二ヶ月ぶりの更新です。お久しぶりです、管理人です。
六月中は某原稿が進まなくて四苦八苦し、ようやく更新にこぎつけました。
原稿を書きながら、これ面白いのか?大丈夫か?筆が鈍ってるんじゃないのか?と悶々としながら書きましたが、何とか終えてほっとしております。その代わり、誤字脱字がひどかった…orz
もう普通の話書けないんじゃないかと思いました。

さてようやく三話目です。
出せる人はどんどん出す予定。
というか、今回の話短くするつもりだったけど、書いているうちに長くなりそうな…。
なるべく早く書きたいのですが、気長にお付き合いくだされば幸いです。

坊ちゃま、季節ずれました。
書いているうちに過ぎ去りました!←お約束

おまけ話、こちらも季節ずれましたが、このまま突っ走ります!←こればっか

【2017/07/16 12:19】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸は、そう言えば一作目で出したあの人はちゃんと出していなかったなとか思い出しまして、渡辺さんの同僚にしてみました。その方が面白いかもとか、きっとそういうそんな役回りが似合いそうというか(笑)。
大きく事件をぶち上げたはいいものの、ちゃんと回収できるか若干不安なんですが、とりあえず頑張ります。
あれこれ人間関係も今まで脳内補完していたものを出したいなと思います。

坊ちゃまは、もう少し早く更新するつもりだったので、ええ、すぐに日々は過ぎ去ってしまうのですが、八月にするところもあるというし、という開き直りでいってみました。
大人は本当の願い事は書かない、と言われていますからね(という歌詞があったな)。
いつか幸せになるといいね、ということで。

幼稚園でも七夕は欠かせませんよ。
保育園では園で笹飾り作って先生たちと写真撮ってお終いでしたが、幼稚園だと結構七夕の日に浴衣着て七夕会してるみたいですが、今回はそんなことはぶっちして入江家で!
コウ君のような賢い幼児を出すのは楽でいいです。楽しすぎかもしれませんw

コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
なかなかネット上に上がることが難しくて、相変わらずちょっとさぼっておりました。
私事でもいろいろありまして、ぼちぼち更新せねばと焦っているところであります。
あれこれコメントをいただいておりますのに返信も遅くてすみません。信条としては一週間以内と思ってはいたのですが、今だけお見逃しくださいませ。

では、続きからサイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

たまちさま
一つ目
坊ちゃまの直樹はわかりやすいですよね。子どもなだけに好意むき出しな感じで。
それゆえに屋敷中の人たちが皆知っているという感じです。
啓太が登場はしましたが、とりあえず直樹の母など家族も一緒にいるということでここは啓太の方が遠慮がちで。そして裕樹の相手をさせられるという。
直樹としてはそりゃ早く帰れでしょうが、どちらかというとそのまま裕樹の相手しててくれという感じかもしれませんよ。
いつまでも琴子に振り回されるところが直樹らしくていい気がします。
二つ目
園児の遠足のはずですが、あんなイケメン先生いたらそりゃ一緒にひと時でも過ごしたいですよね。お昼を一緒にのお母さま方オーラがすごかったと思いますが、それを見て子どもの園児たちはどう思ったことでしょう(笑)。
入江ママの登場でしたが、どちらかというとコウ君の存在に救われたという感じでしょうか。
直樹にしたら入江ママの同伴遠足は嫌だったでしょうが、どこ吹く風の入江ママでした。
コメント二つありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2017/06/04 19:00】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
長らく放置しまして申し訳ありませんでした。
ちょっとPCに向えなくて、全部放置状態でした。
いろいろ書いたものが季節を通り越しまして…。
見逃してくださいませ。

言い訳はさておき、大江戸はようやく二話目です。
かっこよく終われるかどうかはわかりませんが、大江戸ならではのシーンとイタkiss風味が出せるといいなと思っております。

坊ちゃまも更新です。
新緑の季節に申し訳ない内容ですが、よろしければポチりとしながらお読みくださいませ。
おまけも更新しました。

【2017/05/16 00:26】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸はせっかく買ったのに~というもったいない精神がお江戸の人たちを悩ますのです。でも入ってるかどうかはわからないので、とりあえず捨ててもらいましょう。
そうそう、この頃から渡辺さんにも容赦のない嫉妬です。
この先を楽しめるように書いていきますのでお待ちくださいませ。
坊ちゃまは、ぜひとも桜の下でのお花見を書いてみたかったのでですが、季節がどんどん過ぎて行ってしまって焦りました。
花の下の美少年、いいですよね(笑)。
おまけは、やはり現れたか、と思いました?思いましたよね。ええ、やはりこうこなくてはと書きながら自分で思いました。
書いてる自分もわりに楽しかったです。
コメントありがとうございました。

Re: たまちさま
ソウ@管理人
岡っ引の上司は同心で、その同心が渡辺さんだし、先代渡辺父からの岡っ引なので、きっと良いお父さまだったのでしょう。
おもとの正体って、そう言えばお琴にはばれていないわねと思いつつ、いつになったら気付くのだろうと思ったりします。いや、どこかでばれさせるのが正解なのか、ばれさせないのが正解なのか、作者の私にもわかりません。
おいしそうなお饅頭を目の前にして、捨てろと言うのも酷ですよね。今まさに食べようと並んでまで買ったのに~というところですから。
そして、なぜか連続殺人事件に発展してしまったのでした(いや、当初はそんなつもりでは…)。
直樹は渡辺さんにまで威嚇をする心の狭い男ですから仕方ありませんな。
そんな渡辺さんと協力できるのか、実は渡辺さん次第かもしれません(笑)。
コメントありがとうございました。

ちゃみさま
ソウ@管理人
なかなか更新しないぐうたら管理人ですが、お待ちいただいてありがとうございます。
一度イタkissにはまると皆さま台湾イタkissも日本版も漫画もがーっと突き進む方は多うございます。
うちのようなサイトでも楽しんでいただけたならよかったです。
のんびり過ぎてまえの話を忘れるかと思うくらいの更新ですが、またのぞきに来てくださいね。
コメントありがとうございました。

shirokoさま
ソウ@管理人
女主人がやっとつかんだ饅頭屋ですが、どうなるかはなんとなく時代劇好きならわかるかも。
目立ちすぎるとすぐに杭打たれる世の中ですが、江戸でも変わりありませんよね。しかも女となれば。
お琴と直樹の活躍をお楽しみください。多分活躍すると…、ええ、多分大丈夫だと思います。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
すっかりさぼり癖がついている管理人です。
毎日何をやったら時間が無くなっていくのでしょうね。私も不思議です。
そもそも最近体力が持たない、というのが一番大きいのかも。
そりゃもちろんワンコの散歩を朝晩とするようになり、この出不精の私が雨の日も風の日もくそ寒い日も(あ、暑い日はどうだかわかりませんが)外に出るようになり、仕事も立ち仕事なので歩くのは全く苦になりませんが、それを補う体力がストックされません。
夜になると燃料電池切れ、という感じで自然と瞼が…。
朝も早いしね(部活長男朝早すぎざます)。

そんな日常を過ごしている私ですが、創作心はまだ失ってはおりませんので、お暇なときにでものぞいてくださればありがたいです。更新止まっていたかと思いきや、まだやってんのかと驚いてください。
目標は月一必ず更新です!

続きから、緩やか~な目標をさもすごいことのように言い切った管理人にいただいたコメントへの返信です。
サイトweb拍手毎度ありがとうございます。
3月22日
たまちさま
一つ目
坊ちゃまの入江ママは、お雛様も欠かしませんよ。
きっと直樹用のを勝手に買おうとしていたと思うんですよ。でもさすがにパパに止められて自分ので我慢、じゃないですかね。
初節句には実家からきっと立派な兜とか送ってきそうですもの。
でも琴子のために我慢する坊ちゃま、可愛いでしょ。
そして理性と戦う微妙なお年頃。
いつ崩れるかも見ものです。
二つ目
おまけは黒歴史アルバム取り出したところでアウトですよね。そりゃ怖くて目が離せませんよ(笑)。
でもきっとお母さまはそれが見せたくて家に呼んだのではと思います。とんでもない母ですよね。息子にしたらやめてくれ~てなもんです。
でも、そりゃもちろんお母さまの方がうわてです。
今後の展開にぜひご期待をw

コメント二つありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2017/03/29 18:33】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |

camasさま
ソウ@管理人
最近大江戸シリーズなどパロディ多いですものね。
つい別のものに走りがちなところは私も気にはなっております。
そのうち合間に原作に沿った話も書くこともあると思いますので、その時はまた読みに来てくださいませ。
書くのが遅くて、いつ、とはお約束できませんが。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
間に同好会更新をはさんだとはいえ、約二か月ぶりの更新となりました。

大江戸シリーズ第三弾となります。
『大江戸夢見草』ですが、『恋唄』の後、『蝉時雨』までの間の話となります。
上手く着地できるかどうかまだ不明ですが、しばらく続きますのでよろしくお願いします。
これを書いてようやく大江戸シリーズ終われるかと思いますので。

サイトweb拍手も更新いたしました。
坊ちゃまシリーズの新作と幼稚園の6話目です。
お楽しみいただければ幸いです。

【2017/03/21 22:36】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
大江戸の前に何か書こうといろいろ考えましたが、とりあえず桜の季節がやってきたので、それなら今書き始めてしまおうと思ったのでした。

初っ端から饅頭毒殺事件となりましたが、冒頭で事件が起きないと話にならないので、さくっと。
今と違ってきっと診る力はあったかと思いますが、誤診も多かったでしょうね。
流行り病でもあっさり死んでしまう世の中でしたし。
直樹先生にいたっては、まだまだ未熟者。精進していただきましょう。
さて、桜の季節に始めたものの、いつ終わることやら。

坊っちゃまは、季節ものをおひとつ。
琴子の家でも飾っていたとは思うのですが、地震でどうなっちゃったんでしょうね。
原作ではついぞ雛祭りはなかったので不明ですが。
酔っぱらった琴子に敵うものはおりません(笑)。
まだまだお子様なのか、理性的な大人なのか微妙な年ごろの坊ちゃまでした。

おまけはあんなに女ばかりの幼稚園にいて狙われないわけないなと今になってようやく思った次第です。
中にはなかなかチャレンジャーな人もいるんじゃないかと。
さすがに黒歴史アルバムは嫌ですよね。でもそれを自慢げにしているお母さまは結構好きですが。
御守り…見つからないわけはないだろみたいなツッコミを作者自ら入れておきます。

コメントありがとうございました。

Re: たまちさま
ソウ@管理人
ええ、書く書く詐欺にならないうちにと思いまして。
ちょうど桜の季節が巡ってきたので書く気になりました。でも終わりはきっと桜の季節を過ぎるんですがね。
多分西洋の書物も翻訳したものをあれこれ読んだとは思うのです、長崎で。
禁書なので持ってはいないでしょうが、あの頃でもすでに西洋では正確な診断術も出てきてる頃だと思います。
饅頭毒殺事件が上手く解決できますようにと願うばかりです。
鳥兜以外にもあれこれ使いすぎると毒だけれど、という植物がたくさんあります。現在でも使われている漢方でもそうですしね。
でも昔は天秤とさじとだけで調合していたんだからすごいと思います。
大奥とか見てても毒殺多いですよね(先日までちょうどやっていた大奥見ていたら、ほとんど毒殺でした。怖い世界だわ~)。
頑張って書きますので続きをお待ちくださいませ。
コメントありがとうございました。

shirokoさま
ソウ@管理人
お待ちいただいてありがとうございます。
この季節にタイトルだけでもと慌てました。
私も花粉症なので、いつの間にか一番好きだった春が憂鬱ですが、仕方がありません。
お琴はトラブルメーカーなので、もちろん関わっていただかないと。でもまさか第一発見者になるとは(笑)。
饅頭毒殺事件として解決してもらわねば話が終わらないので、がんばりますよ。
まだ初めなので、この先もお待ちいただければ幸いです。
コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 水玉さま
ソウ@管理人
こちらこそほけほけとさぼっておりますのに、お越しいただきありがとうございます。
大江戸シリーズ、ここまで歓迎してくださるのはありがたいことです。
今回は本来の必殺仕事人風に戻ります。…が、書けるかどうか…というところです。
私も団子にしようか饅頭にしようか、それとも何か別のものをとかいろいろ考え、検索していたら、おいしそうな饅頭が目に入りまして。でも普通の饅頭では評判になって話題になるのも難しいだろうとかいろいろ考えましたよ。
大江戸は調べることが多くてなかなか書き進められませんが、なるべく早く更新できるといいなと気持ちだけは思っております。
私もめでたしめでたしシリーズ読みたいです。
お梅ばあさんのような人が書けるといいのですが、なかなか難しいですね。
ふんどし洗う姿がほっこりします。
あちらに関しては、あちら専用に拍手がありますので、のぞいてみてくださいませ。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲
同好会の会員様にお知らせです。
久しぶりに同好会更新をいたしました。

某Mさまの8話目と拍手連載中の再掲載1~6話目となっております。
同好会拍手も更新いたしましたので、続きが気になっていた方はよろしければポチりとしてやってくださいませ。


同好会は何ぞやと思われた方は、同好会タグでさかのぼればどこかに説明があるかと思いますが、通常は会員さまを募集しておりません。おいそれとご案内できる場所ではございませんので、申し訳ございません。

通常更新も準備中です。
本当は二月中に更新する予定でしたが、いろいろあれこれ管理人のさぼり癖がつきまして…。
ええ、急ピッチで進めておりますので、お待ちくださいませ。

【2017/03/10 17:54】 | 同好会 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
寒かったり雪が降ったりインフルエンザが流行ったりと冬真っただ中から、いつの間にか暦の上では春。しかも花粉の季節になりましたよ。
ほとんど死人状態だった管理人です、こんばんは。
何もできずただひたすら毎日を過ごしておりました。
毎年のことながら、この時期きついです。年々歳とともに無理が効かなくてw
そろそろひと段落つくかと思いますので、また創作活動に勤しみたいと思います。

続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。

1月28日
irikotoさま
お返事遅くて申し訳ありませんでした。
『坊ちゃまとあたし』読んでくださりありがとうございます。
また再掲もやっていきますのでお待ちくださいね!
コメントありがとうございました。


2月1日
たまちさま
一つ目
女にだらしないあの人だった、というわけですが、最初はそんなつもりなかったのですが、やはり貧乏くじ引いてもらうのはあの人しかいないとか思ったり、どんどん口調があの人になってしまったのでした。
お母様は割と常識人だったということですね。いや、いろいろ強引なのは確かですが。
私も家政婦さんに家の中何とかしてもらいたいですが、イリエさんには鼻で笑われそうで…(笑)。
二つ目
確か前の時はシェフが教えていたと思いますが、さすがに爆発騒ぎに巻き込まれるのは遠慮したいかと。それにきっと坊ちゃまが何だかんだと理由をつけてシェフを遠ざけたと思います。
そろそろ裕樹坊ちゃまにもお帰りいただかねばと思いまして。
なーにーかーがーおーきーるー…かも?
三つ目
本当はイメージぶち壊し幼稚園教諭物語になるはずだったんですが、やはり入江くんは入江くんで、私にそこまで彼を操る能力はありませんでした(笑)。
この話のポイントは、同居していない、ということだったりします。
そんな接点で堕ちるのか、入江直樹、といったところです。
またお楽しみくださいませ。
三つもコメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2017/02/12 23:02】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
うわー、拍手おかしいですかね。その辺のシステムはよくわかりませんが、他の方の意見がないのでまた確かめてみます。
いつもPCでしか確認していないもので。
でもわざわざ確認してくださってありがとうございます!

どうですかね。母の暴走に乗っかる安易な琴子ですが、果たしてうまくいくのかどうか。
きっと園での作業中も一人の世界に入りながらいろいろつぶやいていて、慣れちゃってるんでしょう。
慣れる直樹もなかなか面白いかなと。多分横でツッコミ入れてますよ。
また次回をお待ちくださいませ。
コメントありがとうございました。
そして毎度のことながら放置すみませんでした。

コメントを閉じる▲
長らくお待たせしました。いや、待ってないか。
どちらにしてもようやく更新にこぎつけました。
管理人が連日寝てしまって何もしてない状態が続いておりましたが、遅くなった分どーんとあれこれサイトweb拍手も更新しましたのでお慰みの一つにでもないれば幸いです。

サイト更新はイタkissでshort。
先日降った雪に書き始めたものの、そのまま放置(笑)。
私、shortだけで雪の話三本目だということに気付き、内容かぶっていないかと読み直す羽目になりました。
似たような話かもしれませんが、よろしければどうぞ。

サイトweb拍手は、年末年始とか言いながら、ようやく1月中に終わらせる目標が達成できてよかったです。ほっとしました。
くだらない話ですが楽しんで書きましたのでぽちっとしてやってください。
坊ちゃまも続き書きました。
幼稚園も続き書きました。
うん、私頑張った。←自己満足

更新遅くて返事も遅くていろいろ年始からすみませんです。

【2017/01/31 19:15】 | イタKiss広場 トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
コメントもらいっぱなしで放置すみませんでした。
いっぺんに更新したかと思えばこういうことを。

留守電聞きながら、というのはもうパターン化してはおりますが、 しなければいけないことを忘れて聞き入る彼を書きたかったのでした。
マロンさまのコメントで某グループの寒い夜だから~と歌ってしまいましたわ。あ、もちろん歌詞とあまりリンクはしませんが。
寒い夜なので心まで寒くならないように、という気持ちが伝わればいいなと思います。

さて、家政婦は、どこで入れるか散々悩んだスカートまくれでした。
節操のない家主はさておき、さっさと逃げ出した二人のコンビは、もしかしたらまだ続くかもしれません。

坊ちゃまは恒例のバレンタイン独り占め状態は多分ずっと続きます。
裕樹坊ちゃまも帰ってきました。
あ、可愛いですか?舌っ足らずな部分はわざとです。あざといです(笑)。でも素直なのは、直樹以上です。
渡辺さんはよくわかっていらっしゃるのです。自分の分は結局坊ちゃまの口に入ることは知っていたかもしれません。
コメントありがとうございました。

Re: たまちさま
ソウ@管理人
お返事あちらもこちらも放置ですみませんでした。
花粉はぼちぼち飛んでいますが、まだ皆さん症状はひどくないようです。1月下旬から皆さんお薬もらいに来てましたよ~。
私もまだ大丈夫です。

雪の日の話は実は私が結構好きなんです。
センター試験の日に雪だったので、ついまた書いてしまいました。
でもお互いほとんどの記憶は共有してるんじゃないかと思っております。
琴子が来てからの直樹の記憶は、多分それまで過ごしてきた年月よりもずっと記憶に残ったんじゃないかと思っておりますので。
どこでもドア…ほしいです。
入江くん、どこでもドア知ってるかしら。
きっとその仕組みは不可能か可能か一度は検討したかもしれない?
たまちさまのコメントでそんなことを思いました。
コメントありがとうございました。

shirokoさま
ソウ@管理人
いつの間にか冬も終わりそうですが、冬らしい話が一つ書けてよかったです。
私も入江くんは、一度離れてみて良かったと今は思います。琴子のいない寂しさや大切さをより感じたのではないかと。
そして、琴子自身も成長するきっかけになったのではないかと思います。
琴子ももちろん入江くんと離れるのは寂しかったでしょうが、琴子の大切さを気付いた入江くんこそ、誰もそばにいなかった分余計に離れていることが辛かったのではないかと。もちろんそんなこと絶対に見せないとは思いますが。
shirokoさまが書いてくださった歌、知ってはおりますが、もううろ覚えです。
…今検索しました。聞きました。ああ、この歌!そうだ、そうだと今激しくうなずいております。
今は携帯電話もスカイプなども普及していて、昔のように(いや、どれくらい昔とは申しませんが)やきもきしたり会えるまでじっと待つとかそういう忍耐というかじれったい感じも若干薄れてきましたね。新しい形での哀愁があるのかもしれません。
コメント遅くなりすみませんでした。そして、コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 水玉さま
ソウ@管理人
今頃だなんて、そんな。私の方こそ今頃のコメント返しで。しかも他所様には最近全くコメント残していないという不義理者です。
スペシャル企画は、なんとか、ええ、本当に何とか終わりました。
ちょっと無理矢理感が付きまといますが、いいんです、スペシャルなので(笑)。
いまだ女装姿の彼を想像するのは難しいんですが、美女であることには間違いないかなとか。でも大女…。
本家本元の主役級があれでは…再放送見れませんかね。
女装姿のままのラブシーンは難しいでしょう。というか、想像できませんw
私は楽しんで書いたので満足でした。
また機会があったら続き書きたいなと思いました。
コメントありがとうございました。
お返事遅くなりすみませんでした。

コメントを閉じる▲
音沙汰なしですみません。
もう何度も同じ言い訳で申し訳ありませんが、忙しすぎてバタンキューでした。
インフルエンザ、猛威を振るっておりますので、皆様もお気を付けくださいませ。

そして、返信、今回は本当に遅くなりました。
続きから、サイトweb拍手にいただいたコメントへの返信です。
1月16日
たまちさま
来ましたよー!というか、来ないとダメでしょう。
琴子との結婚もいいかもしれないと思い始めた矢先にこれですから。
さて、そろそろあの人も登場しないとね。
どうしてもイメージが上手くできなくて困りますが。
コメントありがとうございました。

1月19日
ちびぞうさま
ドジな家政婦って、役に立ちそうにないですよね(笑)。だからこその完璧家政婦とのコンビなのです。
まだあと一話残っております。…が、諸事情により遅れております。
続きをお待ちくだされば幸いです。
コメントありがとうございました。


追記を閉じる▲

【2017/01/28 00:28】 | サイト拍手返信 トラックバック(0) |
三話で完結するつもりでしたが、思ったより長くなり、四話にすることにしました。
というわけで、まだ完結しておりません!
くだらない話なんですが、つい私の悪い癖でごちゃごちゃと…。
もう少しお付き合いくださいませ。
そして、長くなったので、まだ坊ちゃまともしも幼稚園教諭編仕上がっておりません。
年始からこれでは、この一年先が思いやられますな。
ぼちぼちお待ちくださいませ。

【2017/01/16 01:02】 | サイトからのお知らせ トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: マロンさま
ソウ@管理人
彼の考えはこの時点では全くわかりません。
彼女は流されるままで、このままではいろいろと危うし!
やはりあのドラマのままではイリコトではありませんので、そこはちょっといじりまして…。
果たして家主はどうなるのか。
イリコト風味に上手く終わることを願ってくださいませ。
コメント返信随分と遅くなり申し訳ありませんでした。
コメントありがとうございました。

コメントを閉じる▲