煮え切らないですからね)、健康青年男子がそれでいいのかと。
でも平気じゃないときてから、そうか、ちゃんと健康な青年だったのねと思ったのでした。

坊ちゃまは、琴子は全く坊ちゃまの怒りにさっぱりピンと来ないうちは、二人がどうこうなるのは難しそうです。
そこからどうなるのか、私、書くの大変でございます(笑)。
ご褒美はいずれわかりますが、今は保留ですね。
啓太は残念ではあるでしょうけど、まさか坊ちゃまとくっつくとは思っていないので、チャンスはまだこれからと思っていそうです。
校長の言葉がマジックとなって寝た子を起こすことになるのかどうか、こうご期待。

おまけは、入江ママのあの行動はさすがに同情しますね。
琴子が怒らないのがこれまた不思議。
普通人にそんなことばらされたくないけれど、入江くんとのことなのでスルーなのかしらねとか思ったり。
手を出さなくてよかったですよね(爆)。
二次の世界ではおいしくいただく設定もありますが。ま、それはそれでw
コメントありがとうございました。
2016/11/03(Thu) 19:34 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
ねーさんさま
期間中だと言うのにこの体たらくですが、ちょっとでも楽しんでいただけたならよかったです。
最初に仮装の話を書き始めた時は、入江ママはただの魔女扮装でした。そうだ、琴子の方を魔女にしようと思って、入江ママを女王様にしました。真ん中あたりで急にテレビで映画のアリスのDVD化の宣伝を見ましたら、いや、琴子はアリスだな、と。
そう思えば先ほど変更した入江ママの女王は必然だった!とハートの女王に脳内変換いたしました。
そう言えばオフ会ではアリスのところ行ったんだったと思い出し、その後がちゃんと書けたのでほっとしております。
ねーさんさまのお言葉に、9番目がないことに気が付きました!今更ですが。
直しておきますとも!ご指摘ありがとうございました。
なんでないことに気が付かなかったんだろう…。あほですみません。
コメントありがとうございました。
2016/11/05(Sat) 06:17 | URL  | ソウ@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック