長編『大江戸夢見草』2up&web拍手更新

長らく放置しまして申し訳ありませんでした。
ちょっとPCに向えなくて、全部放置状態でした。
いろいろ書いたものが季節を通り越しまして…。
見逃してくださいませ。

言い訳はさておき、大江戸はようやく二話目です。
かっこよく終われるかどうかはわかりませんが、大江戸ならではのシーンとイタkiss風味が出せるといいなと思っております。

坊ちゃまも更新です。
新緑の季節に申し訳ない内容ですが、よろしければポチりとしながらお読みくださいませ。
おまけも更新しました。
スポンサーサイト
イタKiss広場 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/05/16 00:26
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: マロンさま
大江戸はせっかく買ったのに~というもったいない精神がお江戸の人たちを悩ますのです。でも入ってるかどうかはわからないので、とりあえず捨ててもらいましょう。
そうそう、この頃から渡辺さんにも容赦のない嫉妬です。
この先を楽しめるように書いていきますのでお待ちくださいませ。
坊ちゃまは、ぜひとも桜の下でのお花見を書いてみたかったのでですが、季節がどんどん過ぎて行ってしまって焦りました。
花の下の美少年、いいですよね(笑)。
おまけは、やはり現れたか、と思いました?思いましたよね。ええ、やはりこうこなくてはと書きながら自分で思いました。
書いてる自分もわりに楽しかったです。
コメントありがとうございました。
Re: たまちさま
岡っ引の上司は同心で、その同心が渡辺さんだし、先代渡辺父からの岡っ引なので、きっと良いお父さまだったのでしょう。
おもとの正体って、そう言えばお琴にはばれていないわねと思いつつ、いつになったら気付くのだろうと思ったりします。いや、どこかでばれさせるのが正解なのか、ばれさせないのが正解なのか、作者の私にもわかりません。
おいしそうなお饅頭を目の前にして、捨てろと言うのも酷ですよね。今まさに食べようと並んでまで買ったのに~というところですから。
そして、なぜか連続殺人事件に発展してしまったのでした(いや、当初はそんなつもりでは…)。
直樹は渡辺さんにまで威嚇をする心の狭い男ですから仕方ありませんな。
そんな渡辺さんと協力できるのか、実は渡辺さん次第かもしれません(笑)。
コメントありがとうございました。
ちゃみさま
なかなか更新しないぐうたら管理人ですが、お待ちいただいてありがとうございます。
一度イタkissにはまると皆さま台湾イタkissも日本版も漫画もがーっと突き進む方は多うございます。
うちのようなサイトでも楽しんでいただけたならよかったです。
のんびり過ぎてまえの話を忘れるかと思うくらいの更新ですが、またのぞきに来てくださいね。
コメントありがとうございました。
shirokoさま
女主人がやっとつかんだ饅頭屋ですが、どうなるかはなんとなく時代劇好きならわかるかも。
目立ちすぎるとすぐに杭打たれる世の中ですが、江戸でも変わりありませんよね。しかも女となれば。
お琴と直樹の活躍をお楽しみください。多分活躍すると…、ええ、多分大丈夫だと思います。
コメントありがとうございました。

管理者のみに表示